就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
銀行の仕事内容を表す画像

就活生が知っておくべき銀行の仕事内容

多くの学生が目指す金融業界。その中でも銀行は特に人気があります。この記事では銀行の業務内容について、分かりやすく説明します。銀行で働きたいと考えている方は業界研究や企業研究に役立ててください。

2022.08.26

銀行の仕事内容を表す画像

銀行の仕事はどんなもの?

このページをご覧になってる多くの学生さんが銀行に興味を持っているかと思います。

‌しかし、実際に銀行にはどんな種類があり、どのような業務に取り組んでいるのか知っている人はどれほどいるのでしょうか?

‌ここでは
銀行の種類や仕事内容、必要とされる能力について説明します。銀行の業界に関する知識をしっかりと身につけてください。

銀行の利益の源泉、「金融」とは?

銀行の仕事について説明するためには、そもそも銀行がどのように利益を出しているのか知っていますか?

‌私たちに身近な銀行は、お金を預かってくれる場所という側面が強く、どこでお金を稼いでいるのかイメージしづらいかもしれません。銀行の利益の源泉、それは
「金融」という業務にあります。業界分析をすると、金融業界と聞くことが多くあると思いますが、まさにこの金融で収益を上げているのです。

金融業界の構造について

金融業務は、「貸し手」、「銀行」、「借り手」の三者間で成り立っているもの。

‌簡単に説明すると、まず、銀行が私たちからお金を預かります。次に、私たちから預かったお金を、融資(資金を貸し出すこと)を受けたい個人や企業などの借り手に貸し出していると。つまり、私たちが何気なく預けているお金は、銀行を通して誰かに貸し出されているのです。

‌しかし、銀行はお金を無条件に貸し出すわけではありません。銀行は借り手に返済能力があるか判断したうえで、貸した金額に上乗せして、利子をつけて返却することを借り手に求めます。銀行はお金を貸し出し、返却に上乗せされる利子によって収益を上げているのです。

‌みなさんが銀行にお金を預けて通帳に記録すると、「利子」と書いたうえで、少しお金が増えているのを見たことがあるかと思います。これは、銀行が融資によって得られた利益を貸し手である私たちに還元したものです。ちなみに、銀行にお金を預けるのは私たち個人だけではありません。企業や他の銀行もお金を預けています。


‌金融は銀行・借り手・貸し手の三者によって成り立ちます。これが理解できると、銀行の業務も自ずと見えてくるはずです。

銀行の種類とそれぞれの特徴

一言に「銀行」と言っても、その中には様々な種類のものがあり、それぞれ別の機能をしています。

ここでは、銀行の種類とそれぞれの特徴についてお伝えします。
銀行の種類

日本銀行

日本銀行については、学校で習った記憶がある方もいるのではないでしょうか?

日本における中央銀行の役割を果たす「日銀(にちぎん)」は、「物価の安定」と「金融システムの安定」という二つの目的を達成するための業務を行っています

具体的には、以下のようなことを行っています。

・銀行券(=紙幣)の発行/流通/管理
・金融機関内の資金決済サービス(=金融機関への貸し付け)
・物価を安定させるための金融施策の運営
・『政府の銀行』としてのお金に関する業務
・国際的な金融の業務

都市銀行

東京や大阪などの主要都市に支店を持つ、大手の銀行のことを『都市銀行』と言います。

日本の金融市場を活性化することを目的に行われた『金融ビックバン』の影響により、かつては13行あった都市銀行は、4行へと集約されました。

現在の都市銀行は、以下の通りです。

・三菱UFJ銀行
・みずほ銀行
・三井住友銀行
・りそな銀行

馴染みのある銀行が多いのではないでしょうか?
これらの銀行は全国各地にたくさんの支店を持っています。

都市銀行のうち『三菱UFJ銀行』『みずほ銀行』『三井住友銀行』が日本3大メガバンクと言われていることから、都市銀行とメガバンクはほぼ同義語となっています。

顧客から預金としてお金を集め、それらを企業や個人に利子付きで貸し出すことで利益を出すビジネスモデルです。

地方銀行

ある特定の地域に密着し、日本各地での経済発展を目的とした融資やローンなどのサービスを提供しているのが、『地方銀行』です。

ビジネスモデルとしては都市銀行と同様で、拠点とする地域のニーズに合わせた細かなサービスを展開しています。

横浜銀行、千葉銀行、静岡銀行など、拠点としている地域の名前を冠している銀行が多く、地方創生に取り組んでいるケースがよく見られます。

また、同じ地域に複数の地方銀行がある場合もあります。

信託銀行

金銭に限らず、個人や法人の財産の管理や運用を専門家や身近な人などの受託者に任せることを『信託』と言います。

銀行がこの受託者となり、財産の管理や運用を行う業務が信託業務です。

信託銀行では、都市銀行のような銀行業務と併せ、このような信託業務や、不動産仲介や証券代行などの併営業務を行います。

・金銭(年金など)
・有価証券(株式など)
・金銭債権(リース、クレジット債券など)
・動産(家畜や車両など)
・不動産(土地など)
・知的財産権(特許権など)

信託銀行ではお金に限らず、上述したような様々な財産を預かります。

信用金庫・信用組合

地方銀行のようにある特定の地域に密着しているのが『信用金庫』です。

地方銀行は株式会社の形式をとっているため、利益を出して株主に還元することが組織の目的となっています。
一方で、信用金庫は非営利団体であり、地域が栄えることを目的とした共同組織の金融機関です。

規模により預金と融資の対象が変わり、規模の小さい信用組合では預金と融資が特定の地域の会員のみ可能ですが、規模の大きい信用金庫では特定の地域以外の人でも預金が可能です。

インターネット専業銀行

楽天銀行やPayPay銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行をはじめとする実店舗を持たない銀行のことをインターネット専業銀行(=ネット銀行)と言います。

ネット銀行では口座の開設がインターネット上で完結し、また、現金の引き出しなどはコンビニなどの提携しているATMにて可能です。

実店舗を持たないことで固定費を抑えられるなどの理由から、他の普通銀行よりも預金金利が高く、住宅ローンをはじめとする融資金利が安い傾向があります。

キャッシュレス決済が進む中、インターネット専業銀行のニーズは高まっていますが、不正アクセスをはじめとするセキュリティ関連の問題があり、対策強化が求められています

ゆうちょ銀行

2007年10月の郵政民営化によって日本郵政公社が民主化・分社化されたことで株式会社ゆうちょ銀行が設立されました。

全国に展開する郵便局ネットワークを活用し、個人の顧客に対して金融サービスを提供しています。

他の普通銀行とは異なり、ゆうちょ銀行は郵便局内に窓口があり、また預けられる金額に上限があるなどの特性があります。

顧客としては、土日にATM利用料金がかからないことなどがメリットです。

政府系金融機関

日本の経済発展や中小企業活動支援を行うことを目的として、政府によって設立された金融機関のことを政府系金融機関と呼びます。

基本的に利益を出すことを目的とした民間の金融機関が融資を行うことが難しい分野に対しての融資を行うことが多いです。

2008年に行われた政策金融改革によって政府系金融機関の組織体系が変わり、現在では下記の5つの組織に分かれています。

・株式会社日本政策金融公庫
・株式会社国際協力銀行
・沖縄振興開発金融公庫
・株式会社日本政策投資銀行
・株式会社商工組合中央金庫

国民・中小企業・農林水産業者向けに融資を行う株式会社日本政策金融公庫、海外資源の開発や国際競争力の向上を目指した融資を行う株式会社国際協力銀行など、それぞれの組織によって専門としている分野が異なります。


銀行の4つ事業内容

銀行の仕事内容についての画像ですさて、続いて銀行の業務内容について説明してきます。銀行には主に、「貸付事業」、「預金事業」、「為替事業」、「金融商品販売事業」の4種類があります。

(1)預金事業

預金事業とは、企業や個人からお金を預かる事業のこと。

‌先ほどの金融の相関関係でいうと、「借し手」と「銀行」との間で発生する業務です。みなさんが用事があって銀行を訪れたときに、対応してくれる人たちは、預金業務を行っている人なんだと理解するとわかりやすいでしょう。

‌銀行に入行したならば、最初はこの預金業務から入る銀行が多くあるようです。しかし、主な業務の遂行者は一般職の方が多いようです。

(2)貸付事業

貸付事業は、法人に対する業務と個人に対する業務に分かれ、それぞれ高度な金融知識と営業力が必要となるのが特徴です。みなさんが銀行の総合職を志望した場合、多くの人がこの貸付業務を担当することになります。

(3)為替事業

為替業務とは、 口座の送金や小切手や手形の受け取りをお客さんに依頼されることによって行う業務。

‌身近な例としては、電気代や水道代の引き落としがあります。もし銀行が為替業務を行ってくれなければ、電力会社は電気を利用する家庭一軒一軒にあたり、料金を徴収しなければなりません。しかし、銀行が代わりに利用者から電力会社の口座に送金することで、手間をかけずに料金を徴収することができます。

‌ちなみに、これらの業務を行うものに、銀行の他にも信用金庫というものがあります。銀行と信用金庫の違いは、下記記事を参考にしてください。

  • 銀行と信用金庫の違いはどこにあるのか
  • ‌(4)金融商品の販売

    2007年12月22日に保険商品の銀行販売が全面的に解禁されてから、かつては銀行で扱うことのできなかった投資信託、損害保険、生命保険などの金融商品の販売も業務のひとつとなりました

    生活設計に関わるものを銀行で一括に管理できることが銀行で金融商品を販売する利点となっており、顧客のニーズやライフプランにあった商品の提案を行います。

    銀行では投資信託や外貨預金などのリスクが比較的低い金融商品を販売していることが特徴です。

    ‌【参考】独立行政法人国民生活センター『保険商品の銀行窓口販売の全面解禁から10年を迎えて‐新たに外貨建て保険のトラブルも-』

    ‌銀行のわかりやすい仕事内容

    就職活動をする上で、銀行に就職した時に日々どのような仕事を行うかは重要なポイントですよね。

    ここでは銀行の仕事内容を職種ごとにわかりやすくご紹介していきます。

    総合職

    銀行業界での総合職は、基本的に顧客への窓口対応ではなく営業職を担当することが多いです。

    自社の銀行を利用している顧客に対して金融商品の提案を行うことが主な仕事です。

    定期預金のプランを考えて提案したり、ライフプランにあった保険商品を案内したり、相手の人生を考えて、寄り添う仕事をします。

    全国に支社のある銀行だと転勤がある場合が多く、また、出世コースである分、高いレベルの仕事を求められる場合が多いです。

    事務職

    銀行の事務職の仕事内容は『窓口事務』と『後方事務』の2つに分けられ、前者は対面での顧客対応、後者は電話対応や書類チェック、振り込み処理などを行います。

    テラーとも呼ばれる『窓口業務』はさらに『ハイカウンター』『ローカウンター』『融資・外為窓口』の3つの仕事に細分化できます。

    ハイカウンター:預金口座の新規作成、普通預金の出入金対応など
    ローカウンター:資金運用プランの相談・提案
    融資・外為窓口:ローンなどの融資の相談・手続きなど

    基本的に銀行の制服を着て業務を行うことの多い職種です。

    資産運用アドバイザー

    既存の顧客への訪問を中心とし、資産運用のコンサルティングを行うのが資産運用アドバイザーの仕事です。

    個人顧客に対しては、支出と収入を鑑みた上で、どのような金融商品を買うことで利益を得られるのかというアドバイスを行います

    法人顧客に対しては、M&A案件における金融面でのアドバイスなど、企業財務に関するアドバイスを行います。

    銀行や証券会社において資産運用アドバイザーの経験を積んだのちに独立し、IFA(独立系資金運用アドバイザー)になることも可能です。

    銀行の年収、将来性は?

    今後の人生を考えると、年収や業界の将来性は気になるところですよね。

    ここでは銀行業界の現状と将来性や、銀行業界における大手企業などについてご紹介していきます。

    コロナの影響は?銀行業界の現状と将来性

    バブル崩壊後のメインバンクの再編成、金融商品販売の規制緩和、ネットバンキングなど新たなサービスの登場などにより、銀行業界はここ数十年で大きく変化してきました。

    業界内で多様なサービスが次々と生まれているため、競争が激しくなっています。

    世界情勢が不安定であり、また、コロナの影響もあって経済的に不安定な状況において、銀行の果たさなければならない役割が大きくなっています。

    2021年度の業界別の4大シェアは以下の通りです。

    ・地方銀行 40.51
    ・信用金庫 23.39
    ・都市銀行 19.54
    ・第二地方銀行 9.67

    2021年度における都市銀行のシェアの低下幅は2009年度以来過去最大で、全国的に拠点統廃合や撤退を進める都市銀行のシェアを地方銀行などの地域金融機関が侵食しています。

    一方で、ネット銀行のシェアは0.14%と小さいながらも、2009年度の0.01%から14倍という急成長を遂げています。

    銀行業界全体としては、金融サービスとITテクノロジーを融合するFinTechの活用やデジタル化を行い、競争力を高め、国内だけではなく海外への進出も視野に入れたビジネスを行うことが重要になっていると言えるでしょう。

    どこが大手?メインバンク調査結果

    銀行業界を知るためには、大手の会社を知ることも重要です。

    こちらは、2021年度のメインバンク調査結果です。

    1.三菱UFJ 96,511社 シェア6.64%(▲0.10)
    2.三井住友  77,437社 シェア5.33% (▲0.08)
    3.みずほ 62,291社 シェア4.28% (▲0.06)
    4.りそな 30,469社 シェア2.10% (+0.01)
    5.北洋 23,895 シェア1.64% (▲0.03)
    6.福岡 21,871 シェア1.50%(+0.01)
    7.千葉 21,124 シェア1.45% (±0.0)
    8.⻄⽇本シティ 20,563 シェア1.41% (±0.00)
    9.第四北越 17,993 シェア1.24%(新)
    10.埼玉りそな 17,418 シェア1.20%(+0.01)

    全国にある金融機関のなかで社数が最も多いのは13年連続で三菱UFJ銀行です。

    3大メガバンクと呼ばれる『三菱UFJ銀行』『三井住友銀行』『みずほ銀行』の社数、全国シェアの減少は続いており、なかでも『三菱UFJ銀行』は全国シェアの低下幅が金融機関のなかで最大となっています。

    他方で、第四銀行と北越銀行が経営統合して発足した「第四北越銀行」が北陸4県に拠点を置く地方銀行として初めて上位 10 行入りするなど、地方銀行のシェアは総じて拡大傾向にあります。

    やっぱり知りたい。3大メガバンクの平均年収

    銀行員の年収は高いという印象を持っている方もいるのではないでしょうか。

    そこで、3大メガバンクの平均年収を調べてみました。
    三菱UFJ銀行 2022年3月期 平均年間給与:771万円

    三井住友銀行 2022年3月期 平均年間給与:826.9万円

    みずほ銀行 2022年3月期 平均年間給与:769.5万円

    金融保険・不動産業界の平均年間給与が436万円であることと比較すると、倍以上もの給与となっていることが分かります。

    仕事のモチベーションにもなる給与は、働きたい企業を選ぶ上で重要なポイントですよね。

    気になる企業があったら、有価証券報告書を見て社員の平均年間給与を調べてみるのもよいかもしれません。

    銀行員になる方法

    銀行で働くためには何をするべきなのでしょうか?

    ここでは銀行員になるための方法をご紹介します。

    銀行各社の採用試験を受験する

    気になる銀行があったら、そこの採用試験を受験しましょう。
    採用試験に合格すれば、銀行員になれます

    大卒者向けに新卒採用を行っている企業がほとんどです。

    3大メガバンクを始めとする多くの企業は、1dayインターンシップを開催していることも多いです。

    どのような企業なのかを知るためにも、応募してみるとよいかもしれません。

    資格は必要なし

    金融商品を取り扱ったり、金銭に関わる仕事をするとなると、何か特別な資格が必要なのではないかと不安になる方もいるのではないでしょうか。

    基本的に、銀行員になるために必要な資格はありません

    一方で、金融系の資格である『ファイナンシャルプランナー』『証券アナリスト』『中小企業診断士』などの取得は選考に有利になる可能性は高いです。

    入社後に勉強し、上述したような資格を受験する人も多いようなので、資格取得にこだわる必要はあまりないと言えるでしょう。

    銀行が求める人物像とは

    エントリーシートを書く際は、銀行が求める人物像に近しいエピソードを書けるように用意しておく必要があります。

    それでは、銀行が求める人物像はどのようなものなのでしょうか?

    以下では銀行員の業務内容をもとに、銀行が求める人物像をご紹介していきます。
    銀行の求める人物像

    コミュニケーション能力が高い

    信頼できなさそうな人物に対して大切なお金を預けようとは思えないですよね。

    顧客との会話の中で信頼感を見せたり、この人にならお金を預けられると思わせられるようなコミュニケーション能力の高さが必要です。

    課題発見能力がある

    金融商品の販売などを行う銀行員は、顧客の抱える課題が何かを発見し、提案する力が必要になります。

    それぞれのニーズに合わせた提案をすることが、顧客の満足度を高めるための重要な要素です。

    対応力がある

    銀行員は、社会経済や顧客の経営状況を考慮した上で、その時々に行うべき対応を取らなくてはなりません。

    生活への影響度が高い金銭の取り扱いを行う業務のため、「倒産しそう」「破産しそう」などの状況に対しても冷静に対処する力が求められます。

    英語力がある

    特にメガバンクなどでは、グローバル化の影響を受けて英語力が求められる場合があります。

    例えば三菱UFJ銀行総合職採用での『グローバル』という職種の応募資格に以下のものがあります。

    ①日本語力・英語力ともにネイティブレベル
    (TOEICを語学の基準としないが、900点以上が望ましい)
    ②本邦以外での在住歴(連続4年以上の滞在経験を目途)
    ‌【参考】三菱UFJ銀行『募集概要』

    海外も視野に入れた仕事がしたい場合は、英語力を鍛える必要があります。

    金融に関する知識が豊富

    資産運用や保険など、金融に関する知識があれば、銀行業界で活躍するための準備ができている印象を与えることができます。

    興味のある方は金融に関する資格などに挑戦してみましょう。

    銀行員として活躍するには

    晴れて志望する銀行業界に入社しても、その後の業務にやる気が出なければ、せっかく興味ある業界に入ったのにもったいないですよね。

    ここでは銀行員になったあとに何を目標とすることができるのかをご紹介します。

    管理職を目指す

    通常、新卒採用の総合職で入社した銀行員はまず法人営業部に配属されることが多いです。

    それから3年ほどで企画部や審査部の部署に異動となり、幅広い経験を積むことができます。

    様々な業務を経験することによって全社的な視野や経営的な視座を身に着けることができ、将来的には管理職を担えるような人材となることが可能です。

    スペシャリストを目指す

    資金運用アドバイザーなどの職種では、金融運用に特化したスペシャリストを目指すこともできます。

    銀行に勤めながら金融に関する知識を養い、経験を積み、ファイナンシャルアドバイザーやM&Aアドバイザーとして独立することも可能です。

    「新しい知識を知ることが好き」「toCの仕事をずっとしていたい」という方は、自分の持つ知識を生かして顧客のニーズに応えるプロを目指してみてもよいかもしれません。

    Matcherに登録して就活対策をしよう

    Matcherに登録してくれた方全員にガクチカ&自己PR長所&短所志望動機の作成マニュアル3点セットをプレゼントします。大手難関企業内定者のESをもとに、選考突破のノウハウを分かりやすく解説。ES・面接対策を力強くアシストします。

    ‌‌※Matcherご登録後、登録確認メールの添付ファイルにてお送りいたします。

    Matcherとは‌..

    ‌‌OB訪問機能とスカウト機能を兼ね備えた就活プラットフォーム。所属大学に関係なくOB訪問を行えるほか、プロフィールを充実させるだけでスカウトをもらうことができます。就活対策にご利用ください。
    Matcherに登録する(無料)































    この記事を読んだ人が読んでいる記事

    銀行と信用金庫の違いはどこにあるのか

    銀行と信用金庫の違いは?就活生の中から根強い人気を誇る金融業界。みなさんは「銀行」と「信用金庫」の違いを正しく認識しているでしょうか?

    2019.02.08

    ピックアップ記事

    大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

    大学・学年関係なく、
    OB訪問をしたいならMatcher!

    気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
    志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

    ●カテゴリー一覧

    ●Matcher Dictionaryについて