就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
鉄道業界のイメージ写真です。

【鉄道業界】効果的なOB・OG訪問の極意

多くの学生から人気を集める鉄道業界。この記事では、鉄道業界でのOB・OG訪問の極意を伝授します。効果的なOB・OG訪問で鉄道業界の選考を突破しましょう。

2018.02.08

鉄道業界のイメージ写真です。

【鉄道業界 目次】

‌第1章
第2章
第3章
第4章
第5章
‌【鉄道業界】効果的なOB・OG訪問の極意←Now

‌はじめに

多くの学生が志望する鉄道業界。しかし、漠然と事業を捉えているだけでは選考を突破するのは非常に難しくなります。また、仮に選考を突破したとしてもイメージとの乖離があれば違和感を抱えながら仕事をしなければなりません。それを避けるためには情報を事前にしっかりと集めることが重要です。
その際、有効な手段となるがOB・OG訪問。記事を読んで、適切なOB・OG訪問をできるようになりましょう。

OB・OG訪問の意義

情報を集めるうえで非常に大きな役割を果たすと言われるOB・OG訪問
しかし、インターネットが充実した昨今にあってPCやスマホで得られる有益な情報は多数あります。そのような中で鉄道業界の就活においてOB・OG訪問が有効だと言えるのはなぜでしょうか。

‌まず、インターネット上からでは分からないことがたくさんあるからです。幅広く展開されている鉄道会社の事業とその業務の詳細までは公開されていないため、聞かなければ分かりません。また、企業文化といった定性的な情報については自分で判断するしかないのです。

‌さらに言えは、画一的な情報だけではほかの就活生と違いが生まれません。簡単に調べられる情報だけが根拠の志望動機は説得力を欠きます。より具体的な情報からしっかりと志望動機を練ることによって初めて入社への熱意が伝わるのです。

鉄道業界で働く社会人にすべき質問

OB・OG訪問の意義が明らかになったところで、鉄道業界で働く人たちに聞いておきたい質問をいくつかピックアップしてみました。OB・OG訪問ではインターネットなどで公開されている情報を聞いても意味がありません。それを踏まえて深堀りするなど公開されている情報からは分からない部分を質問しましょう。
以下では質問を2種類に分類しています。1つは志望動機を深める質問。もう1つは会社について知る質問です。就職した後の自分をイメージしながら、効果的な質問をぶつけていきましょう。

‌志望動機を深める質問

志望動機を深める質問は選考突破に向けた準備です。志望動機は選考突破に向けて非常に重要な要素。なぜその会社でなければならないのかを面接官にしっかりと伝える必要があります。このような重要な事項について、すべてをインターネットの情報に頼るのは危険です。自分の関心事に沿う質問を通じて、社員の方から志望動機につながる情報を引き出しましょう。

やりがい

やりがいは極めて主観的な情報です。ゆえに他人のやりがいを聞いても意味がないと考える人がいるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。
鉄道会社であれば、輸送を通じて日本の経済を支える。あるいは不動産事業を通じて、沿線を住みよい街にする。あらゆるやりがいが想定されます。しかし、実際に入社後にやりがいとして実感できるものなのか。あるいは想定していなかったが、入社後に発見したやりがいがあるのか。実際に働く社員の方からの情報は、自分がやりがいを持って働けるかイメージするうえで有益な情報です。鉄道会社だからこそ実現できる自分のキャリアをイメージしたうえで、事業や業務に関する具体的な質問を行いましょう。

‌「御社に入社する際にイメージしていたやりがいと、実際に働くうえで感じるやりがいに差異はありましたか?」
「不動産会社ではなく、鉄道会社不動産事業に携わるからこそ得られるやりがいはありますか?」
「鉄道は国を支えるインフラだとよく言われますが、それを実感するのはどのようなときですか?」

ジョブローテーション

就職してからの仕事内容と大きく関わってくるのがジョブローテーションです。JR、私鉄を問わず、鉄道会社は鉄道以外にも様々な事業を展開しています。
・不動産事業や百貨店をはじめとした流通事業に一度配属された後、他の事業に移ることはできるのか。
‌・移ることができるとして、それは何年単位なのか。
‌・どのような形で事業に関わることになるのか。


‌多くの学生にとって気になるポイントではありますが、これらは聞かなければわからない情報です。どの程度希望が通るのかといった点も踏まえて質問すれば、入社後に想像していた仕事と全く異なる仕事をするというミスマッチを防ぐことができます。場合によってはグループの子会社に入社する方がイメージ通りの仕事をできるかもしれません。展開している事業と実際の業務との関係性を事前に明らかにしておきましょう。

‌「私は鉄道を中心とした様々な事業に携わりたいと考えているのですが、配置転換はどれくらいの頻度で行われているのでしょうか?」
「御社の手掛ける百貨店事業に関心があるのですが、どのような形で事業に携わることになるのでしょうか?」

‌会社について知る質問

会社について知る質問では、その会社が自分に適しているか確認するものです。志望動機を深める質問も会社を知る質問ではありますが、それは事業や仕事内容に関するもの。一方の会社について知る質問は働く環境に対する質問と言えます。
働くうえでやりがいや充実感は非常に重要ですが、それと同様に、会社の制度やあり方、社風が自分に即しているかも重要です。適切な質問を通じて判断できるように質問しましょう。

勤務地

勤務地は先述のジョブローテーションと大きく関係しますが、勤務地の移動が気になる人はチェックしておくべきでしょう。JRの場合、私鉄に比べて担当する範囲が広くなっています。転勤が難しい場合はミスマッチということになりかねません。それに対し、私鉄は特定の地域に根差した事業が展開される場合が多いです。自分の希望に即する形で仕事を行うためにも、勤務地に関して希望がある方は確認しておくべきでしょう。

‌「御社は東日本一帯に事業を展開されていますが、転勤は頻繁に行われるものなのでしょうか?転勤の仕組みについて教えていただけたらと思います。」

育休・産休制度

女性にとっては産休制度育休制度は重要な関心事である場合が多いです。これらについて聞くことは何の問題もありません。
‌ただし、自分なりの仮説をもって質問しましょう。近年、女性の社会進出の機運が一層高まる中で制度を積極的に創設している会社が増えてきており、公開されている場合が多いです。それを踏まえたうえで、実際の消化率などを聞き自分のキャリアと合致するか判断しましょう。

‌「私は結婚、出産後も働きたいと考えております。御社は充実した産休、育休制度を有していると思うのですが、利用率はどれほどでしょうか?」

企業文化

企業文化も働くうえで重要な要素です。しかし、これは質問するというよりも自分で感じとるものと言えます。質問を通じてその会社がどのような会社なのか、自分の中で整理すると良いでしょう。
‌注意してほしいのが同業他社との比較。他社との違いを聞くのは控えるのが賢明です。実際、他の鉄道会社との違いを聞かれてもその会社で働いたことがなければ、想像の域を出ません。他社との違いは自分で判断しましょう。

‌鉄道業界で働く社会人にすべきでない質問

OB・OG訪問においては奨励されるべき質問がある一方で避けるべき質問も存在します。失礼のないように、注意して質問するように心がけましょう。

‌調べれば分かる質問

‌‌先ほどから述べている通り、調べて分かることを質問するのは意味がないばかりか失礼に値します。インターネットで分かる範囲の事業や業務について質問をするのは控えましょう。

‌鉄道事業の展開範囲や多角的に展開している事業内容についても採用ページで把握することが可能です。社会人の方々は貴重な時間を割いて面談をしてくれます。OB・OG訪問を実りあるものにするためには、ネットの情報や聞き及んだ情報をもとに一歩踏み込んで質問をするようにしましょう。

‌一歩踏み込むコツは自分なりの仮説をあらかじめ立てることです。「自分は公開されている情報からこう考えたのですが、実際はどうでしょうか?」と言ったかたちで質問をするスタンスが望ましいでしょう。

‌マナー違反な質問

OB・OG訪問に限らず、会社説明会や面接においても社会人に対してマナー違反とされる質問をするのは控えましょう。

‌‌給与・福利厚生‌

‌ある意味では働く目的とも言える給与。そして豊かな生活を送るための福利厚生。それらの条件が気になる方も多いと思います。
‌給与に関しては、ホームページ上で初任給等は確認可能です。昇給などについても人生設計上、重要なことではありますがこれを聞くのは一般的にマナー違反とされています。不確実ではありますが、ネット上にある給与・昇給に関する情報を参考にしてください。
‌福利厚生について単純に制度を聞くのは失礼にあたりますが、会社独自のものがあるなどキャリアプランと密接に関わっている場合があります。質問したいときは自分のキャリアとその制度が自分とどのように関係あるのか考えたうえで、一歩踏み込んだ質問をしてください。

さいごに

ここまでOB・OG訪問の意義と具体的な質問について説明してきました。ぜひ積極的に行って、鉄道業界への理解を深めてください。
‌以下にはOB・OG訪問で使えるツールをご紹介します。就活相談プラットフォームのMatcher(マッチャ−)です。
M‌atcherは、所属大学や学年に関係なく、社会人に就活相談ができるサービスです。
‌積極的に社会人に会いに行って、鉄道業界への理解を深めてください。

‌‌【社会人・内定者の所属会社(鉄道・航空)】
東急電鉄、西武鉄道、京成電鉄、全日本航空、全日本空輸など
鉄道業界の社会人に会いに行く

この記事を読んだ人が読んでいる記事

OB訪問後の正しいお礼状(手紙)の書き方

はじめにOB訪問でお世話になった先輩へのお礼、みなさんはどのようにしますか?お礼のメールを送信したり、電話を掛けたりと、手段は様々で...

2017.12.12

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2017.12.07

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて