就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
面接の流れを説明する男性の写真です。

当日焦らないために知っておくべき面接の流れ

就活では避けて通ることのできない面接。この記事では、基本的な面接の流れと気をつけるべきポイントをまとめました。面接の流れを理解すれば、何が起こるかわからないという緊張感を和らげることができます。ぜひ流れを頭に入れて、面接に臨んでください。

2017.11.20

面接の流れを説明する男性の写真です。

面接の予想外を減らすために

就活の代表的なイベントである採用面接。みなさんはどのように進められるか知っていますか?本選考の面接を受けたことがない人は、面接がどのような流れで進んでいくのか不安に感じている人がいるのではないでしょうか?
企業によって面接の流れには多少バリエーションがありますが、基本的にはあまり違いがありません。この記事では、基本的な面接の流れと、気をつけるべきポイントについてまとめていきたいと思います。それぞれのトピックで詳しい情報を知りたい部分があったら、参考記事をチェックして理解を深めてください!

面接会場に入室する

当たり前ですが、最初は面接を受けるために会場に入室します。しかし、何も考えずに入室すると、致命的なマナー違反をしてしまう可能性があるので、注意しなければならないマナーは覚えておきましょう。大きく分けて二つあります。一つは、ドアのノックの回数です。就活生のミスでよくあるのは、ドアのノックを2回しかしないというものです。しかし2回のノックはトイレノックと言われ、正しいマナーではありません。正しいノックの回数は3回なので、入室の際は注意してください!
もう一つは、挨拶のタイミングです。部屋に入る前から席に座るまでで、3回挨拶をするタイミングがあります。具体的なタイミングについては下記の参考記事に書いてあるのでチェックしてみてください。

自己紹介

入室して着席をしたら、面接官から自己紹介をするよう言われます。自己紹介のポイントは、面接官にしてほしい質問を引き出すことです。面接での自己紹介は所属大学と名前、そして学生時代に取り組んでいたことを簡潔に話します。しばしば面接は、この学生時代に取り組んだことを膨らませて質問されることがあります。こうなっても対応できるように、しっかりと詳しく語ることのできるエピソードを選ぶようにしましょう!

面接官の質問タイム

自己紹介が終わったところで、いよいよ面接官の質問タイムに入ります。面接官が学生にする質問は大きく「志望動機に関する質問」と、「自己PRに関する質問」の2つに分けることができます!

志望動機

一つ目は志望動機です。面接官は志望動機を学生に質問することによって、企業への熱意がどれほどなのかを確認しています。志望動機を通して企業への熱意を伝えるためには、その企業でなければならない理由を複数用意する必要があります。志望動機をかけあわせることで、説得力を増すことができます。具体的にどのようなものを志望動機にするのが良いかは、下記参考記事を見てみてください。

自己PR(学生時代頑張ったこと)

二つ目は自己PRに関する質問です。単純に「自己PRをしてください!」と言われることもありますが、「学生時代頑張ったことは何ですか?」など、表現を変えて質問されることがあります。どちらにしても、自分の強みを象徴するようなエピソードを伝えることになりますが、この伝えるエピソードは、自己分析のように深堀りしてみましょう。どんなことがあったのかだけではなく、どんな思いだったのかなども思い返してみてください。こうすることで、面接官に対する質問に考え込むことなく的確な返答をすることができますよ!

みなさんからの逆質問タイム

一通り面接官が質問したいことを質問し終わったら、今度は学生側から面接官に質問ができる、逆質問のタイミングになります。逆質問の機会をもらえるメリットは二つです。一つは、純粋に企業や選考についてわからないことを質問できることです。もう一つは逆質問を通して、企業への熱意をアピールできることです。企業について詳しく聞く質問や、どうしたら活躍できるかと言った質問は面接官に良い印象をもたらします。ただし、逆質問の質問によって逆に印象を悪くしてしまうこともあるので注意しましょう。詳しくは下記記事にまとめてありますので、ぜひ参考にしてみてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
面接の流れを理解することによって、何が起こるかわからないという緊張感を和らげることができると思います。ぜひ流れを頭に入れて、面接に臨んでください!!

Matcher-OB/OG訪問の新しい形

Ogp imgMatcher(マッチャー)は、社会人の「就活相談にのるので、◯◯してくれませんか?」というお願いを叶えることで、大学の先輩以外の人にも気軽にOB/OG訪問ができるソーシャルマッチングサービスです。大企業・ベンチャー問わず、たくさんのOB/OGが絶賛登録中!従来のOB訪問とは異なり、形式ばった電話や、メールでのアポイントメントは必要ありません。気になる企業の気になる人に、ワンクリックでOB訪問の申し込みができ、その後はサイト内のチャットでスムーズにやり取りすることができます。

ぜひMatcherを使って、学生である"今"しかできない、社会人との出会い方をしませんか?

この記事を読んだ人が読んでいる記事

面接官がよく尋ねる3つの質問の意図

はじめに就職活動において避けては通れないのが採用面接です。どんなことを聞かれるのか、ちゃんと答えることができるかなど、不安になることが多々あ...

2017.11.10

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2017.11.20

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて