就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
行動力の象徴、ランニングをしている絵です

【例文あり】自己PRで「行動力」を魅力的に伝える方法

自己PRでよくアピールされるのが行動力。この記事では、行動力を印象的にPRするコツをお教えします。ポイントを押さえた自己PRで、適切に強みをアピールしてください。

2018.06.26

行動力の象徴、ランニングをしている絵です

はじめに

自己PRで伝える強みの中でも非常に人気のある「行動力」。学生時代に様々なことに一生懸命取り組んできた人は、行動力を強みとして伝えたいという人は多いのではないでしょうか?

‌確かに行動力を持っていることで沢山の経験ができますし、その経験から学べることも多くあるでしょう。しかし、「行動力」は漠然とした言葉であるが故に、強みを的確に伝えるのが簡単ではありません。伝え方を間違えると、印象に残らない自己PRとなってしまう恐れがあるのです。

‌この記事では、みなさんの行動力があるという強みを効果的に伝えるポイントを説明します。行動力を伝えるときに限らず、企業の興味を引く自己PRの考え方は、就活のあらゆるシーンで活用できるもの。ぜひ最後まで読んで、みなさんの自己PRを考える際の参考にしてください。
  • 【就活生に捧ぐ】ESや面接に役立つ自己PR例文集
  • ‌就活における自己PRの位置づけ

    ‌企業に興味を持ってもらえる自己PRを考えるために、まずは就活において自己PRがどのような役割を果たしているのか説明します。

    ‌自己PRを企業がこれほどまでに質問するということは、自己PRで見ているポイントが重要であるということ。それはずばり、みなさんが企業に入社した後に活躍してくれる可能性です。企業が人を採用する根本的な理由は、企業の事業に携わる人を増やすことで、利益を増やすことにあります。採用した人には、給与以上に企業の利益に貢献することが求められているのです。

    ‌‌中途採用では、利益の貢献を今までの仕事の実績からある程度予測することができますが、新卒採用ではそうはいきません。そこで重要になるのが自己PRです。企業は自己PPを通して、みなさんの強みを把握。そして、その強みから入社後の活躍を推測します。
    ‌自己PRでは、みなさんが企業でどれくらい活躍できるのかを試されています。どんな強みを伝えれば興味を持ってくれるのかを考え、内容を考えることが大切です。

    ‌とはいえ、企業で働いたことがないにも関わらず、入社後に活躍するイメージを持たせるような自己PRを考えるのは、簡単ではないでしょう。自分でしっかり考えた上でさらにレベルアップさせるためには、社会人の視点からアドバイスをもらうことが有効です。

    ‌そんなときにおすすめなのが、就活相談サービスのMatcher(マッチャー)
    Matcherは所属大学・学年関係なく、就活相談ができるサービス。「就活相談にのるので、〇〇してくれませんか?」という社会人の提案しているプランに応える形で、今までより簡単にOB訪問が実現します。Matcherには現在7000人の社会人の方が登録しており、就活生の悩みを解決してくださいます。
    【社会人のプラン例】
    「就活相談にのるので、最近ハマっていることを教えてください!」
    「就活相談にのるので、あなたのオススメの甘い物を買ってきてください!」
    自己PRの添削をお願いする

    ‌自己PRがうまくいかない2パターン

    自己PRで達成すべきことは、企業に入社後に活躍するポテンシャルがあると思わせること。しかし、多くの就活生がこれに適していない自己PRをしています。ここでは、自己PRがうまくいかないパターンを2つに分けて説明します。

    ‌自称してもしょうがない自己PR

    私の強みは、笑顔が良いことです!
    ‌「私は、いつでも明るい人間です!

    ‌‌エントリーシートや面接では、度々このような自己PRに出会います。これらの自己PRの良くない理由は、強みが言わずとも印象で伝わるものだから。いくらみなさんが自己PRで笑顔をアピールしたとしても、面接の場で笑顔が見られなければ全く説得力がありません。一方、みなさんが自己PRで明るさをアピールせずとも、面接で快活に話していれば、明るいことが伝わるはずです。

    ‌自分の与える印象に関する強みは、アピールするものではなく感じ取ってもらうもの。自己PRとして伝えるのはやめたほうが無難と言えるでしょう。

    ‌強みが抽象的な自己PR

    私の強みは、コミュニケーション能力があることです。

    ‌‌仕事をする上でコミュニケーション能力は間違いなく重要。このためか、コミュニケーション能力を自己PRでアピールする人は少なくありません。たしかに企業の人事もコミュニケーション能力を重要視していますし、見られているのも確かです。しかし問題なのは、「コミュニケーション能力」が非常に抽象的であること。抽象的な言葉は、どこか漠然とした印象を与えます。自分が持っている強みを上手に訴求することができず、結果としてあまり考え込まれていない印象を持たれかねません。自分の自己PRが漠然としていると感じたら、具体的な能力や資質に落とし込めるか考えてみましょう。

    自己PRで行動力をアピールするときの注意点

    自己PRの注意点を解説している画像です自己PRでうまくいかないパターンを学んだところで、行動力をアピールする際に注意すべきことを説明します。注意点は大きく3つです。

    ‌①「行動力」をより具体的な資質に落とし込む

    上で説明したように、自己PRで抽象的な言葉を用いるのはあまり良い方法とは言えません。「行動力」も抽象度の高い言葉なので、どこかぼやっとした印象を与えてしまう恐れがあります。行動力という言葉を、とにかく様々なことにチャレンジするという意味で捉える人もいれば、1つの物事に愚直に取り組むという意味で捉える人もいるでしょう。

    ‌‌自分の伝えたい意味をしっかりと伝えられるよう、行動力という言葉を具体的な資質に落とし込むようにしてください。

    ‌②行動力が現れたエピソードを整理する

    ‌自己PRは、ただ強みを伝えただけでは説得力がありません。強みの裏付けとなるようなエピソードを一緒に伝えて、初めて企業が納得するような自己PRを考えることができます。自己PRで伝えるエピソードは、①強みを発揮した場面、②そのとき課題だったこと課題に対して起こしたアクションそれによってもたらされた結果の4点にまとめると、強みが発揮されたポイントが明瞭になり、理解しやすくなるのでおすすめです。

    ‌③強みとエピソードに関連性があるか確かめる

    強みを先に考え、その強みを証明するエピソードを後から考えると、双方の関連性があまり見られない自己PRになってしまっている場合があります。こうなると取ってつけたような印象を与えてしまう恐れがあるので危険です。強みとそれを裏付けるエピソードが考えられえたら、最後はそれらに関連性があるのか見直してみましょう。

    行動力をアピールする自己PRの例

    今まで説明したことを踏まえ、自己PRで行動力をアピールするときの例を取り上げます。みなさんの自己PRの参考になれば幸いです。

    ‌私は、目標を達成する方法を熟考し、考えた方法を行動に移せる力のある人間です。
    ‌学生時代はベンチャー企業で営業のインターンをしていました。入社した当初は全くアポイントを取ることができず、営業成績も最下位でした。自分の営業力を高めるため、自分の営業の課題点を全て紙に書き出し、その課題を克服方法を考えました。そして、重要度の高いものから取り掛かり、一つ一つ克服していきました。その結果、インターンを始めて半年でインターン生の中での営業成績が1位になることができました。
    ‌社会に出れば、課題に直面するばかりだと思いますが、その都度課題は何かを考え、それを解決するために行動していきたいと考えています。

    ‌「行動力」を「目標を達成する方法を熟考し、考えた方法を行動に移せる力」というかたちで何ができるのかを具体的に表現しています。また、自分の強みを生かす前と後の結果がはっきりと説明されています。このように、強みを発揮したことによる「変化量」を盛り込むと、自己PRに説得力が出るのでおすすめです。みなさんが伝えようとしているエピソードにもはっきりとした変化があるのであれば、ぜひ取り入れてみてください。

    さいごに

    行動力を表している画像です「行動力」をアピールする自己PRの考え方は理解できましたでしょうか?
    ‌上でも述べたように、自己PRはみなさんが入社後に活躍するイメージを持ってもらうために極めて大切です。

    ‌ぜひ、読んだ内容を取り入れてみてください。そして完成した自己PRが面接官にどのように伝わるのかを知るのも就活では重要です。社会人に自己PRを見てもらいながら企業目線でのアドバイスをもらいましょう。
    社会人に就活相談する

    この記事を読んだ人が読んでいる記事

    就活を制す自己PRの4つのコツ

    自己PRで就活を制するためにエントリーシート(以下 ES)や 面接において、必ずと言ってよいほど問われる自己PR。就活において最も...

    2018.03.26

    面接当日にできることは?

    面接で自分の力を発揮するためにみなさんは面接の当日、どのようなことを考えて本番までの時間を過ごしていますか?志望度が高い企業であるほど緊張す...

    2017.12.07

    ピックアップ記事

    就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

    就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

    2018.03.23

    大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

    大学・学年関係なく、
    OB訪問をしたいならMatcher!

    気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
    志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

    ●カテゴリー一覧

    ●Matcher Dictionaryについて