就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
0c71860c 56aa 4f24 ab0c 3e29464884bc

面接で短所を聞かれたときのベストな答え方とは?

面接で短所を聞かれたときのベストな答え方とは?

2017.09.01

2017.09.01

0c71860c 56aa 4f24 ab0c 3e29464884bc

面接で短所を聞かれたら

面接で度々問われる、「短所」や「改善すべきこと」。
‌選考を通過して、内定をもらいたいみなさんにとっは、聞かれると苦しい質問なのではないでしょうか?
‌面接に落ちることがないよう、無難な短所を上げる人も多いはず。しかし、これはあまり良い回答とは言えません

‌この記事では、面接において自分の短所が問われる理由と、適切な回答方法について説明します。
‌消極的に捉えがちな短所ですが、自己PRや学生時代頑張ったことと同様、みなさんの魅力を伝えるうえで大切なものです
‌ぜひ要点を押さえて、面接本番に生かしてください。

‌※面接の長所に関する記事はこちら

‌面接で短所を聞く2つの目的

面接でどう考えても長所であることを短所として述べる人がいますが、これは面接官が意図するところではありません
‌前提として知っておいてほしいことは、面接で短所を聞く理由は、短所によってみなさんを落とすためではないということです。
‌面接で短所を問う目的は、大きく分けて以下の2つです。

‌自己理解能力を判断すること

1つ目の目的は、みなさんの自己理解能力を判断することです。

‌「自分にはどんな短所があり、どういう場面でその短所が出てしまうのか。」
‌「その短所によってどんな問題が起こり、それを防ぐために何ができるのか。

‌上記のように、自分の短所としっかりと向き合い、その対処法を把握していることを伝えられるかが重要なポイントになります。
‌人間誰しも必ず短所を持っています。面接では短所を隠すのではなく、いかにそれと向き合って改善しようとしているのかをしっかりと伝えられるよう準備しましょう。

‌適性を判断すること

‌短所を聞くもう1つの目的は、適性を判断することです。
‌皆さんの長所を生かし、短所がハンデにならないようにためには、入社後にどこに配置するべきなのか。みなさんが述べる短所から部署に対する適性を判断するのです。
‌短所をごまかすと、この適性がうまく判断されないので、内定後に苦しい思いをすることになりかねません。逆に、面接で短所を理解してもらった状態で内定をもらえれば、入社後に自分に合った配属をしてもらえる可能性が高まります。

‌上記の2つが面接で短所を問う目的です。面接の場は、自分を必要以上によく見せて内定をもらう場ではありません。入社することで、みなさんも企業側も満足した状態になれるのかを確かめる場なのです。これを達成できるよう、しっかりと自分の短所を正直に伝えてみてください。

‌面接で話す短所の選び方

正直に話せとは言ったものの、そもそも自分の短所が何なのかが分からない人も多いのではないでしょうか?ここでは、面接で話すべき短所の見つけ方を2つ紹介します。

‌モチベーショングラフを使って自己分析をする


‌モチベーショングラフとは、時間の流れを横軸に、モチベーションの起伏を縦軸にとったグラフのことです。モチベーショングラフを作ることによって、自分の人生に大きな影響を与えているエピソードを見つけ出すことができます。そのエピソードを振り返ったときに、思い出した短所は、具体的な事象を踏まえて説明できるので、面接で話す内容としておすすめです。
‌自己分析の詳細のやり方は、下記記事を参考にしてください。

‌周りの人に他己分析をお願いする

短所を見つけるのにあたって、他己分析をお願いするのもおすすめ。
‌他己分析とは、自分を知ってる他者に自分の良いところや悪いところを聞くことで自己理解を深める手法です。他己分析をお願いする際は、親御さんや仲の良い友達だけでなく、そこまで気心がしれていない人にもお願いしてみると良いでしょう。距離感の違いによって、自分の長所や短所がどのように変化するのか知ることができます。

短所も長所も、大事なのは「再現性」

面接で話す短所が決まったら、次はどのようにそれを説明するか考えましょう。短所を伝えるときに大切なのは、どのような場合に短所が出てしまうのかをしっかりと説明することです。これは面接で長所を説明するときにも同じです。
‌上でも述べましたが、面接官は短所を聞くことで、どのようなケースでそれが出てしまうのか、つまり短所の再現性を見ています。

‌①自分の短所は〇〇です(結論)
‌②自分の短所が出るときの状況・経験
‌③短所によって起こってしまう問題
‌④短所を改善するために実施している取り組み

短所を話すときに再現性を伝えるためには、上記の4点を順序通りに説明することが有効です。面接でありがちなのが、具体的なエピソードから先に伝えてしまい、何を言っているのかよく分からなくなってしまうというケースです。「私の短所は〇〇です」と、短所から伝えることで、その後のエピソードの意味が理解できるので、結論から先に伝えるようにしましょう

面接本番に生きる短所の例

‌面接の短所を考えるポイントを踏まえて、最後に面接本番で生かせる短所の例を紹介します。

‌優柔不断

私の短所は、他者から多様な意見を受けると、的確な意思決定が出来なくなってしまう点です。
‌私は体育会サッカー部で、練習メニューの管理の担当をしています。メンバーから練習について様々な要望があると、練習メニューの組み方に迷いました。結果として、どっちつかずな練習メニューとなり、満足度が下がってしまうということがありました。
‌自分の短所を克服するために意識していることは、意見を聞きつつも、自分の頭で考えることです。目的とするゴールから逆算して考えることで、作った練習メニューの理由を説明できるようになりました。これによって、自分の判断に自信を持てるようになりつつあると感じています。

‌緊張しい

‌私の短所は、大勢の前で話すときに緊張してしまう点です。
‌私は英会話サークルに所属しており、半年に一度、英語のスピーチコンテストに出場しています。コンテスト当日には大勢の人の前で話すのですが、緊張の結果実力を発揮することができないということがありました。あがり症な性格をカバーするため、事前にイメージトレーニングを徹底しています。頭の中で本番スピーチのイメージを重ねることで、当日の緊張を緩和することが出来るようになりました。

面接を突破するために最適な準備を

面接の短所を考えるうえで押さえるべきポイントについて説明しました。参考になった部分を生かして、面接を突破してもらえれば幸いです。とはいえ、面接で答える内容に不安を抱えている人も多いはず。そんなときにおすすめなのがMatcher(マッチャー)です。
Matcherは、所属大学や学年に関係なく、3400人を超える社会人に相談ができるサービス。面接対策をはじめ、あらゆる就活相談にのってもらうことができます。
‌社会人からアドバイスをもらうことで、面接のレベルはグッと上がるはず。ぜひMatcherで社会人に会いに行き、面接を突破するための糧にしてください。
社会人に会いに行く(無料)

この記事を読んだ人が読んでいる記事

面接官がよく尋ねる3つの質問の意図

はじめに就職活動において避けては通れないのが採用面接です。どんなことを聞かれるのか、ちゃんと答えることができるかなど、不安になることが多々あ...

2017.04.06

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2017.06.02

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて