就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
オンライン学習で教育サービスを受けている女性の写真。

【教育業界】オンライン学習・教材出版分野の事業内容とは

就職に際して多くの人が興味を持つ教育業界。この記事では、IT化の影響を大きく受ける、通信出版分野について

2018.03.03

オンライン学習で教育サービスを受けている女性の写真。

【教育業界 目次】

第3章
‌【教育業界】オンライン学習・教材出版分野の事業内容とは←Now

第6章 

はじめに

‌ひとくちに「教育業界」と言っても、その業務内容は様々。今回は、その中でも変化の著しいオンライン学習・教材出版分野について解説します。教育業界の中でも特にIT化の影響を受けている、変化激しい分野です。ぜひご一読いただき、業界研究に役立ててください。

オンライン学習分野の事業内容とは?

PCやスマートフォン、タブレットなどを介してインターネット上で映像授業を配信する教育サービスを行うのがオンライン学習分野です。このような教育サービスは「e-learning(eラーニング)」や「WEBラーニング」とも呼ばれています。インターネットの普及により成立するようになったビジネスです。

オンライン学習分野を牽引するのが、リクルートが提供しているオンライン学習サービスの「スタディサプリ」。そこにベネッセや学研などといった従来の通信教育事業者も参入し、競争は激しさを増しています。

オンライン学習は、音声や動画により理解を深められるため語学学習と相性が良く、TOEIC対策講座など英語学習支援サービスも数多くリリースされています。今後ますますサービスが拡充してゆく分野です。

通信分野の代表的な企業

リクルート、ベネッセコーポレーション、学研、ネットラーニングなど

教材出版分野の事業内容とは?

学習参考書や、学校で使われる教科書などを発行するのが教材出版分野。出版社だけでなく、学習塾や予備校が出版分野に進出して、受験参考書を取り扱う場合もあります。

‌注目すべきは、教材出版分野のIT化。出版分野はインターネットやスマートフォンなどの普及に伴い書籍の売り上げ金額が減少しています。これに対応すべく、近年は紙での書籍の出版に留まらず、電子書籍の発行インターネット上で利用できる付録など、デジタルネイティブ世代への訴求力の高い商品が続々と開発されています。出版分野におけるデジタル分野への拡張は今後ますます増加してゆくと言えるでしょう。

出版分野の代表的な企業

ベネッセコーポレーション、学研、旺文社、文渓堂など

オンライン学習・教材出版分野にある職種

通信・出版分野の事業について理解できたところで、事業を支える職種についてお伝えしていきます。
‌通信・出版業界は、営業、教材の編集、マーケットリサーチ、エンジニアなど様々な職種によって成り立っています。それぞれに求められる能力は異なるため、自分はどの職種で働きたいか考えながら読んでみてください。

オンライン学習分野の主な職種

開発職

通信分野において、アプリや教育サービスを開発する業務を担うのがエンジニアやデザイナーといった開発職です。
出身は必ずしも理系である必要はないですが、自分の担当するシステムに使われている言語やデータベース、情報リテラシーなどについて熟知している必要があります。さらに、ITの世界は日々変化し続けているため、新しい技術を積極的に学び、取り入れる姿勢も必要とされるでしょう。

営業職

顧客となる企業や自治体などにヒアリングをし、顧客のニーズを把握して適切なサービスを提案するのが営業の仕事です。営業は対外的な会社の「顔」とも言える存在で、顧客との接点でもあります。柔軟なアプローチで顧客への提供価値を追求し、どれだけ顧客の役に立てるかが腕の見せ所と言えるでしょう。

企画職

教育サービスの企画を考えるのがこの職種です。マーケットリサーチを行い、顧客のニーズにマッチし尚且つ収益の見込める企画を発表するほか、制作の現場にも立ち会います。エンジニアやデザイナーなど幅広い人と交流する仕事であるため、ディレクション能力やマーケティング感覚、柔軟性などが有利に働く仕事です。

教材出版業界の主な職種

‌編集

出版物の企画や原稿の編集作業、締め切りや進捗のスケジュール管理を行うほか、印刷会社や著者との渉外なども担います。著者、写真家、イラストレーター、編集プロダクション、ライターなど様々な人との協力が必要なだけでなく、人々に刺さる企画を考え続ける必要があるため、円滑なコミュニケーション能力と知的好奇心が重要な要素です。

校閲

出版分野において、原稿の誤字脱字などをチェックするのが校閲の役目です。文章や熟語などが正しく使われているかどうかの確認のみならず、挿絵や見出しの整合性の確認なども行います。教育サービスの受け手の立場に立ち、客観視をする姿勢が何よりも必要とされるでしょう。

販売・宣伝

担当編集部から発売になる出版物の販売戦略を考え、宣伝活動を行い、売り上げを伸ばすのが販売・宣伝の仕事です。出版物の需要を予測し、適正な量を市場に供給するだけでなく、取次や書店と協力しながら読者と出版物が出会う売り場を作り、演出することも大切な仕事であるため、マーケティング感覚だけでなく情報感度も大切な素質と言えます。

営業

取次・書店・塾・学校などへの配本や、見本配布の立案、書店での販売実績調査、学校・塾への採用の為の販促活動などを行うのが営業の仕事です。企業によっては「広告営業」と呼んでいるところもあり、広告から資金を得るために、自社のあらゆる資産を用いて出版の枠を超えた業務を担うこともあります。営業先の、さらにその先にいる顧客を想像する想像力や、情報収集力が大切なスキルです。

‌出版業界について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

さいごに

教育業界の通信・出版分野について説明してきました。

‌インターネットやスマートフォン、タブレットの普及によって、デジタル化が進んでいます。そうした中で、紙による書籍を販売する従来の出版業界が苦戦を強いられる中、出版コンテンツのデジタル化は自然な流れと言えるでしょう。通信業界をはじめとする他業種からの新規参入は、今後ますます盛んになると見込まれています。

‌就職活動に際しては、自分の行きたい企業の最新の事業内容について、事前に必ず調べておくようにしてください。

オンライン学習・教材出版分野をより深く理解するために

教育業界に属する企業それぞれの事業内容の詳細を知るためにはどうすれば良いのか。

‌おすすめなのは、実際にその企業に勤めている社会人に話を聞きに行くことです。
‌社会人の話を聞きに行くにあたっておすすめなのが、Matcher(マッチャー)。
‌Matcherは、所属大学や学年に関係なく、気になる企業の社会人に話を聞きに行くことのできる就活サービスです。現在約3500人もの社会人が、みなさんの訪問を受け付けています。

【社会人の所属企業(一部)】
‌リクルート、学研ホールディングス、ベネッセコーポレーションなど

‌興味のある企業に勤める社会人から営業の仕事やその醍醐味を聞くことは、自分のキャリアを考える上で大きな糧となるはず。ぜひ話を聞きに行き、みなさんの就活の糧にしてください。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

銀行と信用金庫の違いはどこにあるのか

はじめにみなさん就活生の中には金融業界を目指している方は多いかと思います。そんなみなさんでも意外と知らないことの一つとして、「銀行」と「信用...

2017.12.05

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2018.03.23

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて