就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
学生生活で得たことについての記事のイメージ図です。

【例文あり】学生生活で得たことを伝えるときのポイント

ESや面接でしばしば聞かれる、「学生生活で得たこと」。これを効果的に伝えるためのポイントを伝授します。質問の意図を理解して、理想的な回答をできるようになりましょう。

2017.12.08

学生生活で得たことについての記事のイメージ図です。
あなたが学生生活で得たことはなんですか?
‌エントリーシートや面接など、就活では頻繁に学生生活で得たことについて質問されます。自己PRや長所などと比較してもどんな答えを求められているのかが分かりづらいため、思い悩んでいる就活生は多いのではないでしょうか?
‌質問の意図を理解できないと、的外れな回答になってしまいかねません。この記事では、企業が学生生活で得たことを知ろうとする理由と、それに対する適切な答え方について説明します。
‌就活でされる質問に理由がないものはありません。学生生活で得たことに限らず、企業が質問を通して知りたいことは何なのか考えて答えるようにしてください。

‌企業が見たいのは、仕事に生きる学び

学生生活で得たことを聞くことで企業が知ろうとしていることは何か。それは、入社してから働く際に生きる学びを得たか否かです。
‌そもそも企業が採用を通して実現したいことは、企業の利益に貢献する人材に入社してもらうこと。従って、企業は選考を通して利益に貢献する人材を見極めていかなければなりません。
‌中途採用の場合、今までの職歴や実績によってできることがある程度把握できるため、活躍の可能性をある程度予測することができます。しかし、みなさんが受ける新卒採用ではそうはいきません。仕事の経験とは別の部分で学生の活躍する可能性を測らなければならないのです。そこで重視されるのが、今まで経験してきたことと、そこから得られたものです。直接的な仕事の成果を見る代わりに、今まで経験してきたことのエピソードから、みなさんが仕事で活躍できる資質を持っているのかを確認しています。
‌学生生活で得たことを聞く質問もこの一環。学生時代の経験を聞き、そこから得た学びを知ります。その学びが社会に出るうえで価値のあるものであれば、選考を突破できる可能性は高まるでしょう。
‌上記のことから分かるように、学生生活で得たことを回答するときは、社会に出てから生きる学びなのかという観点で考えるのが大切です。なんとなく学生生活で得たことを考えても、評価されないものにならないので、ぜひ注意してください。

‌的確に伝わる「学生生活で得たこと」の流れ

学生時代に得たことを論理的に伝えている画像学生生活で得たことを社会に出てからも生きるかという観点で考える重要性を知ったところで、ここからはどのような流れで学生生活で得たことを説明するべきなのか説明します。おすすめなのは、以下の流れを作ることです。

‌①「私が学生生活で得たことは、〇〇です。」

‌学生生活で得たことを聞かれると、途端に学生時代のエピソードを長々と話し始めてしまう人がいます。これは聞き手に冗長なイメージを与えるだけでなく、何を伝えたいのかを分かりづらくさせてしまうため注意が必要です。「私が学生生活で得たことは〇〇です」というかたちで結論から伝えることで、エピソードから話し始めるよりも簡潔に伝えることができます。結論から先に伝えるというやり方は、物事を伝えること全般に共通して言えることなので、覚えておくと良いでしょう。

‌②学生生活で得たことにまつわるエピソード

学生生活で得たことの根拠になるエピソードを説明します。ただざっくばらんに説明しても分かりづらいので、ストーリーを把握しやすくするため、起承転結を意識した構成を意識しましょう。具体的には、以下のようなポイントでまとめるのがおすすめです。

・自分が取り組んでいたこと
‌・そこで起こったこと(良いことでも悪いことでも可)
‌・そこから得られた学び

③得たことをこれからも生かしていくこと

上でも述べたように、企業が学生生活で得たことを聞く意図は、入社後にも生きる学びがあったことを知ること。学生生活を得たことを社会に出てからどのように生かしていくのかについても言及すると良いでしょう。こうすることで、入社後のイメージをしっかりとしていることも伝わるはずです。

‌学生生活で得たことの例文

今まで説明してきたことを踏まえ、学生生活で得たことの例を紹介したいと思います。今回は体育会の部活動経験のエピソードを取り上げていますが、どのようなエピソードを選んだときでも基本の構成は変わりません。みなさんが自身の学生生活で得たことを考える際の参考になれば幸いです。

‌私が学生生活で得たことは、正しい努力の重要性です。
‌学生時代、体育会テニス部の一員として日々練習に励んでいました。練習には真面目に取り組んでいましたが、なかなかレギュラーに選ばれることができませんでした。もっと真剣に取り組まなければと自主練習をしても思うような成果が出ませんでした。
‌しかし、コーチに自分の弱みについて分析するように言われ、改善する方法を考えるようになってから上達のスピードが驚くほど早まったのです。その結果、最後の退会にはレギュラーとして出場することができした。
この経験から、努力は量だけでなく正しい方法を取らなければ結果が出ないことが分かりました。社会に出てからは乗り越えなければならないことがたくさんあるかと思います。そのときはただがむしゃらに取り組むのではなく、何を改善すれば克服できるのかを考えて努力を重ねたいと考えています。

‌学生生活で得たことは成功体験でなくても良い

学生時代に得たことに関する写真です学生生活で得たことの考え方は理解できましたでしょうか?
‌自己PRや長所と異なり、学生生活で得たことは成功体験に根ざしてなくても全く問題ありません。今まで経験してきたことから何を得たのか考えることは、就活のみならず、自分の人生にも良い影響を与えるはずです。ぜひ今までの経験を振り返って、自分のことを理解するきっかけにしてください。

‌学生生活で得たことをうまく伝えたい方へ

ここまで学生生活で得たことの考え方をお伝えしてきました。しかし、今までの経験を振り返り、ES、面接で効果的に伝えることは簡単なことではありません。
‌効率よく対策を行うためには信頼できる社会人に相談し、フィードバックをもらうのが理想的。内定を得た学生である内定者に相談するのも効果的でしょう。
‌Matcherは所属大学や学年に関係なく、社会人に就活相談ができるプラットフォームです。「就活相談にのるので、〇〇してくれませんか?」という社会人のプランに応じる形で、簡単に就活相談ができます。【社会人のプラン例】
「就活相談にのるので、最近ハマっていることを教えてください!」
「就活相談にのるので、内定決まったら笑顔で報告しに来てください!」

【社会人・内定者の所属企業一覧(一部)】
みずほ銀行、三井住友銀行、三菱商事、三井物産、住友商事、リクルート、マッキンゼー、電通、博報堂、野村證券、住友不動産、資生堂、日産自動車、ソフトバンク、日本テレビ、講談社、日本マイクロソフトなど1500社。

‌【利用学生の声(一部)】

自分が漠然と考えていたことを言葉にしていただき、これから何をしなくてはいけないのか整理がつきました。お話ししていただいたことを踏まえて、自分と向き合い、軸を考えていこうと思います。

‌インターン面接前日にも関わらず、対応してくださいました。面接をお願いして色々と指摘を頂けたので、翌日はいい結果を出す事ができました。自分の甘い部分を指摘してもらえる貴重な体験となりました。

社会人・内定者に会いに行く

この記事を読んだ人が読んでいる記事

就活を制す自己PRの4つのコツ

自己PRで就活を制するためにエントリーシート(以下 ES)や 面接において、必ずと言って良いほど問われる自己PR。就活において最も...

2017.12.13

面接当日にできることは?

面接で自分の力を発揮するためにみなさんは面接の当日、どのようなことを考えて本番までの時間を過ごしていますか?志望度が高い企業であるほど緊張す...

2017.12.07

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2017.12.07

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて