就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
履歴書の長所の欄に記入しているところです。

人事の納得感を引き出す履歴書「長所」の書き方(新卒)

履歴書を書く上で誰もが不安に感じる「長所」の書き方。みなさんは自身の長所を正しく認識し、伝えることができていますか?この記事では、人事の心をグッと掴む履歴書「長所」の書き方について紹介します。

2019.02.07

履歴書の長所の欄に記入しているところです。

履歴書に魅力的な長所を書くために

‌就活を進める上で避けては通れない履歴書作成。みなさんは履歴書の書き方について、正確な理解ができていますでしょうか?履歴書では指定された少ないスペースの中で自分をPRしなければなりません。特に自分自身のパーソナリティを伝えるのに頭を悩ます人は少なくないでしょう。

この記事では、採用担当者を惹きつける履歴書の長所の書き方についてご紹介します。印象に残らないありふれた回答にならないよう、書き方のポイントを押さえてください。

企業が履歴書提出を求める理由

履歴書に書く長所のポイントを説明する前に、そもそも選考で履歴書の提出を求められる理由をお伝えします。企業が履歴書提出を求める理由は、以下の2つです。

(1)社会人としての基本的な素養を確かめるため

「履歴書はささっと提出し、選考を通じて自分の魅力を知ってもらおう!」

上記のように考え、履歴書を適当に仕上げてしまう人は少なくありません。しかし、これは大きな誤り。なぜなら、面接等の選考が始まる前に、あなたの印象は決まっているからです。

‌面接官は事前に履歴書の情報を把握した上で応募者を迎えます。写真と文字のみの情報ですが、応募者の「社会人としての素養」は伝わるもの。誤字脱字や汚れは、細かい気配りができないとのマイナスな印象を与えます。一方簡潔で分かりやすい文章が書ければ、コミュニケーション能力を評価してもらえるでしょう。

‌履歴書はいわば、みなさん自身を映し出す鏡。良い印象を持ってもらえるよう、履歴書の基本的なルールを守り、丁寧に書きましょう。

(2)選考をする上で欠かせない情報を把握するため

「履歴書は初期選考でしか使われない!」

‌上記のように考えている人がいるかもしれませんが、これは大きな勘違い。履歴書は最終選考、そして内定後の配属先の決定まで用いられます。なぜなら履歴書では、選考をする上で重要な情報が網羅されているから

‌履歴書には志望動機や自己PR、個人の基本情報など、選考をする上で必要な情報が簡潔にまとめられています。選考の合否を決める上で応募者の情報を最も効率よく詰め込んだ書類と言っても良いでしょう。

‌履歴書は、選考の合否を直接的に決め得るもの。履歴書を適当に書き、不採用になることがないよう対策してください。

企業が履歴書の長所を通して確かめていること

企業が履歴書の提出を求める理由が分かったところで、企業が長所を通して見ているポイントについて説明します。企業が長所を聞くことで確かめたいのは、以下の2点です。

(1)「自己理解」ができているか

長所を聞く企業側の意図の1つは、自己理解ができているか。つまり、自分の強みを正しく認識し、それを言語化できているかを評価軸としています。

‌長所を簡潔に伝えることができれば、みなさんが活躍するイメージを簡単に想起できるようになり、選考に進んでもらいたいと思ってもらえるでしょう。

(2)求める人物像とマッチしているか

新卒採用では、今まで仕事をした経験がない人を採用することになります。従って、みなさんの業務上のスキルや、適性のある職種をすぐ判断することができません。そこで適性を知るのに用いられるのが、みなさんの経験したことと、そこから得られた長所

‌みなさんの長所から、どんな仕事を任せられそうか、採用したい人物要件と合致しているのか見極めます。例えば、営業職を募集しているのに、事務処理能力の早さが最大の強みという学生がいても、魅力を感じてもらえる可能性は低いかもしれません。履歴書で伝える長所が、求める人物像の要素と一致するように意識すると良いでしょう。

履歴書の長所を魅力的に伝えるための3つの秘訣

履歴書の長所を効果的に見せるためのポイントを紹介しています
履歴書に書く長所を通して見ているポイントをお伝えしてきました。ここからは本題。履歴書で、みなさんの長所をより魅力的に伝える秘訣を説明します。

(1)長所に自分なりのエピソードを紐づける

長所をアピールする際は、その長所が発揮された根拠を示しましょう。
例えば、いきなり「私の強みはリーダーシップです」と言われても説得力がありません。しかし「私の強みは、野球部の主将として立場の異なる部員60人の意志を統率した経験から培ったリーダーシップです」と伝えれば、その人なりの経験を根拠とした長所として伝わるでしょう。

‌このとき意識したいのが、強みからエピソードを探すのでなく、「エピソード」から強みを見出すこと。就活生によく見られるのが自分の強みに捉われるあまり、エピソードを捏造してしまうケース。仮に履歴書の選考を通過しても、面接では通用しません。エピソードをじっくり振り返り、その中で培ってきた強みをアピールする方が説得力のある長所をアピールできるはずです。

(2)長所を自分の言葉で表現する

就活生に多いのが、「リーダーシップ」「行動力」のようにありきたりの言葉で長所を表現してしまうこと。採用側はこうしたありきたりの長所を嫌というほど見てきています。
自分ならではの具体的な表現をすることで、他の学生と差別化し、自分だけの強みとしてアピールすることができます。

‌例えばこちら。
Aさん「私の強みはリーダーシップです。」
Bさん「私の強みは、人の悩みや不安を汲み取り、プラスの感情に転換させることです。」

どちらに「その人らしさ」を感じるでしょうか?リーダーシップを自分なりの定義で言い換えることで、その人が熱を注いだ経験や人となりを表現することができるのです。もちろん、誇張がすぎる表現は良くないですが、自分なりの言葉で表現することで、長所をより魅力的に伝えることができるはずです。

‌(3)企業の求める人物像を意識する

前章で触れたように、企業は学生の長所が自社で採用したい人材像とフィットしているかをかなり重視します。そのため、その業界研究や企業研究を進める中で、「どんな学生が必要とされているか」自分なりの仮説を持つと良いでしょう。

‌その人物像に合わせたアピールポイントがあれば、選考を受ける上で非常に有効です。そのためにも、自身の長所とそのエピソードについて複数のパターンを用意しておくと良いでしょう。

履歴書に書く長所の例文

ここ今まで説明してきたことを踏まえ、履歴書に書く長所の例文を紹介します。みなさんが履歴書を書く際に参考になれば幸いです。

‌私の強みは「人の悩みや不安を汲み取り、プラスの感情に転換させる」リーダーシップです。大学の野球部では主将として、60人の異なる部員それぞれの悩みに向き合ってきました。各々の部員が何を求めているのか考え、それに対して適切に声をかけることで意志の疎通をはかりました。その結果、3年間退部者を出さずに、チームを運営することができました。

Matcherに登録してES対策をしよう

Matcherに登録してくれた方全員にガクチカ&自己PR長所&短所志望動機の作成マニュアル3点セットをプレゼントします。大手難関企業内定者のESをもとに、選考突破のノウハウを分かりやすく解説。ES・面接対策を力強くアシストします。

‌‌※Matcherご登録後、登録確認メールの添付ファイルにてお送りいたします。

Matcherとは‌..

‌‌OB訪問機能とスカウト機能を兼ね備えた就活プラットフォーム。所属大学に関係なくOB訪問を行えるほか、プロフィールを充実させるだけでスカウトをもらうことができます。就活対策にご利用ください。
Matcherに登録する(無料)

Matcher-OB/OG訪問の新しい形

Ogp imgMatcher(マッチャー)は、社会人の「就活相談にのるので、◯◯してくれませんか?」というお願いを叶えることで、大学の先輩以外の人にも気軽にOB/OG訪問ができるソーシャルマッチングサービスです。大企業・ベンチャー問わず、たくさんのOB/OGが絶賛登録中!従来のOB訪問とは異なり、形式ばった電話や、メールでのアポイントメントは必要ありません。気になる企業の気になる人に、ワンクリックでOB訪問の申し込みができ、その後はサイト内のチャットでスムーズにやり取りすることができます。

ぜひMatcherを使って、学生である"今"しかできない、社会人との出会い方をしませんか?

この記事を読んだ人が読んでいる記事

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2019.07.19

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて