就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
面接の志望動機を伝えている写真です。

面接で聞き手を納得させる志望動機とは?

面接で問われることの多い志望動機。この記事では面接官を納得させるような志望動機の作り方をまとめました。明確な志望動機が伝えられれば、選考突破にグッと近づきます。ポイントを押さえて、理想的な志望動機を作り上げましょう。

2018.12.17

面接の志望動機を伝えている写真です。

面接で志望動機を聞かれたら

「弊社を志望する理由を教えてください。」

‌就活の面接で必ずと言って良いほど聞かれる志望動機。みなさんはどのように回答していますでしょうか?志望動機は面接の合否を決定づける極めて重要な質問。

‌面接官が質問をする意図を理解して、説得力のある志望動機を伝えたいところです。この記事では、人事が志望動機を質問する意図について確認した上で、聞き手の心を動かす志望動機の構成と伝え方のコツを把握していきましょう。

面接官は志望動機のどこを見ているの?

そもそも面接官はどうして志望動機を質問するのでしょうか?面接において、最も重要なのは聞き手の意図を理解し、伝えるべき内容を的確に答えること。ここでは、面接官が志望動機を通して、見極めたいポイントを3つほどご紹介します。

①志望動機に熱意が感じられるか

「学生が本気でうちで働きたいと思っているか」、応募者の志望度を測るために面接官は志望動機を聞きます。採用は単に優秀な人材を集めることではありません。

‌その本質は、仕事に熱意を持って、共に会社に貢献してくれる同志を探すこと。つまり、一緒に働きたい仲間を探すこととも言えます。志望度は、動機の具体性や伝え方で容易に見極められるもの。

‌自身の過去の体験に紐付き、将来やりたいことが明確に伝わる志望動機は自然とその熱意が伝わるでしょう。

②業界・会社への適性があるか

どれほどの熱意があっても、能力や適性が一致しなければ、入社後の活躍は見込めません。面接官は志望動機から、思考力や志向性を感じ取り、評価を下します。

‌また、面接官はどんな仕事を任せたいかをイメージしながら、話を聞いていることでしょう。自分の特長がその会社で発揮できることを示し、一緒に働いている姿を想起してもらえるかが、重要になってきます。

‌そのためには、事前に企業の求める人材像や具体的な仕事内容の理解が必要。志望動機を固める前に、業界研究、企業研究を入念に行うよう意識してください。

③学生のビジョンと企業の将来性が一致しているか

適性のフィットを確認した上で、最後に確認したいポイントが学生のビジョンと企業の将来性の一致です。応募学生の将来やりたいことが、どれほど素晴らしくても、それを成し得る環境を企業が提供できなければ、元も子もありません。

‌「なぜ、その企業でなければならないのか」「他の企業では実現できないか」を考え抜くと良いでしょう。この他社との差別化が明確にできているかが、志望動機の納得度に大いに影響します。

聞き手を納得させる志望動機の作り方

面接官を納得させる志望動機の作り方の画像
志望動機の評価ポイントについて見てきました。ここからは本題。人事の心を動かす志望動機の作り方についてお伝えします。‌前章で触れたポイントをもとに、3つの構成を意識するのがおすすめです。

①自分が成し遂げたいことと、その背景

まず始めに、自身が人生において成し遂げたいこと(ビジョン)を簡潔に伝えましょう。成し遂げたいことが具体的かつ魅力的なものであれば、ぐっと聞き手の興味を惹きつけることができます。仮に「やりたいこと」が見つからなくても、「どうなりたいか」「どんな働き方がしたいか」など身近な視点から考えると良いでしょう。自身の想いを率直に伝えることが何より大切です。

‌次に、成し遂げたいことが醸成された背景を伝えます。過去に経験したことが、今のビジョンのきっかけになったと根拠を示せば、一貫性を証明できるはず。就活マニュアルのような、他人の言葉を借りた動機でなく、「自己理解」を踏まえた想いの強さを伝えることができるでしょう。

‌しかし、自分のビジョンを明確にできてない人も多いはず。そんな人にオススメしたいのが自己分析です。自己分析の目的は、過去の経験を振り返り、どんなことにやりがいを感じてきたのかを理解すること。これによって、将来どんなことに携わりたいのか把握することができます。

‌自己分析のやり方は以下の記事を参考にしてください。

②成し遂げたいことを企業で実現できる理由

自分が成し遂げたいこととその背景を伝えた後は、なぜその企業でそれを実現できるのかを説明します。

‌「それ、他の会社でも実現できるよね?」

‌‌‌上記のような突っ込みをされることがないよう、その企業でなければならない理由を的確に伝えなければなりません。企業や仕事内容の情報収集を徹底し、その企業で働きたいと考える理由を根拠をもって伝えるようにしてください。

‌みなさんの将来のビジョンと企業の目指す方向性が一致していて、かつ、その企業でなければならない理由があれば、聞き手も納得感を持ってくれるはずです。そうは言っても、「企業を比較するときのポイントがわからない」という人も多いでしょう。記事の後半では、他社と差別化する上で参考にすべき4つのポイントについてもご紹介します。

‌また、企業に対する情報収集のやり方について、以下の記事を参考にして見てください。

③具体的な行動計画

最後に、入社したら具体的にどんな仕事をしていきたいのかをアピールしましょう。入社後のキャリアパスについて、真剣に考えていることが伝わるので、企業に対する志望度を理解してもらえるはずです。

‌また、行動計画を聞くことで、人事側は「目標達成に向けて、具体的な施策を打てるか」「業務内容について、適切な理解ができているか」といった点を見極めています。過去の経験の中から目標に向けて行動してきたことを洗い出し、これまでの努力を仕事でも活かせるとアピールしましょう。

他社との差別化で使える4つのポイント

前章の②でも触れましたが、面接官の「それ、他の会社でも実現できるよね?」との切り返しに答えられなかった経験を持つ人も少なくないでしょう。

‌面接官に問い詰められても揺るがない志望動機を述べるには、動機の「掛け合わせ」を行うことが大切です。つまり、自分が企業を選ぶときの軸を幾つか持つということ。ここでは、企業を比較する上で、参考にするべき4つのポイントについてご紹介します。

①事業内容

どの会社にも、主力事業というものがあり、得意分野がある一方で、弱い分野もあるでしょう。こうした会社の主力事業や事業構造の特徴は企業研究を通して、すぐに把握できます。

‌最も大切なのは、事業内容の特性を踏まえた上でなぜその事業に関わりたいかを示すこと。事業の将来性なのか、専門性なのか切り口は多分にあります。どこに惹かれたのかを明確に示すと良いでしょう。

②理念

会社の理念は、その会社がこうあるべきだという指針を表現したものです。これに共感できるか否かは就職する際に非常に重要になります。

‌会社の考え方に合わなければ、会社も入社した学生も両方とも不幸せなことになるからです。逆に理念に共感できるのであれば、会社の掲げる目標にワクワクするはずです。そのような気持ちになるのであれば、積極的にアピールしていきましょう。

③働く環境

働く環境は会社によっても、企業の規模によっても全く異なります。従業員が50人の会社と1000人の会社では、仕事の任され方も出世や部署異動などキャリアの積み方も違うでしょう。

‌年功序列で調和を意識した職場なのか、実力主義の競争環境で働きたいのか、志向性も人それぞれのはず。自分が働く上で望む環境を明確にし、それを満たしているかを事前に把握しておくことが大切です。

④その会社で働く人

その会社で働く人に憧れた。これも立派な志望動機です。なぜならその憧れた人はその会社にしかおらず、ここでなくてはならない理由になるからです。

‌これを志望動機として述べるためには、OB訪問をしておくことが大切です。OB訪問のやり方は、下記記事を参考にしてください。

‌志望動機を伝える上で大切にしたいこと

志望動機で気を付けることをまとめた画像
志望動機を考える上でのおすすめの構成について説明してきました。ここでは、志望動機を伝える上で、注意すべきポイントについえお伝えします。

‌「志望動機」と言うと、ひたすら企業の良いところを列挙してしまう人が少なくありません。残念ながらこれはNG。たしかに、素敵な理念や社風、事業や福利厚生など、調べれば企業の魅力的なポイントはたくさん出てくるでしょう。

‌しかし極論を言うと、企業を褒めることは、調べれば誰でもできます。ただ紹介された魅力をそのまま伝えるだけでは、志望動機として納得感に欠けるものとなるでしょう。志望動機を書く上で絶対に外してはならないのは、自身の体験に基づいた、成し遂げたいこと。

‌そして、その企業で成し遂げたいことを実現できる理由です。この要素さえ外さなければ、説得力のある志望動機を自分の言葉で伝えることができます。

‌例えるなら、企業は自分の行きたいところに連れて行ってくれる船。そして、志望動機はその船に乗りたい理由です。その船に乗りたい理由として、その船の特徴を褒めても仕方がありません。自分がどこに行きたいからその企業に入社したいのか、的確に伝えられるよう意識してください。

志望動機を上手に伝えよう

いかがでしたでしょうか?

‌面接の志望動機の作り方について説明してきました。「志望動機の作り方」と言いましたが、これは「自分に合う会社を選ぶ基準」としても捉えることができます。面接の準備と一緒に、自分が行きたい会社とは何なのか、考えてみてはいかがでしょうか?

Matcher Scoutで効率的に就活を進めよう

MatcherScoutの概要を記した画像OB・OG訪問サービスとして、2020年卒業の学生だけでも約1万2000人の就活生が利用しているMatcher(マッチャー)。

実は、プロフィールを記入しているだけで企業から限定ルートのスカウトが届くMatcher Scoutというサービスも。

‌みなさんが作成した「自己PR」や「学生時代頑張ったこと」の文章をそのままプロフィールに貼り付けるだけでOKです。

「自分の書いたESが、有名企業にも通用するのかを知りたい」

‌「いちいちESは書くのは面倒だけど、人気企業の選考は受けたい」

‌‌「一般的には公開されていない特別ルートの選考を知りたい」

‌「自分の個性にあった企業に入りたい」

‌上記のような思いを抱えている就活生の方、ぜひMatcher Scoutを活用して、就活を効率的に進めてください。
詳細をみる

Matcher-OB/OG訪問の新しい形

Ogp imgMatcher(マッチャー)は、社会人の「就活相談にのるので、◯◯してくれませんか?」というお願いを叶えることで、大学の先輩以外の人にも気軽にOB/OG訪問ができるソーシャルマッチングサービスです。大企業・ベンチャー問わず、たくさんのOB/OGが絶賛登録中!従来のOB訪問とは異なり、形式ばった電話や、メールでのアポイントメントは必要ありません。気になる企業の気になる人に、ワンクリックでOB訪問の申し込みができ、その後はサイト内のチャットでスムーズにやり取りすることができます。

ぜひMatcherを使って、学生である"今"しかできない、社会人との出会い方をしませんか?

この記事を読んだ人が読んでいる記事

面接官がよく尋ねる3つの質問の意図

面接官の質問の意図は何?就職活動において避けては通れないのが採用面接です。‌‌どんなことを聞かれるのか、ちゃんと答えることが...

2018.12.17

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2018.12.13

2020卒のOB訪問の時期はいつからいつまで?

OB訪問の時期はいつ?みなさんはOB訪問をいつから始める予定ですか?就職活動の本選考の前からするべきだとは分かっていても、どの時期にすべきな...

2018.12.17

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて