就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
不動産業界とは何か、仕事内容を示す図です。

不動産業界とは?-3分野の仕事内容を理解しよう

賃貸、都市開発など業務が多岐にわたる不動産業界。この記事では不動産業界での多様な仕事内容についてお教えします。ぜひ、業界研究や企業研究に役立ててみてください。

2018.07.10

不動産業界とは何か、仕事内容を示す図です。

【不動産業界 目次】

第1章
‌不動産業界とは?-3分野の仕事内容を理解しよう←Now

‌第2章
第3章

‌第4章

‌第5章

はじめに

みなさんは、不動産業界と聞いて何を思い浮かべますか?都市開発をしている会社を想像する人がいれば、物件を紹介してくれる会社を想像する人もいるでしょう。

不動産業界は土地と建物を扱う企業すべてが属するもの。ひとくちに「不動産業界」と言っても、その仕事は多岐に渡ります。しかし、多岐に渡るとは言え、不動産業界の事業者は、いくつかの種類に分類分けすること可能です。

この記事では不動産業界を「開発」、「流通」、「管理」の3分野に分けて解説します。この記事を読めば、複雑でわかりづらかった不動産業界の仕組みが理解できるはず。ぜひ最後まで読んで、業界に対する理解を深めてください。

そもそも「不動産」とは?

不動産業界の仕事について説明する前に、前提となる「不動産」の定義をしておきましょう。そもそも「不動産」とは何を指す言葉なのでしょうか?

不動産とは、土地とその土地の定着物のことを指します。定着物というのは簡単にいうと建物のこと。つまり不動産業界とは、土地とその土地に存在する建物を扱う業界なのです。

‌土地や建物に関わると言うと、建物を建てるイメージばかりが先行してしまうでしょう。しかし、不動産業界の仕事は決してそれだけではありません。冒頭でも述べた通り、不動産業界は以下の3つの分野に分けることができます。

‌①不動産を開発する仕事

‌(例:マンションを建てる土地を取得し、どんなマンションを建てるか企画)

‌②不動産の流通に関わる仕事

‌(例:マンションを探している人に物件を紹介し、販売)

‌③不動産の管理を行う仕事

(例:入居者が快適に住めるよう、物件のメンテナンスを実行)
不動産業界の仕事内容のイメージ図
以下では、それぞれの仕事について詳しく解説していきます。

①不動産を開発する仕事

まずは、不動産を開発する仕事です。

‌不動産の開発のメインの仕事は、マンションや商業施設、オフィスビルなどを建てること。「建てる仕事」と聞くと、建築士の資格取得、建築科といった理系の仕事のようにイメージされる方も多いでしょう。しかし、不動産開発の仕事は理系でなければ就けない仕事ではありません。

不動産の開発とは、テレビ番組の制作のプロデューサーにあたる仕事。つまり、どのような建物を建てたいのかを企画することを仕事としているのです。

‌企画は、土地を仕入れることから始まります。金融機関や後に解説する不動産流通会社からたくさんの情報を収集。その土地にはどのようなモノが適しているのかを検討します。マンション、オフィスビルや商業施設など様々な施設を考慮した結果、土地を持っている人に土地を使わせてもらえないか交渉しに行きます。交渉がまとまり次第、設計図作成や建設の業務を他の専門業者に委託し、実際に建物が完成するのです。

特に不動産開発を専門的に行なっている企業をデべロッパーと呼びます。デベロッパーの主な収益源は、建築した建物の売却建物利用に際するテナント料です。

不動産の開発を手がける代表的な企業(デベロッパー)

三井不動産、東急不動産、野村不動産、阪急不動産、東京建物など

②不動産の流通に関わる仕事

次に説明するのは、不動産の流通に関わる仕事。不動産オーナーと顧客を結ぶ仕事をしています。

‌不動産流通には、不動産仲介不動産販売代理事業の2つの事業に分けることができます。

‌それでは、それぞれ見ていきましょう。

不動産仲介事業

不動産仲介は不動産オーナーと利用者を仲介する際の手数料で収益を挙げる流通事業。不動仲介の業務では、不動産の持ち主の「売りたい、貸したい」という要望と個人・法人の「買いたい、借りたい」といった双方の要望を引き受けます。そして双方の間に立ちそれぞれの要望を繋げる役割を担っているのです。

また、不動産の持ち主の情報が集まることから、土地を買いたいデベロッパーへの情報提供をすることもあります。

不動産販売代理

不動産仲介事業では、不動産の提供側と不動産の利用側、双方から手数料が発生します。しかし、不動産販売代理事業では、売主への手数料しか発生しません。
具体的には、不動産の持ち主から販売を完全に委託され、お客様に届けるための広告活動や販売といった営業活動を担います。売主の販売要望に答えるのが販売代理であるため、売主への手数料は発生しますが、買主への手数料は発生しないのです。

不動産の流通を手がける代表的な企業

三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、アパマンショップ

‌③不動産の管理を行う仕事

最後に説明するのが、不動産の管理を行う仕事。ビルや商業施設、住宅などが効率よく活用されるためのサポートを行います。
建物の設備管理やテナント誘致、賃料回収やトラブルの対応など、不動産の持ち主だけではこれを行うのには相当な労力がかかります。それを持ち主の代わりに担うのが不動産管理会社です。

‌また、不動産会社保有の建物だけでなく、公共施設の管理運営を担っている企業もあります。気になる人はぜひ調べてみてください。

不動産の管理を手がける代表的な企業

三井不動産レジデンシャルサービス、東急コミュニティー、株式会社レジデンシャルサービス

さいごに

不動産業界の仕事を、「開発」、「流通」、「管理」に分けて説明してきました。みなさんの不動産業界に対する理解が少しでも深めっていれば幸いです。

記事を通して説明してきた通り、不動産業界の事業は多岐に渡ります。自分が不動産のどこに携わりたいのか、しっかりイメージをもって就活に臨んでください。

もっと深く不動産業界のことを知ろう

不動産業界の社会人に話を聞くのにおすすめなのが、OB・OG訪問のマッチングサービス、Matcher(マッチャー)

‌Matcherでは、所属大学や学年に関係なく、不動産業界で働く社会人に会いに行き、仕事について聞くことができます。
【‌社会人の所属企業一覧(一部)】
‌三菱地所、住友不動産、野村不動産、三井不動産リアルティ、東急不動産、大京アステージ、東急リバブル、新日鉄興和不動産など

‌見返りなく社会人が相談にのってくれるのは大学生のときだけ。ぜひ話を聞きに行き、みなさんの将来を考えるきっかけにしてください。
社会人に会いに行く

この記事を読んだ人が読んでいる記事

銀行と信用金庫の違いはどこにあるのか

はじめにみなさん就活生の中には金融業界を目指している方は多いかと思います。そんなみなさんでも意外と知らないことの一つとして、「銀行」と「信用...

2017.12.05

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2018.03.23

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて