就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
生命保険の計算をしているイメージ図です。

【生命保険業界】志望動機で押さえるべき要点

みなさんは、生命保険業界志望動機を説得力があるかたちで書くことができますでしょうか?この記事では生命保険業界の志望動機の考え方を説明します。企業のことを深く理解し、志望動機を完成させてください。

2019.02.08

生命保険の計算をしているイメージ図です。

【生命保険業界 目次】

第1章
第2章
第3章
【生命保険業界】志望動機で押さえるべき要点←Now

第4章

なぜ、生命保険会社を志望するのか

‌この記事のテーマは、生命保険業界の志望動機の作り方。志望動機に必要な要素や、志望動機を伝える際に押さえるべき要点をお伝えします。

‌生命保険業界の志望動機を考える際に、過去の内定者の志望動機を元に作ろうとする人は少なくありません。しかし、何も考えずに志望動機を模倣するのはご法度

‌自分の意思なく作った志望動機では、面接で深く質問されたときに上手く回答することができなくなります。万が一その志望動機で内定が取れたとしても、入社後にミスマッチに気づくことになるでしょう

‌志望動機を考えるのは、選考を突破することだけが目的ではありません。自分と企業が本当に合っているのか確認する作業でもあるのです。ぜひ正しい志望動機の考え方を理解して、みなさんの就活に役立ててください。

生命保険業界に必要な2つの要素

まずはじめに、志望動機を考える上で外すことのできない要素を紹介します。必要な要素は、以下の2つです。

‌‌‌①業界に対する志望動機

1つは、業界に対する志望動機。生命保険業界で言えば、数ある業界の中でなぜ生命保険業界を志望するのかを伝えなければなりません。これを伝えるためには、生命保険業界が誰に対してどのような価値を提供しているのか理解している必要があります。業界研究を通して、生命保険業界の価値を理解し、それに携わりたい理由を伝えられるようにしておくと良いでしょう。

‌②企業に対する志望動機

もう1つは、企業に対する志望動機。ひとくちに「生命保険会社」といってもたくさんの企業が存在します。数ある生命保険会社の中で、なぜ「〇〇生命」を志望するのかを伝えなければ、生命保険会社であればどこでも良いという印象を与えてしまうでしょう。

‌企業に対する志望動機を考える際には、企業に関する情報収集を徹底し、どこに魅力を感じたのか説明できるようにしておく必要があります。

生命保険業界の志望動機を作る上で必要な情報源とは?

志望動機に必要な要素を説明してきました。この2つを踏まえて志望動機を伝えることができれば、企業に納得してもらえる可能性が高まるでしょう。

上述した通り、企業に対する志望動機を伝えるためには、企業について情報収集をしておくことが不可欠。それでは、どのようにして企業に関する情報を集めれば良いのでしょうか?

ここでは、IR新卒採用ページとについて紹介します。

‌‌IR

主に事業内容について情報を得たいのならば、IRを確認してみましょう。IRとは、企業が株主や投資家に対して提供している情報のこと。業績についてや、今後注力していく分野についてなど、事業内容に関して幅広く情報を収集することができます。生命保険会社のIRを調べる際は、「〇〇生命 IR」と検索すればヒットするでしょう。

IRの例として、日本生命の決算説明資料を紹介します。

‌日本生命の決算説明会資料には、今後、「保険+α」の価値の提供をしていきたいということで、「子育て支援」(企業主導型の保育所を全国展開すること)や「ヘルスケア事業の展開」(ガンを早期発見できる可能性のある検査技術への協力をすること)を進めていく旨が記述されています。
‌出典:日本生命 2017年度上半期業績説明会資料(P8,参照日2018年2月26日)

‌各企業の今後の経営方針や取り組みについての情報を収集することが可能。特にやりたい事業がある方は、企業選びの判断軸にもできるはずです。

‌新卒採用ページ

‌企業の新卒採用ページには、現在働かれている社員の方のインタビュー記事が載っています。ここでは業務内はもちろんのこと、やりがいや苦労したこと、会社を志望した理由などが書かれています。

‌「中小企業の福利厚生制度を充実させたい」
‌「保険外交員として少しでも多くの案件を獲得したい」‌


‌生命保険会社には、様々な想いをもって働かれている社員の方がいます。社員の方を目指すべき人として捉えることで、入社した後どうなりたいのかを志望動機に盛り込むことができるようになるでしょう。

志望動機を作成する上での注意点

生命保険業界の志望動機を考える上で役に立つ情報源がわかったところで、実際に志望動機を作るときに押さえるべき要点について説明します。

‌注意すべきは、以下の3点です。

‌書類選考の通過後を見据えよう

一般的に、志望動機は書類選考の際に記入を求められます。書類選考は通過すれば大丈夫と高をくくっている人がいるかもしれませんが、それは危険な考えです。なぜなら、面接は書類選考を元に進むものだから。志望動機に思ってもいないことを書いてしまえば、面接でもそれを前提に進められます。

‌エントリーシートや履歴書の志望動機は、面接の前提になるものだと心得て書くようにしてください。

企業に入社してからやりたいことは具体的に伝えよう

志望動機で言及する、企業に入ってからやりたいこと。

‌「生命保険会社の営業職で働きたい」
‌「御社に入って〇〇部門で活躍したい」


上記のようにやりたいことは曖昧にせず、面接官に実際にあなたが働いている姿をイメージさせるように伝えてください。

‌やりたいことを具体的に伝えるコツは、以下の5つの要素を押さえること。

1)「誰(組織や人)」に対して
2)「何(商品やサービス)」を
3)「どのように」
4)「誰(個人orチームや体制で)」が
5)「どこ(場所)」で

上記の5つのポイントを押さえることで、働くイメージをしている、志望度の高い学生であると印象づけることができます。

‌志望動機を個人の経験と結びつけよう

企業の人事は、千~万人単位の学生の志望動機を聞いています。インターネット上で拾ってきたものをなんとなく伝えても、印象には残らないでしょう。

‌その際に必ず必要なことが自分の経験と結びつけて志望動機を作ること。生命保険業界を目指す理由を個人の経験に根ざしたものにすることで、説得力のある志望動機に仕上げることができます。

生命保険業界の志望動機例文

‌今まで説明してきたことを踏まえて、実際の志望動機の例を紹介します。以下の例文は、第一生命の志望動機。ただ模倣するのではなく、自分だったらどのようなエピソードを用いるのか考えながら読んでみてください。

‌第一生命の志望動機

なぜ生命保険業界か?→生命保険を海外の貧困地域にも広めていきたいと考えるから。
‌(なぜそう考えたのか?→私は大学時代にカンボジアの孤児院でボランティアを行なっていました。その孤児院で私が担当していた少年は、幼くして一家の働き手である父を亡くしていました。彼の母親は旦那さんを亡くした悲しみと経済苦から生活ができなくなっていました。その時の経験から日本にあるような保険商品をカンボジアでも広めていきたいと考えるようになりました。)

‌なぜ第一生命か?→大きく2点あります。1つ目は、貴社が国内の生命保険会社で初めてカンボジアでの保険販売に着手したことです。私が生保を志した理由と合致しています。次に女性としての働きやすさがあるためです。私は女性として定年退職を迎えるまで働きたいという思いがあり、将来的には管理職や経営職に就き、会社全体の舵取りを行いたいと考えています。貴社は2017年度の日経ウーマンによる「女性が活躍する会社ベスト100」で1位を獲得しています。‌またOG訪問でお会いした〇〇様は「次世代女性リーダー研修」や「社長塾」‌に参加しており、制度が充実しているともお聞きしました。従業員全体の女性比率や管理職比率も他の会社を圧倒しています。これらのことから、貴社を志望させていただきます。

志望動機を考えられたら

生命保険業界の志望動機を考える上での要点を説明してきました。みなさんの選考対策の一助となれば幸いです。

‌次の記事のテーマは、生命保険会社に勤める社会人へのOB・OG訪問ですべき質問。上述した「企業への理解」は、インターネットや書籍だけでは十分に進まないこともあります。ぜひ読んで、みなさんのOB・OG訪問に役立ててください。

志望動機の構成を考えてみよう

Matcherに登録してくれた方全員にガクチカ&自己PR長所&短所志望動機の作成マニュアル3点セットをプレゼントします。大手難関企業内定者のESをもとに、選考突破のノウハウを分かりやすく解説。ES・面接対策を力強くアシストします。

‌‌※Matcherご登録後、登録確認メールの添付ファイルにてお送りいたします。

Matcherとは‌..

‌‌OB訪問機能とスカウト機能を兼ね備えた就活プラットフォーム。所属大学に関係なくOB訪問を行えるほか、プロフィールを充実させるだけでスカウトをもらうことができます。就活対策にご利用ください。

‌【Matcherに登録する社会人の一例
第一生命、日本生命、ソニー生命保険、プルデンシャル生命保険、アフラック、住友生命保険、メットライフ生命保険、ジブラルタ生命、明治安田生命、アクサ生命など
Matcherに登録する(無料)

この記事を読んだ人が読んでいる記事

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2019.02.08

2020卒のOB訪問の時期はいつからいつまで?

OB訪問の時期はいつ?みなさんはOB訪問をいつから始める予定ですか?就職活動の本選考の前からするべきだとは分かっていても、どの時期にすべきな...

2019.02.12

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて