就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
営業職の仕事を説明する図です。

就活生が知っておくべき営業職の種類と仕事内容

みなさんは営業職と聞くと、どのような仕事を思い浮かべますか?意外と知られていない営業職の仕事内容について分かりやすくお教えします。イメージだけで判断されがちな営業職。多岐にわたる業務を理解して、今後の就活に役立ててください。

2019.02.08

営業職の仕事を説明する図です。

営業にも種類がある

新卒で入社した人の多くが就くであろう営業職。みなさんはどういったイメージを持っていますでしょうか?

「飛び込み営業がしんどそう。。」
「お客さんと信頼関係が築けて楽しそう!」

各々持っているイメージがあるかと思いますが、ひとくちに営業職といっても様々な種類がありますし、形態もそれぞれ異なります。ここでは、いくつかの業界の事例を交えながら営業職の仕事について説明します。それぞれの仕事内容を知って、営業職への理解を深めてください!

法人営業

一つ目の種類は、ルートセールスとも言われる法人営業です。法人営業では、その名の通り、法人に対して自分たちの扱う製品の提案をします。法人営業の中にも役割があり、新規のクライアントを獲得するための営業(新規開拓)とクライアントのフォローアップや打ち合わせ行う営業に分けることができます。

ホテルの営業の仕事内容(新規開拓)

ホテルは華やかな職場で営業とは無縁のイメージがあるかもしれませんが、他の会社のように営業職があります。ホテルの営業職の仕事、とりわけ新規開拓の仕事では、旅行会社に対して、旅行のプランに自分のホテルの宿泊を組み込むことを提案したり、見込み客のビジネスマンが多い会社に、主張の際に自分のホテルを利用してもらえるよう提案します。

広告代理店の営業の仕事内容(フォローアップ)

広告代理店の仕事は、法人であるクライアントの売りたい商品についてヒアリングを行い、最適なプランを提案することです。広告代理店というとクリエイティブな印象が先にたちますが、営業職も存在します。大半が営業職と言って良いかもしれません。広告代理店の営業職は、クライアントとの日程調整や打ち合わせなどのフォローアップを中心に行います。ものをひたすら売るのが営業だと思われがちですが、このように企業への窓口となって対応するのも営業の役割なのです。

一般営業(訪問販売)

営業職を説明するための画像です続いては一般営業です。一般営業は法人営業と異なり、個人に対して営業活動を行います。住宅販売や、金融商品の訪問販売などがこれに当たります。成果に応じて報酬が変動する実績主義の会社が多く、実力のある人は高い報酬を得られる傾向が有ります。一方で厳しい競争が伴うので、離職率が高い会社も散見されます。

不動産業界(住宅販売)の営業の仕事内容

住宅販売の営業は、一戸建てやマンションなどの住宅を探している人に、最適なものを提案し、販売することが仕事です。お客さんにとっては一生に一度の大きな買い物のため、販売する難易度は非常に高いです。だからこそ、物件の良し悪しもさることながら、人としていかに信頼できるかが大きなカギとなります。

MR(医薬情報担当者)

今度の営業職はあまり馴染みがないかもしれません。MRと呼ばれる職種で、製薬会社の営業職と言われています。医薬品に関する高度な専門知識が必要で、それらの情報を正確に医師に伝えることが求められます。一方情報を伝えるだけでは不十分で、製薬会社でつくる薬を販売し、利益に貢献することも求められます。

営業職についてよくわかる本

営業職に関する本を紹介しています最後に、営業職についてよくわかる本を2冊ご紹介します!

知識ゼロからの営業入門

一つ目は、知識ゼロからの営業入門です!

‌営業という仕事の成長は、すべて「お客様とあなたとの間にある」。まず、営業の第一歩は「アポイント」を取ること。アポ取りの電話が憂鬱で仕方がないときや、お客様から罵倒されたり、ガチャ切りされてしまったらどうすればよいのか。営業結果を出したければ、1人でも多くのお客様に1回でも多く会うこと。チェックリストで今のあなたの営業力がわかる!わかりやすく、すべてのビジネスパーソン必読の一冊。 出典:amazon

「営業の仕事」についてきれいごと抜きでお話しします

2冊目は、プレデンシャル生命の営業マンが書いた、「営業の仕事」についてきれいごと抜きでお話しします: 「売るテクニック」よりも大事なことです!

‌「売るテクニック」よりも大事なこと。そのサブタイトルに偽りなしの素晴らしい内容で営業に携わる私にとってとても参考になりました。この類いのビジネス本はその業界でしか通用しないような偏った内容になる傾向が少なくありませんがこの本にはどの業界でも通用する原理原則が込められています。 出典amazon

営業という仕事をより深く理解するために

‌‌営業の仕事内容について説明してきました。「営業職」といっても仕事内容は様々。自分の行きたい会社の営業職がどんな仕事内容なのか、選考を受ける前に必ず知っておくようにしてください。

‌企業それぞれの営業の仕事内容を知るためにはどうすれば良いのか。おすすめなのは、実際にその企業に勤めている社会人に話を聞きに行くことです。

‌社会人の話を聞きに行くにあたっておすすめなのが、Matcher(マッチャー)。Matcherは、所属大学や学年に関係なく、気になる企業の社会人に話を聞きに行くことのできる就活サービスです。現在約10000人もの社会人が、みなさんの訪問を受け付けています。

‌興味のある企業に勤める社会人から営業の仕事やその醍醐味を聞くことは、自分のキャリアを考える上で大きな糧となるはず。ぜひ話を聞きに行き、みなさんの就活の糧にしてください。
社会人に会いに行く(無料)

この記事を読んだ人が読んでいる記事

銀行と信用金庫の違いはどこにあるのか

銀行と信用金庫の違いは?就活生の中から根強い人気を誇る金融業界。みなさんは「銀行」と「信用金庫」の違いを正しく認識しているでしょうか?

2019.02.08

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2019.02.08

2020卒のOB訪問の時期はいつからいつまで?

OB訪問の時期はいつ?みなさんはOB訪問をいつから始める予定ですか?就職活動の本選考の前からするべきだとは分かっていても、どの時期にすべきな...

2019.02.12

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて