就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
地球儀を持つ男性の写真です。

自己PRや長所で「好奇心」をアピールするときのポイント

自己PRや長所を問われた際によく挙げられる好奇心。この記事では、好奇心をアピールする際のポイントをお教えします。要点をしっかりと押さえて、好奇心がある強みを魅力的に伝えられるようになりましょう。

2018.06.26

地球儀を持つ男性の写真です。

好奇心旺盛なことを上手にアピールするために

‌「自己PRをお願いします!」
‌「あなたの長所を教えてください!」


‌ESや面接など、就活では頻繁に自分の強みを聞かれることになります。みなさんは自信を持って伝えることができる強みを持っていますでしょうか?企業に評価される強みがどのようなものなのか分からず、困っている人も多いのではないかと思います。

‌‌この記事のテーマは、好奇心があることを強みとした自己PR・長所のポイントです。好奇心が旺盛であるという強みを伝えることで、様々なことにチャレンジし、多くの学びを得ている印象を与えることができるでしょう。一方で、伝え方によっては悪い方向に捉えられかねない資質であるため、注意が必要です。ぜひ押さえるべきポイントを押さえて、魅力的な自己PR・長所を考えてください。
  • 【就活生に捧ぐ】ESや面接に役立つ自己PR例文集
  • ‌評価される強みが持つ特徴とは?

    みなさんは選考で伝える強みをどのように考えていますでしょうか?

    ‌自分の生活を振り返り、‌なんとなくしっくりくるものを自己PRや長所で伝えている人が多いように感じます。しかし、これでは企業に興味を持ってもらうことは難しいでしょう。企業は強みであれば何でも評価するというわけではありません。強みを評価するか否かには明確な基準があります。

    ‌‌その基準とはずばり、みなさんが企業に入社した後にもその強みを発揮して活躍できるか否かです。みなさんを従業員として雇用して給与を支払うということは、給与以上の働きを求めているということ。選考では、みなさんが給与以上の貢献をする見込みがあるのかをチェックしています。

    ‌‌社会人として働いた経験のある人を採用する中途採用では、前職の実績や職務経験で活躍の見込みを推測することができます。しかし、新卒採用ではそれができません。そうなったときに重要になるのが、みなさんが今まで経験してきたことと、それによって培われた強みです。経験と強みを把握することで、入社後にどんな活躍が期待できるかを判断し、選考の合否を決めています。従って、適当に自分の強みを考えて、それを自己PRや長所で伝えるのはご法度。入社後の活躍イメージに繋がらなければ、まず興味を持ってもらうことはできません。自分の今までの経験からどのような強みを伝えれば評価してもらえるかを考えて自己PRや長所を作りましょう。

    ‌「好奇心」は強みとして通用するのか

    好奇心旺盛な学生の画像自己PRや長所を通して企業に伝える強みは、企業で活躍する可能性を感じさせるものでなければならないと説明しました。それでは、好奇心があることは上記の条件に該当するのでしょうか?

    ‌‌結論から述べると、自己PRや長所で「好奇心」という言葉は使わないほうが無難です。物事に興味を持つことは社会に出ても役に立つはず。にも関わらず、なぜ好奇心があることをアピールしてはいけないのでしょうか?

    ‌‌厳密に言うと、好奇心があることをアピールしてはいけないというわけではありません。問題なのは、好奇心が「」の性質であるが故に、仕事に生きる「能力」に結びつかないことにあります。何度も述べている通り、企業が自己PRや長所を聞くのは、仕事の現場で活躍する能力があるかを確かめるためです。

    ‌「私の強みは、好奇心があることです。」
    ‌「私の強みは、興味を持ったことを深く追求し、結果を出すための方法を考え抜けることです。」


    ‌上記2つの自己PRは、どちらも好奇心があることを強みとしたもの。しかし、多くの人が後者の自己PRの方が印象的だと考えます。これは、後者が「好奇心」という言葉を具体的に表現しているため、強みを生かして活躍するイメージを想起しやすいからです。好奇心があるという心の性質で終わりにするのではなく、仕事に生きる具体的な能力として表現するようにしましょう。

    ‌「好奇心」を表現する自己PR・長所の流れ

    好奇心を企業が評価するかたちで伝える方法を紹介してきました。ここからは、どのような構成で伝えるべきなのか説明していきます。

    ‌‌自己PRや長所は以下の流れで説明するのがおすすめです。

    ‌①「私の強み(長所)は〇〇です」

    自己PRや長所に限らず、最も伝えたい結論部は冒頭で伝えます。

    ‌‌結論に至るまでの説明を先にすると、最後まで何が言いたいのか分からず、長ったらしい印象を与えかねません。結論を伝えた上で説明に入れば、何を伝えるための説明なのかが理解でき、論理的になります。自己PRや長所を伝えるときは、「私の強み(長所)は〇〇です」と、伝えたい強みを冒頭に持ってくると良いでしょう。

    ‌②強み(長所)を裏付けるエピソード

    アピールしたい強みの次は、それを裏付けるエピソードを説明します。ただただ事実を羅列するだけでは説得力のあるものにはなりません。どんな場面でいかにして強みを発揮したのかをストーリー立てて説明しなければならないのです。「好奇心」をアピールするときは、以下のポイントに整理して伝えるのがおすすめです。

    ‌①興味を持った対象
    ‌②興味を持った理由
    ‌③
    その対象に対して取ったアクション
    ‌④そのアクションによって得られた成果

    ‌③仕事で強みがどう生きるのか

    自己PRや長所の締めとしては、好奇心があるという強みがどのように仕事の現場で生きるのか言及すると良いでしょう。企業側が強みを良い方向に解釈する一助になるはずです。

    ‌好奇心があることを伝える自己PRの例

    好奇心旺盛な自己PRの画像です今まで説明してきたことを踏まえ、好奇心があることを伝える例文を紹介します。みなさんが自己PRや長所を考える際の参考になれば幸いです。

    ‌私の強みは、興味を持ったことを深く追求し、結果を出すための方法を考え抜けることです。
    ‌私は学生時代、塾の講師のアルバイトをしていました。自分の考えた教え方で生徒の成績が伸びることが非常に楽しく、どうしたらもっと分かりやすく教えることができるのかを追求しました。具体的には、教えるのが上手な先生の校舎に赴き、どのように教えているのかを研究したり、教えていて反応が悪かったところの改善ノートを作成したりしました。これらの試行錯誤の結果、自分の担当していた生徒の偏差値を、平均で3以上高めることができました。
    ‌私は塾での経験を通して、お客様の成果を高めるために試行錯誤をすることの面白さを感じました。貴社でもお客様に寄り添い、成果を出すために仕事をすることになるかと思いますが、どうしたら成果が出るのか熟考し、実際に行動に移していきたいと考えています。

    最後に

    好奇心をアピールする自己PR・長所の考え方は理解できましたでしょうか?みなさんが持つ強みは、企業の選考を突破するうえで極めて重要なもの。企業が魅力を感じる強みを伝えられるよう、準備を進めてください。

    そうは言っても、自分の考えた自己PRや長所が企業の興味を引けるか判断することは難しいはず。そのようなときにおすすめなのが、就活相談プラットフォームのMatcher(マッチャー)です。
    Matcherは、所属大学や学年に関係なく、誰でも社会人に無料で就活相談ができるサービス。仕事の現場で活躍する、7000人もの社会人が、みなさんのESや面接の相談にのってくださっています。企業側の視点に立ったアドバイスがもらえるので、みなさんの自己PRや長所のレベルもグッと高まるはずです。ぜひ話を聞きに行き、みなさんの就活の糧にしてください。
    社会人に会いに行く

    この記事を読んだ人が読んでいる記事

    就活を制す自己PRの4つのコツ

    自己PRで就活を制するためにエントリーシート(以下 ES)や 面接において、必ずと言ってよいほど問われる自己PR。就活において最も...

    2018.03.26

    面接当日にできることは?

    面接で自分の力を発揮するためにみなさんは面接の当日、どのようなことを考えて本番までの時間を過ごしていますか?志望度が高い企業であるほど緊張す...

    2017.12.07

    ピックアップ記事

    就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

    就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

    2018.03.23

    大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

    大学・学年関係なく、
    OB訪問をしたいならMatcher!

    気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
    志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

    ●カテゴリー一覧

    ●Matcher Dictionaryについて