就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
商社の仕事内容について説明した図です。

【業界研究】商社とは何か-知っておくべき事業と仕事内容

学生から絶大な人気を誇る商社。この記事では、そもそも商社とは何なのか、ビジネスモデル(トレーディングと事業投資)の解説を通して説明します。グローバルな印象ばかりが先行しがちな商社の仕事。ぜひ読んで、商社への理解を深めてください。

2018.04.13

商社の仕事内容について説明した図です。

【商社 目次】

第1章
‌【業界研究】商社とは何か-知っておくべき事業と仕事内容←Now


‌第2章
第3章
第4章
第5章

商社についての理解を深めるために

みなさんは「商社」と聞いたときに、どのようなことをイメージしますでしょうか。

‌世界に股をかけて仕事ができるというイメージを持っている人もいれば、「モノを右から左に動かすだけ」というイメージを持っている人もいるでしょう。

‌この記事のテーマは、そもそも商社とは何なのか。商社は事業領域が広いがゆえに、何をしているのかがわかりにくい業界です。

‌この記事では、商社の種類や、手がけている事業について分かりやすくお伝えします。ぜひ最後まで読んで、商社に対する理解を深めてください。

商社の伝統的な事業、「トレーディング」

トレーディングとは?

商社のトレード事業を説明する図。‌商社の伝統的で基本的なビジネスモデルといえるのが、トレーディングです。商社は販売チャネルと情報・物流ネットワークをグローバルに展開させることから始まり、一貫した取引の流れを構築します。
トレーディングは、商社が担う大きな役割。仲介業者として、売り手の販売機会の拡大、そして買い手のニーズを満たす調達双方を可能にします。

‌迫られる「バリューチェーン」‌の構築

先述の通り、商社は本来、海外からの輸入や国内メーカーから仕入れたモノを輸出、国内小売業への販売、貿易、仲介、物流といったトレーディングを行います。しかし、近年ではメーカーが自社で原料や製品の調達、売買を行うようになり、商社を経由せずに直接取引を行う企業が増えてきました。このままでは、商社が「売り手」と「買い手」を仲介する価値がなくなってしまいます。

‌そこで求められるのが、「バリューチェーン」。バリューチェーンとは、原料調達から加工、製造、流通販売、アフターサービスといった一連の事業活動に価値の連鎖を見出すものです。

‌噛み砕いて述べると、商社を介したからこそ提供できる付加価値をつけなければならないという考え方です。現在、多くの商社がバリューチェーンの構築に取り組んでいます。以下では、商社の金属資源トレーディングの事例を紹介します。

商社の金属資源トレーディング‌

商社のバリューチェーンと事業投資‌ある大手総合商社Aでは、石炭、鉄鉱石、銅、アルミ、ニッケル、貴金属などのトレーディング事業を、シンガポールを中心に展開しています。
この商社のバリューチェーンでは、海外から資源を調達し、子会社等に製造から加工までを施し、他メーカーへの販売まで行なっています。

‌ただ単に原料を調達して買い手に横流しをするのではなく、「原料加工」や「部品製造」というかたちで付加価値をつけて、安定供給をしているのです。商社は、モノの生産や流通プロセスに介在する役割に留まらず、価値創造の主体へと変化してきていると言えるでしょう。

‌商社のもう1つのメイン事業、「事業投資」とは?

バリューチェーン構築のための事業投資

‌先述の通り、商社はただ物流の機能を持つだけでなく、バリューチェーンを構築して扱う製品・サービスに付加価値をつけていきます。

‌このバリューチェーンを構築するのにあたって欠かせないのが、事業投資です。

‌バリューチェーン構築に価値のある企業に対し、人材、資金、情報、経営ノウハウ、資材調達力などの経営資源(総合力)を投入。長期的に事業経営をサポートすることによって出資先企業の価値を向上させます。それによって商社自身のバリューチェーンの価値が向上し、収益を最大化することができるのです。

‌事業投資の例~商社とコンビニエンスストア~

商社の事業投資とトレーディング‌ここでは事業投資の例として、商社によるコンビニエンスストア事業への投資について解説します。

ある総合商社Bは、大手コンビニエンスストアの株式総数の30%を取得し小売事業経営の参入を行なっています。

‌日用品や食品がコンビニエンスストアの店頭に並ぶまでには、日用品や食品を作るのに必要な原料を調達し、それらを加工する必要があります。当たり前ですが、商品以前に店舗がなければなりませんし、店舗を運営するための在庫管理のシステムも必要です。

商社Bは、上記のようなコンビニエンスストアの運営に必要な資産を保有しています。これらの資産を事業に投入することで、コンビニエンスストアの企業価値を向上させることができます。業績が上がることで、そこに出資している商社Bの価値も向上。さらに、自社のバリューチェーンに組み込まれている食品加工会社や日用品の素材メーカーも収益を上げることができます。事業投資によって、幾重もの相乗効果を発揮することができるのです。

商社の種類を理解しよう

商社の仕事について理解できたところで、商社の2つの種類について見ていきましょう。商社は「総合商社」と専門商社の2つに分けることができます。以下がそれぞれの詳細です。

‌総合商社

総合商社は多種多様な事業を扱い、トレーディングと事業投資をコアにビジネスをしています。総合商社の特徴ともいえる、調達、生産、加工流通、販売までの川上から川下までのバリューチェーンを構築させます。

総合商社の代表的な企業一覧

‌三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅、伊藤忠商事、豊田通商、双日

‌専門商社‌

専門商社とは売上比率の50%以上が特定の商品である商社のこと。「繊維商社」や「食品商社」、「鉄鋼商社」など、特定の事業分野に特化していることが特徴です。

専門商社の代表的な企業一覧

三菱食品、豊島、伊藤忠丸紅鉄鋼、メタルワン、三菱アルミニウム、三井物産プラスチック

さいごに

商社とは何なのか、「トレーディング」と「事業投資」の2つの観点から説明してきました。漠然とした商社のイメージがクリアになっていたら幸いです。ただなんとなくのイメージで商社を目指すのでは、商社の厳しい選考を突破することはできません。事業についての理解を深め、商社で何をしたいのかクリアにイメージできるようにしておきましょう。

‌次の記事のテーマは、総合商社と専門商社の違い。それぞれが担っている役割と、強み・弱みを説明します。ぜひ自分がやりたい仕事がどちらでできるかという観点で読んでみてください。

商社の仕事についてもっと深く知るために

‌商社の仕事内容について解説をしてきました。記事を読むことで、総合商社の仕事内容の概要は分かっていただけたのではないかと思います。ですが、現場にある仕事の重み感動辛いこと苦しみはこの記事で伝えることができません。なぜなら、商社の現場のリアルは、そこで働く人にしか伝えられないものだから。このような課題を解決するのが、OB訪問のマッチングサービス、Matcher(マッチャー)です。

‌Matcherは、所属大学や学年に関係なく、社会人に仕事の話を聞きに行くことができるサービス。総合商社で働く社会人に会いに行き、仕事について聞くことも可能です。現在、総合商社・専門商社問わず、商社に勤める社会人が沢山就活相談にのってくださっています。

‌【社会人の所属企業一覧(一部)】
‌三菱商事、三井物産、丸紅、伊藤忠商事、住友商事、双日、豊田通商、伊藤忠丸紅鉄鋼、日鉄住金物産など
損得感情を抜きに社会人に会うことは、学生だからできること。ぜひ話を聞きに行き、みなさんの将来を考えるきっかけにしてください。

社会人に会いに行く(無料)

この記事を読んだ人が読んでいる記事

銀行と信用金庫の違いはどこにあるのか

はじめにみなさん就活生の中には金融業界を目指している方は多いかと思います。そんなみなさんでも意外と知らないことの一つとして、「銀行」と「信用...

2017.12.05

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2018.03.23

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて