就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
063813e0 3070 4e9e 9a8f 6bd0dec25d2f

【例あり】ESや面接で聞かれる、企業選びの軸とは?

【例あり】ESや面接で聞かれる、企業選びの軸とは?

2017.09.05

2017.09.05

063813e0 3070 4e9e 9a8f 6bd0dec25d2f

はじめに

あなたの企業選びの軸を教えてください。

みなさんは就活を進めるにあたって企業選びの軸を作っていますでしょうか?特に意識せず、なんとなく良いと思った企業を受けている人もいるかもしれません。
‌企業選びの軸は、ES(エントリーシート)や面接で度々聞かれるもの。説得力がある回答ができるようにしておきたいところです。
‌この記事では、企業選びの軸とは何か紹介するとともに、企業が納得感を持つ軸の作り方を説明します。企業選びの軸は、選考で聞かれるだけでなく、自身が入社後に楽しく働ける会社を選ぶために重要なもの。作って意味のある企業選びの軸を考えてください。

‌企業選びの軸とは?

企業選びの軸の作り方に入る前に、そもそも企業選びの軸とは何なのか説明します。企業選びの軸とはずばり、自分がやりがいを持って働ける会社が持つ条件です。以下のようなものが、企業選びの軸になります。

‌「決まった商品を販売するのではなく、お客様に合わせて商品を提案する仕事ができること
‌「自分たちが作っている商品に誇りを持って働いている社員の方が多いこと

‌‌企業選びの軸を持つことの最大のメリットは、入社後に満足感を持って働ける会社を見極められるようになること。冒頭でも述べた通り、なんとなく知っている企業の選考を受けている就活生は少なくありません。このように企業を選んでしまうと、たとえ内定し、入社できることになったとしても、やりがいを持って働けないことになりかねません。事実、新卒者のおよそ3人に1人が、3年以内に離職してしまうというデータが厚生労働省から出ています。多くの就活生が、企業との間でミスマッチを起こしていることが分かるデータと言えるでしょう。

‌企業選びの軸、つまり自分がやりがいを持って働くことができる会社の条件を自覚していれば、ミスマッチの可能性を軽減することが可能です。ESや面接で聞かれようが聞かれまいが、企業選びの軸を持って就活を進めてください。

‌企業が企業選びの軸を聞く意図

企業選びの軸を持つことが、入社後にやりがいを持って働くために有効だと述べました。ここでは、企業がみなさんの企業選びの軸を聞く意図を説明します。
‌企業がみなさんの企業選びの軸を聞く意図。それは、内定辞退や早期離職を防ぐこと。先程、新卒者のおよそ3人に1人が3年以内に離職してしまうというデータを示しました。ミスマッチは入社する学生にとっても不幸なことですが、手間暇かけて採用活動をしている企業にとっても不幸なこと。企業は早期離職をできる限り抑制するため、選考を工夫します。
企業選びの軸を聞くことは、その工夫の1つです。自分がどんな環境で働きたいのかしっかりと考えられていない学生は、企業選びの軸を聞いてもドギマギしてしまいます。この場合、内定を出した後、ないしは入社後にミスマッチに気づくことになる恐れがあります。内定辞退や早期離職に繋がる恐れがあるため、採用するにはリスクがあると判断するでしょう。一方、やりたい仕事や臨む環境が明確になっていて、かつそれが自社の環境と一致している場合は、自社と学生との相性に関する不安は解消されます。

‌企業はみなさんの企業選びの軸を聞くことで、みなさんと自社の間にミスマッチが起こらないかを見ています。ESや面接で軸を聞かれたときは、この点を意識して回答するようにしましょう。 

‌企業選びの軸の作り方

みなさんの企業選びの軸を企業側が聞く意図を学びました。とはいえ、自分の企業選びの軸をすぐに言語化できる人はそう多くありません。ここでは、自分の企業選びの軸を作る2つの方法を説明します。

‌モチベーショングラフを書いて自己分析

‌すぐにできる方法は、モチベーショングラフを用いた自己分析。モチベーショングラフとは、時間を横軸に、モチベーションの高低を縦軸に取ったグラフのことです。これを作成することで、モチベーションが上がっていた時期と下がっていた時期を可視化することができます。

‌・誰といたときにモチベーションが上がっていた(下がっていた)のか
‌・何に取り組んでいたときにモチベーションが上がっていた(下がっていた)のか
‌・どんな環境に置かれていたときにモチベーションが上がっていた(下がっていた)のか


‌グラフを作って自分のモチベーションの高低が可視化できたら、モチベーションが高いときと低いときに着目し、上記のような観点で過去を振り返ってみましょう。
‌例えば、一人で目標に向かって頑張るよりも、チームで目標を共有し、目標達成に向けて努力を重ねていたときのほうがモチベーションが高かったとします。このような結果が出たのであれば、企業選びでもチーム単位で成果を共有する仕事の方が楽しめる傾向があるのかもしれません。
‌上記のように、振り返りの結果から有意義に働くための条件を見出すことができます。

‌実際に経験してみる(インターン/OB・OG訪問など)

モチベーショングラフを用いた企業選びの軸づくりは、過去の体験をベースとして作るものです。一方で、実際に経験し、それを元に軸を作っていく方法もあります。
例えばサマーインターン。サマーインターンでは、仕事を体験し、現場で活躍する社会人とコミュニケーションを取ることが可能です。この経験から、その仕事にやりがいを感じられそうか否かや、そこで働く社会人を尊敬できるか否かを確かめることができます。これを更に深掘り、なぜ仕事にやりがいを感じることができそうなのか(あるいはできなさそうなのか)や、なぜ尊敬できるのか(尊敬できないないのか)を突き詰めて考えてみましょう。これによって、自分がやりたい仕事や一緒に働きたい人の条件を言語化することができます。

‌インターンへの参加と同様、OB・OG訪問をすることも企業選びの軸を形成するのに有効。インターンと異なり、時期にとらわれずに実施することができます。また、現場の仕事のやりがいや苦労を知って訪問先の社会人の価値観に触れることで、自分がどう感じるのかを確かめることができるでしょう。OB訪問のやり方は、以下の記事を参考にしてください。

企業選びの軸の回答例

今まで説明してきたことを踏まえて、企業選びの軸を聞かれたときの回答例を紹介します。みなさんがESや面接で答えるときの参考になれば幸いです。

‌私の企業選びの軸は、大きく2つです。
‌1つは、サービスを使ってくださるお客様の近いところで仕事ができるところ。私には、長期インターンでWEBサイト運用していた経験があります。そのときにお客様から改善案や感謝の声をもらいながらサイトをすることに非常にやりがいを感じました。就職活動で企業を選ぶ際にも、お客様の声を聞きながら価値のあるサービスを作っていけるような環境で働きたいと考えています。
‌もう1つは、自分たちが作っているサービスに誇りを持って働いている人が多いところ。誇りを持って働くことができるということは、提供している価値に自信を持てるということです。自分の仕事に価値があると自信を持って言えるように働きたい考えています。

‌企業選びの軸を伝えるときは、「私の企業選びの軸は○○です」というかたちで、最初に結論を持ってくるようしてください。また、面接では、企業選びの軸を踏まえ、なぜその企業が良いのか説明できるとなお良いでしょう。

‌さいごに

企業選びの軸について説明してきました。上でも述べたように、企業選びの軸は選考を突破するためだけでなく、入社後にやりがいを持って働くためにも非常に大切です。面倒に感じるかもしれませんが、ぜひ自分と向き合い、やりがいを持って働くことができる条件を考えてみてください。

大学の先輩以外にもOB訪問ができるマッチングサービス

Ogp imgMatcher(マッチャー)は、社会人の「就活相談にのるので、◯◯してくれませんか?」というお願いを叶えることで、大学の先輩以外の人にも気軽にOB/OG訪問ができるソーシャルマッチングサービスです。大企業・ベンチャー問わず、たくさんのOB/OGが絶賛登録中!従来のOB訪問とは異なり、形式ばった電話や、メールでのアポイントメントは必要ありません。気になる企業の気になる人に、ワンクリックでOB訪問の申し込みができ、その後はサイト内のチャットでスムーズにやり取りすることができます。

ぜひMatcherを使って、学生である"今"しかできない、社会人との出会い方をしませんか?

この記事を読んだ人が読んでいる記事

自信家の就活生がやりがちな2つのミス

はじめに突然ですが、皆さんは自分に自信がありますか? 自信があるのはいいことですし、就職活動においても正々堂々と話すのに大切な要素です。しか...

2017.05.27

会社説明会を最大限活用する秘訣

会社説明会にはチャンスがいっぱい2018卒のナビ媒体が解禁し、多くの企業が会社説明会を開催するようになりました。みなさんはどのようにして会社...

2017.04.07

就職活動に資格は有利?意味ない?

資格を就活のためだけにとるのはおすすめしません!「就活のために〇〇勉強してる!」「何も資格持っていなけど大丈夫だろうか。。。...

2017.04.07

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2017.06.02

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて