就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
17db97ce 16d2 472a bdc9 50ce78cafda4

就活を制す自己PRの4つのコツ

就活を制す自己PRの4つのコツ

2017.09.01

2017.09.01

17db97ce 16d2 472a bdc9 50ce78cafda4

就活の自己PRにはコツがある!

ESや 面接など、就活では必ずと言って良いほど問われる自己PR。それ故、自己PRに悩んでいる人は多いのではないでしょうか?
‌自己PRは同じ内容でも伝え方次第で採用担当者に与える印象が大きく変わるもの。この記事では、自己PRに説得力を持たせるための4つのコツを紹介します。ぜひコツをマスターして、就活の選考に役立ててください!

自己PRに盛り込むべきことは何?

自己PRのコツを説明する前に、まず自己PRで何を伝えなければならないのか明確にしましょう。自己PRで重点的に伝えなければならないのは、以下の3つです。

自分のパーソナリティ

一つ目は、自分の長所などのパーソナリティです。自己PRという名の通り、自分がどのような人間で、会社に入ったらどのような活躍をしそうなのか採用担当者にイメージさせる必要があります。今回説明する就活の自己PRのコツは、このパーソナリティをいかにイメージしてもらいやすくするかのテクニックに他なりません。

エピソード

二つ目は、自分のパーソナリティを裏付けるエピソードです。根拠なく自分のパーソナリティを伝えても、誰も納得してくれません。納得してもらうためには、その裏付けとなるエピソードを伝えなければなりません。自己PRの裏付けとなるようなエピソードとしては、学生時代にに頑張ったことが挙げられます。このエピソードこそが自己PRを成功させる鍵となります。

強みが会社でどう生きるのか

三つ目は自分の強みが会社でどう生きるのかのアピールです。先ほども述べたように、採用担当者は自己PRを通して、みなさんが会社で活躍してくれそうかを判断します。自分のパーソナリティとその根拠となるエピソードを伝え、その上で自分がどう活躍できるか述べることで、採用するメリットを訴求することができるのです。
就活の自己PRで言及すべきことを理解できたところで、自己PRに説得力を持たせるコツを紹介していきます。

自己PRのコツ!〜伝え方のテクニック〜

【コツ①】パーソナリティ→エピソードの順番を意識!

一つ目は、話し方の順番を意識することです。就活生が自己PRの際にやってしまいがちなミスとして、エピソードを長々と話し、最後にパーソナリティを述べるということがあります。この順番だと、話すエピソードが何を指し示しているのかわからず、長ったらしく感じさせてしまいます。先に述べたいパーソナリティを説明することによって、その後に説明するエピソードが何の根拠になっているのかを簡単に理解してもらうことができます。

この、根拠から先に述べるということは自己PRにとどまらず、日頃のコミュニケーションでも用いることができます。これを機会にぜひ身につけてみてください!

【コツ②】自己PRのエピソードは複数用意しておく!

二つ目は、自己PRで述べたいパーソナリティのエピソードは複数用意しておくということです。自分の強みというものは一つの出来事のみに現れるものではありません。本当に自分の強みとなっているものは、あらゆるところで現れるものなのです。自分の強みに対してエピソードが一つしかないと、本当にこれが強みなのかと疑われてしまうかもしれません。強みが現れたエピソードをいくつか用意しておきましょう。そうすれば他のエピソードを求められたときに説得力のあるエピソードを話すことができます。皆さんのアピールしたい長所がより強く伝わること間違いなしです!

【コツ③】自己PRのエピソードには数字を入れて具体的に!

「私は塾講師のアルバイトで生徒の偏差値をに上げることに成功しました。」

「私は塾講師のアルバイトで生徒の偏差値を3ヶ月10も上げることに成功しました。」

同じ内容を述べている二つの自己PR、どちらに説得力を感じます?おそらく多くの人が後者を選ぶと思います。社会人は、あらゆる業務を数字ベースで判断し、意思決定をしています。抽象的な事柄だと自分のアピールしたいことを十分にアピールすることができません。具体的な数字を示すことによって、初めて実績として評価してもらうことができるのです。ぜひ今作っている自己PRを見直して、具体的な数字で表現できるところがないか確認してみてください。それだけでも採用担当者の印象を大きく変えることができますよ!

【コツ④】自己PRの内容と結論は会社によって変える!

当然のことではありますが、会社によって求める人物像や資質は異なります。ですので、会社が求めているものに応じて自己PRに用いるエピソードを変えましょう。これは何も嘘をつけと言っているわけではありません。採用担当者に評価してもらえるように強みの見せ方を変えるべきだということです。せっかく持っている強みを的確にアピールできなかったらもったいないので、事前に採用ページに目を通しましょう。そしてそれに合わせて自己PRに用いるエピソードを決めて、会社に貢献できる人材であると評価してもらいましょう。

就活の自己PRに天才的なエピソードはいらない

いかがでしたでしょうか?
「自己PR」と聞くと、何か特別なことを話さなければならないと考える人も多いかと思いますが、実際はそのようなことはありません。自分が今まで培ってきたものを企業側に魅力を感じてもらえるよう伝えることができれば、十分に評価してもらえるのです。
自己PRのコツをマスターして、ES・面接を突破してください。

Matcher-OB/OG訪問の新しい形

Ogp imgMatcher(マッチャー)は、社会人の「就活相談にのるので、◯◯してくれませんか?」というお願いを叶えることで、大学の先輩以外の人にも気軽にOB/OG訪問ができるソーシャルマッチングサービスです。大企業・ベンチャー問わず、たくさんのOB/OGが絶賛登録中!従来のOB訪問とは異なり、形式ばった電話や、メールでのアポイントメントは必要ありません。気になる企業の気になる人に、ワンクリックでOB訪問の申し込みができ、その後はサイト内のチャットでスムーズにやり取りすることができます。

ぜひMatcherを使って、学生である"今"しかできない、社会人との出会い方をしませんか?

この記事を読んだ人が読んでいる記事

面接当日にできることは?

面接で自分の力を発揮するためにみなさんは面接の当日、どのようなことを考えて本番までの時間を過ごしていますか?志望度が高い企業であるほど緊張す...

2017.03.24

就活の面接で頻繁に問われる7つの質問

面接の質問は意図を理解することが大切!本格的に就職活動が始まり、なかにはすでに面接を受け始めていらっしゃる方がいるかと思います。皆さ...

2017.09.01

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2017.06.02

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて