就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
面接でよくある質問をまとめたものです。

就活の面接でよくある「24」の質問と面接官の意図

就活で決して避けては通れない面接。この記事では面接で頻繁に問われる質問の意図を解説します。面接官の質問の意図を把握し、ポイントを押さえた回答で面接を突破しましょう。

2017.12.27

面接でよくある質問をまとめたものです。

面接の質問は意図を理解することが大切!

‌インターンシップや採用の本選考において避けては通れない面接。一発勝負の失敗ができない状況に置かれ、どんな質問がよく出題されるのかになっているの人は多いのではないでしょうか?一方で、一つだけ念頭に置いておいて欲しいことがあります。それは、面接の質問事項を覚えているだけでは意味がないということ。巷には面接で「よく聞かれる質問集」としてよく聞かれる質問をひたすら列挙しているものがあります。しかし、本当の意味でそれを面接本番に活用できている人は少ないでしょう。本当の意味で面接の対策をしたいのであれば、よく聞かれる質問がどんな意図でされているのかを把握しておくことが必要不可欠です。また、面接でよく聞かれる質問の意図を深く理解することによって、他の質問にも応用することができます。これから説明する「22」の質問の意図、及び回答する上でのポイントを把握し、面接の対策に活かしてください。

1. 志望動機は何ですか?

‌志望動機を聞かれない面接はないといっても過言ではないほど、面接ではよくされる質問です。志望動機を答える際のポイントは、なぜその企業でなければならないかを徹底的に突き詰めること。この企業でなければならないという熱意が強く伝われば伝わるほど、面接官の印象はアップします。志望動機の考え方と実際の作り方は、下記記事を参考にしてください。

‌2. 自己PRをしてください。‌

‌「自己PR」という自由度の高い質問のため、何を話せば良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか? 企業が自己PRを聞くのは、求める採用要件を満たす資質や適性が見られるかを確かめるため。転職と違い、過去の仕事の実績で評価できない新卒採用では、自己PRと過去の体験が一貫しているか、その精度が問われます。自己PRの作り方に関してはこちらを参考にしてください。

3. 弊社が第一志望ですか?

就活で問われる質問を解説している図自分の会社が第一志望かどうか聞く質問は、最終面接で聞かれることが多いです。この質問の意図はただ一つ、内定を出したら入社してくれるかどうかの確認です。採用担当者はその年に採用しなければならない人数を目標値として課されています。この目標を達成するためには、優秀で、かつ内定を出したら入社してくれそうな学生に内定を出す必要があります。もし聞かれたら、第一志望であること、そして先ほどのトピックで説明した的確な志望動機を伝えるようにしましょう。

4. 学生時代頑張ったことは何ですか?

‌4つ目は学生時代に頑張ったことです。学生時代頑張ったことを聞く質問は自己PRと似ていて、学生が会社に入ったときにどのように活躍してくれそうか判断する材料となります。したがって、頑張ったことをただ言うのではなく、自分の強みや価値観がしっかりと伝わらなければなりません。そして、この質問はさらに突っ込んだ質問をされることが多いので、絶対に嘘をついてはいけません。

 5. あなたの長所は何ですか?

みなさんの長所を問う質問は、面接で非常に頻繁に聞かれます。長所を質問されたときのポイントとして挙げられるのは、ありきたりな表現で長所を伝えないこと。自分の過去のエピソードに紐づいた長所を自分の言葉にすることが大切です。長所を自分ならではの表現にすることで、説得力をより強くすることができます。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

6.あなたの短所は何ですか?

面接で長所と短所を聞かれている図‌面接において、短所は長所と同じくらい聞かれることになります。マイナス評価を避けるため、短所を誤魔化そうとする人が少なくありません。しかし、これは逆効果。なぜなら企業は、短所からみなさんが自己理解をしているか否かを見極めているからです。短所が出てしまう要因をしっかりと分析できていれば、自分のことを深く理解していると高い評価を受けることができるでしょう。
‌また、短所を伝える際におすすめなのが、長所と短所に一貫性を持たせること。長所と短所は表裏一体。長所と思われる強みが、短所として現れることもあります。そのため、長所と短所に一貫性を持たせることで、面接官は納得感を持って聞いてくれるはずです。

7.あなたの性格について教えてください

自分の性格を聞かれたときに最も注意しなければならないのは、何も考えずに自分の性格を伝えること。例えば、「とてもほんわかした性格です」と回答したときに、面接官がどのように捉えるか考えてみてください。面接官は、ほんわかした性格の学生を積極的に採用しようと考えるでしょうか?「性格」と言っても、見極めているのはみなさんの資質。その点を意識して自分の性格を伝えるようにしてください。
  • 【例文あり】面接で自分の性格について聞かれたときの答え方
  • ‌8. 周りからはどんな人だと思われていますか?‌‌‌

    ‌この質問は他己分析が出来ているかの有無を確認するための質問。自分のことは自分が1番理解していると思いがちですが、意外とできていないもの。周囲の人からの評価をしっかりと受け止められるかも評価軸となります。というのも、仕事は様々な人との関わりによって成立するもの。周囲の人との関わりから、その人の志向性や適性を見極め、どの仕事やポジションがマッチしそうかの仮説を立てるという採用側の意図もあるのです。

    9. リーダーシップを発揮した経験はありますか?

    リーダーシップを象徴する画像です。‌「人前に出て指示を出すのは苦手だった・・」
    「これといった代表経験やリーダー経験がない・・」
    リーダーシップに関して、実際の役職経験がないために、答えられないと感じている人も少なくないでしょう。しかし、そんなことは決してありません。この質問を通じて最も面接官が知りたいのは、「組織へ貢献するための思考や行動」です。自分なりのリーダーシップを定義し、どのように自分の強みを発揮してきたかを伝えるようにしましょう。

    ‌10. あなたは〇年後どうなっていたいですか?‌‌

    ‌‌これは、面接している会社に入るイメージが具体的になっているのか確かめる質問です。また、面接官はみなさんの描きたいキャリアビジョンが明確か、またそれを会社として叶える環境を提供できるかの擦り合わせも兼ねて、聞いているのでしょう。この質問に答えるためには、企業研究を通して、ジョブローテーションなどの仕組みを知っておく必要があります。また、OB訪問などを通してロールモデルを知っておくと具体的に答えやすくなるので、事前にしておくとよいでしょう。
    ‌また、類似の質問として「どのような社会人になりたいですか?」「あなたのキャリアプランを教えてください」と聞かれることもあります。この質問については以下の記事を参考にしてください!

    11. 将来の夢はありますか?

    13. あなたにとっての就活の軸は何ですか?

    ‌「就活の軸」と聞いてピンとこない人も少なくないかと思います。そもそも「軸」とは何か。それは、自分が働くにあたって絶対に譲りたくない要素のこと。具体的には、「自分が誰にどんな価値を与えて仕事をしていきたいのか」「どんな人とどんな環境で働きたいか」を言語化したものが、その人自身の軸となるでしょう。軸を踏まえて、志望の意欲を伝えることができれば、説得力も高まります。軸を決めるのにおすすめなのが、モチベーショングラフを活用した、自身の軸探し。軸を決めるには、過去の原体験の整理が必要です。ミスマッチの企業を受験しないためにも、以下を参考に自己分析と軸の整理を進めてください!

    14. 大学のゼミではどんなことを研究していますか?

    大学の専攻に関する質問も頻繁に聞かれます。採用担当者は、なぜそうした学問に興味を持ち、その興味を満たすためにどんな取り組みをしてきたのかを知りたいもの。大学の専攻と志望企業の職種がリンクしている場合は、より研究内容の具体性や課題意識、学びを仕事にどう活かしたいのかの詳細が求められるでしょう。仮に、専攻と志望企業の職種が直接的にリンクしていなくても、何かしらの学びはあるはず。それを今後にどう活かしていきたいのか、ポジティブな発言をするよう意識しましょう。

    15. 学生生活で得たことは何ですか?‌

    学生生活で得たことを示す図です。‌学生生活で得たことという質問もかなり自由度の高いもの。では、この質問から面接官が読み取ろうとしているのは、「働いた際に学びを活かし続けられる人か」という点。過去の原体験をもとに、その学生はどう次に活かし、新しい学びを得ているのか、という点を知りたいのです。働く上でも多くの気づきがあるはず。それを自身の学びとして蓄える素質があるか、見極めています。

    16. 学生と社会人の違いは何ですか?

    この学生と社会人との違いを求められる質問。回答の切り口がたくさんあるため、答えづらいと考える人も多いのではないでしょうか?
    ‌どんな点を違いだと感じ、それをどう伝えるかによって、その人の志向性や思考力が見えてきます。「大学生は比較的自由ですが、社会人は忙しいです」のような、当たり前の回答ではなく、自分の切り口と言葉で伝えるよう意識しましょう。

    17. あなたの尊敬する人は誰ですか?

    ‌「尊敬する人は誰か」との質問もしばしば聞かれるでしょう。ここから知りたいのは、その学生が将来どんなキャリアを描きたいかという未来への志向性と、なぜ尊敬できるかの言語化ができるかという点。この2つの要素を踏まえ、自社の採用要件を満たしそうな学生かどうか、判断しているのです。

    18. 趣味や特技は何ですか?‌

    趣味と特技を示す写真です‌‌趣味/特技は人それぞれ。それ自体を評価することはありません。しかし、みなさんがどんな分野に興味を持っていて、それに対してどう取り組んでいるかを知ることで、その人の資質を見ています。また、自分の好きなものを他人に伝える説明能力が評価のポイントとなるでしょう。

    19.休日の過ごし方を教えてください

    休日の過ごし方は、趣味/特技と同様、それ自体で評価が決まることはなく、アイスブレイクの一環でされることが多い質問です。分かりやすい説明を心がければ問題ないでしょう。ただし、時間を使う上での意識は見られることがあるので、怠惰な印象を与えないように注意してください。

    20. 最近読んだ本で印象に残っているものはありますか?

    ‌「最近読んだ本について」の質問の意図は、その人自身の興味や志向性を知るため、またその人の説明能力を測るためという大きく2つの要素があります。特に、どんなことに課題意識を持っていて、どのように本を選んで、どれくらいの頻度で読んでいるかというのを聞くと、その人の学習能力や修学意欲が伺えます。こうした、本を読むに至った背景を伝えるとよいでしょう。

    21. 最近の気になるニュースについて、自分の主張を踏まえて教えてください。

    こうした時事問題に関する質問も多くの面接で問われます。社会人にとって、身の回りの情報を収集し、インプットしていくのはとても大切なこと。こうした習慣を学生のうちに、持てているかを面接官は見ています。また、情報収集だけでなく、ある事象に対する理解力があるか、それに対して自分の意見を持てているかが、高評価を得られるポイントとなるでしょう。

    22. あなたを〇〇に例えると何ですか?

    「あなたを色に例えると何ですか?」
    「あなたを動物に例えると何ですか?」
    「あなたを自転車の部品に例えると何ですか?」
    こうしたトリッキーな質問もまれに飛んでくるでしょう。こうした時に、押さえたいのが面接官の意図。この質問の場合は、自身の「強み」や「弱み」を別のものに象徴化させるとどうなるか、という説明能力が求められています。まずは、自分自身の「特性」について捉えること、その上で「例え」を用いてユーモアに表現するようにしましょう。

    23. 最後に何か質問はありますか?(逆質問)

    面接で逆質問をされている様子面接の終わりに何か質問はないかと聞かれることがあります。いわゆる逆質問です。逆質問は会社への熱意を確かめること会社とのミスマッチを極力減らすことを目的としてされることが多いです。逆質問を求められたときに質問をしないと、会社への熱意が疑われ、全体として悪い評価になってしまいかねません。会社を深く理解する質問や、会社で貢献していきたいという思いを感じさせるような質問をしてみてください。ただし、調べればわかるような質問をしてしまうと逆効果なので、ご注意を!

    24.最後に一言ありますか?

    ‌面接の終盤では、逆質問に加え、自ら一言伝えたいことを伝えられる時間を設けられることがあります。ここで何も言わないのはご法度。何も伝えなければ、企業に対する熱意がないのだと判断されかねません。面接を通して感じたことや企業に対する思い、面接の時間をとってもらったことに対するお礼等を必ず伝えるようにしてください。

    面接で答えに詰まってしまったときは・・

    質問の回答に詰まっている学生の様子
    抽象的な質問ばかりで即座に答えを出せない・・
    ‌意表な質問がきて、言葉に詰まってしまった・・

    ‌面接をしていると、用意していない質問が来ることもしばしば。答えに詰まった焦りから、本来の落ち着きを失ったという方も少なくないでしょう。そんな、答えに窮したときは、深呼吸をし、しかるべき対処をしましょう。答えが詰まったときの対処法について以下にまとめてあるので、是非参考にしてください。

    まとめ‌

    ‌いかがでしたでしょうか?
    面接で頻繁に問われる質問について見てきました。冒頭でもお伝えしましたが、面接において最も重要なのは聞き手の意図を汲み取ること。意図に対して、適切な答えを導き出せるよう準備をしていきましょう。この記事がみなさんの面接対策と就活の成功に繋がると幸いです。

    面接に万全の準備で臨むために

    みなさんの面接での回答は、合否に直結する重要なもの。そうは言っても、自分の受け答えが評価されるものなのか確認するのは簡単ではありません。

    ‌自分の面接の良し悪しを知るには、社会人にお願いし、率直なフィードバックをもらうことが有効です。おすすめなのが、就活相談プラットフォームのMatcher(マッチャー)です。
    Matcherは気になる企業の社会人に就活相談ができるサービス。面接対策をはじめ、ES添削や企業研究など就活に関する悩みを解決してもらうことができます。1万人を超える就活生がMatcherを利用し、就活に向けて対策をしてきました。

    ‌Matcherユーザーの内定実績(一部)

    ‌三井物産、丸紅、電通、博報堂、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、野村證券、大和証券、トヨタ自動車、日産自動車、パナソニック、富士通、日立製作所、日本マイクロソフト、資生堂、武田薬品工業、ジョンソン・アンド・ジョンソン、野村総合研究所、アクセンチュア、アビームコンサルティング、全日本空輸、リクルート、サイバーエージェント、ディー・エヌ・エー、楽天、NTT東日本、味の素、JT、小学館、ソニーミュージック、オリエンタルランド、サンリオなど

    新卒で入社する会社は人生で1つだけ。後悔の残らないよう、万全の状態で臨みましょう。
    面接対策をお願いする(無料)

    この記事を読んだ人が読んでいる記事

    面接官がよく尋ねる3つの質問の意図

    はじめに就職活動において避けては通れないのが採用面接です。どんなことを聞かれるのか、ちゃんと答えることができるかなど、不安になることが多々あ...

    2017.12.13

    ピックアップ記事

    就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

    就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

    2017.12.07

    大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

    大学・学年関係なく、
    OB訪問をしたいならMatcher!

    気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
    志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

    ●カテゴリー一覧

    ●Matcher Dictionaryについて