就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
面接で受かる学生のイメージ写真です。

面接で受かる人が持っている3つの特徴とは?

就活において、数多くの面接を突破する人たちが確かに存在します。この記事では彼らの特徴をお教えします。ぜひ、参考にしてご自身の選考突破に役立ててください。

2019.01.10

面接で受かる学生のイメージ写真です。

面接に受かる人に共通する特徴とは

みなさんの先輩で、そこまで目立った実績があるわけではないのに、たくさんの有名企業から内定をもらっている人を見たことはありませんか?

就活生のなかには少数ながら、企業の見ているポイントを的確に押さえ、それゆえにたくさんの企業の面接を通過し、内定をもらう人がいます。この記事では、面接に受かる人がどのようなポイントを押さえているのか解説します。

‌なにも学生時代に特別なことをしている必要はありません。自分自身の見せ方を工夫すれば、面接に受かる確率を飛躍的に高めることができます。ぜひポイントを押さえて、面接で受かるよう工夫をしてみてください。

企業への熱意が伝わる

受かる人のポイント一つ目は、企業への熱意がしっかり伝わるということです。「この学生は本当にうちに来たいのだろう」と思ってもらえれば、面接に受かる可能性が高まります。

‌では、面接官は学生のどの部分を見て熱意を感じ取っているのでしょうか?大きく分けて、2つのポイントがあります。

(1)企業研究をしっかりできている

本来的には、みなさんが企業の面接を受けているということは、その企業に入りたいという意思があるということになります。

‌面接官もそのつもりで質問しているのに、学生に企業についての知識がなかったらどのように感じるのでしょうか?おそらくがっかりするでしょうし、次の面接官に会わせたいとも思わないでしょう。

面接の際に企業のことについて詳しく知っているということは、面接を通過する上での最低条件になります。しかし、これができていない人があまりにも多いのが現状です。事業内容や理念、募集要項など、収集できる情報は最低限インプットしておきましょう。


‌できるなら早いうちからOB訪問をして、現場の人の声を聞いておくのも有効です。これによって会社のホームページには載らない、価値のある情報を知り、それを志望動機に反映させることも出来ます。

(2)面接の最後に積極的に質問する

多くの面接では、最後に何か質問はないかと、疑問を解消するタイミングを作ってくれます。いわゆる逆質問のタイミングです。

‌ここで質問をしないと、企業のことを背曲的に知ろうとしないと見なされ、面接で受かる可能性を下げてしまいます。自分が入りたいと思う企業のことを深く知るという意味でも、逆質問は必ずするようにしましょう。効果的な逆質問は、下記記事を参考にしてください。

企業で活躍しているイメージができる

面接に受かる学生の特徴を示した図面接で受かる人が持つ2つ目の特徴は、その学生が企業に入社したときに活躍してくれるイメージをさせられることです。中途採用と異なり、新卒採用では前職の実績を見て、会社活躍してくれそうか判断することはできません。

‌従って、面接官は学生の自己PRや学生時代に頑張ったことを聞いて活躍してくれそうかを判断しているのです。面接で評価されるためには、企業の求めている人材像を理解し、それに合わせて自分の強みをアピールする必要があるのです。

‌無理に自分を求めている人材像に近づける必要はありませんが、それを念頭に置いて自己PRやそれを裏付けるエピソードの選定をするようにしましょう!

コミュニケーション能力が高い

最後のポイントは、ずばりコミュニケーション能力が高いということです。

‌ただし、学生の言う「コミュ力」とは少し異なり、質問に対して的確に応えることができるなど、言葉のキャッチボールがしっかりとできる能力のことを指します。当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、面接本番の緊張感のなかでは難しくなるものです。意識的に言葉のキャチボールをするようにしましょう。

戦略を持って面接に臨もう

いかがでしたでしょうか?面接に受かる人はなにも難しいことをしているわけではありません。当たり前のことにしっかりと取り組み、その結果として面接を突破しているのです。

‌自分には無理と思わず、しっかりと面接の対策をしていきましょう。‌そうすれば、面接で期待以上の良い結果が出るはずです。

Matcher Scoutで効率的に就活を進めよう

MatcherScoutの概要を記した画像OB・OG訪問サービスとして、2020年卒業の学生だけでも約1万2000人の就活生が利用しているMatcher(マッチャー)。

実は、プロフィールを記入しているだけで企業から限定ルートのスカウトが届くMatcher Scoutというサービスも。

‌みなさんが作成した「自己PR」や「学生時代頑張ったこと」の文章をそのままプロフィールに貼り付けるだけでOKです。

「自分の書いたESが、有名企業にも通用するのかを知りたい」

‌「いちいちESは書くのは面倒だけど、人気企業の選考は受けたい」

‌‌「一般的には公開されていない特別ルートの選考を知りたい」

‌「自分の個性にあった企業に入りたい」

‌上記のような思いを抱えている就活生の方、ぜひMatcher Scoutを活用して、就活を効率的に進めてください。
詳細をみる

Matcher-OB/OG訪問の新しい形

Ogp imgMatcher(マッチャー)は、社会人の「就活相談にのるので、◯◯してくれませんか?」というお願いを叶えることで、大学の先輩以外の人にも気軽にOB/OG訪問ができるソーシャルマッチングサービスです。大企業・ベンチャー問わず、たくさんのOB/OGが絶賛登録中!従来のOB訪問とは異なり、形式ばった電話や、メールでのアポイントメントは必要ありません。気になる企業の気になる人に、ワンクリックでOB訪問の申し込みができ、その後はサイト内のチャットでスムーズにやり取りすることができます。

ぜひMatcherを使って、学生である"今"しかできない、社会人との出会い方をしませんか?

この記事を読んだ人が読んでいる記事

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2019.01.09

2020卒のOB訪問の時期はいつからいつまで?

OB訪問の時期はいつ?みなさんはOB訪問をいつから始める予定ですか?就職活動の本選考の前からするべきだとは分かっていても、どの時期にすべきな...

2019.01.10

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて