就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
Efdbbaf9 26f4 4aab 8c38 54dd4a0d9f6d

ES(エントリーシート)で刺さる志望動機の書き方

ES(エントリーシート)で刺さる志望動機の書き方

2017.09.01

2017.09.01

Efdbbaf9 26f4 4aab 8c38 54dd4a0d9f6d

はじめに

みなさんはインターンシップや本選考などの就職活動で、志望動機を書く機会はどれくらいあるでしょうか?
正直なところを言って、全ての会社に興味はあっても取りだてて志望動機が強い企業は少ないのではないでしょうか?
そこまで志望度が高くないのに、志望動機を書かなければならないという事実に、多くの学生さんが苦しめられているのではないかと思います。
しかし、この問題はあるポイントを押さえていると、簡単に志望動機を書けるようになります!それは、業界・職種を絞っている人は、志望動機を使い回すことができるということです。効率よく就職活動を効率よく進めたいという人は、覚えておいたほうがいいかもしれません…!
ここでは、どんな企業でも評価される、周りと差がつくようなエントリーシート(ES)の志望動機はどのような構成でできているのかをご紹介していきます!

1.具体的な成長イメージ(夢)をしっかりと持つことができている。

就職活動をする中で自身の生い立ちを振り返る機会があるかと思います。そんな中で自身はどのようなことが得意で、不得意なのか。どのようなことが好きで、嫌いなのか。どのようなことに感動して、感動しないのか。などと分類をしていると、「仕事にしたいこと」と「仕事にはしたくないこと」が出てきます。例えばルーティーン作業が嫌いな人は、事務職は仕事にしたくないことかもしれません。

そんな自分自身の特性を理解し、何がやりたいのか、何になりたいのか。なぜやりたいのか。明確に書くことができれば周りの就活生よりも一歩リードであること間違いなしです!

2.夢についての要素分解ができている。

1で考えた夢を叶えるために、どのようなステップがあって、現状の自分には何が足りなくて、これからはどのようにするべきなのか。

このように自分の置かれている状況を俯瞰的に測れているかどうかというのも非常に難しいことであり、大事な能力です。また、これからはどのようにするべきなのかをその会社を志望する理由と絡めて話せるとさらに好印象を与えることができるかもしれません。

3.それを踏まえて自分が今何をしたいのか、するべきなのかを伝えられている。

2でも書いたように、自分が何をしたいのか、するべきなのか、そしてなぜその会社でなくてはいけないのか、という部分をしっかりを順序立てて書くことによって、エントリーシート(ES)の志望動機の内容がグッと濃くなります。

また何をしたいのかということをはっきりと伝えることで、その会社でその希望を叶えられるのか、否かということも加味して選考してもらえることもあり、叶えられるなら選考を通過するでしょうし、叶えられないなら不採用になるでしょう。

しかしこれは早期の時点でミスマッチングを発見できたという観点からみると、すごくいいことなので、誰にも譲れない自分の志望動機の軸、ひいては会社選定の軸を持つことをオススメします!

4.「この会社でなくてはいけない!」という熱意をが伝えられている

ここまで述べてきた内容はもちろんテクニックとして大事ですが、何より大事なのは、いかにその会社を志望しているのかという情熱です。例えば恋愛に置き換えたとして、誰にでも好き好きと言ってしまう人と、ある一人の人にしか好きと言わない人だとどちらの人の「好き」が嬉しいでしょうか?おそらく後者と答える方が多いと思います。
これは就職活動にも通ずるところがあり、その会社をどれくらい志望してくれているのか、なんでその会社でなくてはいけないのかという熱量こそが採用するか、否かの肝なのです。しかし、文面でこの熱量を伝えることはそう簡単なことではありません。そのため、まずは読み手のことを考えて、

①綺麗な文字で書く
②綺麗な紙に書く
③改行をうまく用いて読んでもらいやすいようにする

というできることから徹底してやっていきましょう!その小さな気遣いから熱量や本気度を汲み取ってくれる読み手の人は絶対にいますよ!

さいごに

いかがでしたか?
こちらでご紹介したのはエントリーシート(ES)の書き方のごく一部です。
まずは多くの企業にとっての第一関門でもあるエントリーシート(ES)での選考を突破できるように頑張りましょう!

Matcher-OB/OG訪問の新しい形

Ogp imgMatcher(マッチャー)は、社会人の「就活相談にのるので、◯◯してくれませんか?」というお願いを叶えることで、大学の先輩以外の人にも気軽にOB/OG訪問ができるソーシャルマッチングサービスです。大企業・ベンチャー問わず、たくさんのOB/OGが絶賛登録中!従来のOB訪問とは異なり、形式ばった電話や、メールでのアポイントメントは必要ありません。気になる企業の気になる人に、ワンクリックでOB訪問の申し込みができ、その後はサイト内のチャットでスムーズにやり取りすることができます。

ぜひMatcherを使って、学生である"今"しかできない、社会人との出会い方をしませんか?

この記事を読んだ人が読んでいる記事

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2017.06.02

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて