就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
長所として継続力を伝える際のポイントをまとめた記事です。

【例文あり】ESで「継続力」を伝える長所の書き方

この記事ではES(エントリーシート)で長所を聞かれた際に、「継続力」をアピールする際のポイントを解説します。ぜひ読んで、みなさんのES作成に役立ててください。

2018.10.15

長所として継続力を伝える際のポイントをまとめた記事です。

長所として継続力をアピールするには?

企業の選考で常に求められるESの提出。学生時代頑張ったことはある程度書けるものの、長所や自己PRとなると書けなくなる方も多いのではないでしょうか?

この記事ではそのような方に向けて、長所で継続力をアピールする際に気をつけるべきポイントを紹介します。魅力的なES作成に役立ててください。

みなさんの長所が評価されない2つの理由

一生懸命書いたESがなかなか通らない。。
‌「自分のESのどこがダメなのかわからない!

‌上記の悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

‌自分では上手く書けたと思ったESが1社でも落選してしまう方、これからお伝えする2つのポイントを見逃しているかもしれません。

みなさんのアピールした長所が評価されないとき、以下の2つの問題を抱えている可能性があります。

①企業側が欲しい情報を書けていない

ESを書き始める前に、まず設問の意図を掴むことから始めましょう。企業が長所を聞く理由は「選考に応募した学生が、自社で働く上で必要な能力があるかを確かめるため」です。

業種や職種が違えば、必要とされる能力が異なります。そのため、応募する企業や職種にあわせてアピールする自分の側面を合わせることで的外れではない長所になるでしょう。

だからこそ、企業の新卒採用ページに掲載されている「求める人材像」やOB・OG訪問を活用して、企業が求める要素をしっかりと把握してください。

②長所が伝わる文章構成になっていない

企業が必要としている能力をESの長所で書けていたとしても、構成が整っていないと企業側には響きません。

長所を書いたは良いものの、それを裏付ける経験が書かれておらず説得力が弱い場合がその一例でしょう。また、ESで書いた長所を、その企業で実際にどのように生かせるかが書かれておらず、なんのための能力なのかが理解しづらいパターンもあります。

だからこそ、長所を伝えるESでは以下の図のように、「長所」「長所を裏付ける経験」「長所を入社後どのように生かせるか」を書きましょう。

書く際には以下のフレームワークを参考にしてください。
長所を伝えるときの基本フレームワーク

長所

長所について聞かれている設問であれば、まず「強みは〇〇です」というように結論から述べましょう。企業側が「この学生は〇〇についてアピールしたいのか」とESの冒頭で概要をつかみ、頭に入りやすい文章を書くようにしてください。

長所を裏付ける経験

冒頭でみなさんの長所を企業に伝えたあとは、その長所を裏付ける経験を書きましょう。また、経験を伝える際には、以下の4点を意識して書き上げるとわかりやすい文章を書くことができますので、参考にしてください。

Situation(自分が身をおいていた場面の状況)
‌②Task(当時解決すべきだった問題や、達成すべきだった目標)
‌③Action(②を解決/達成するために自分がとった行動)
‌④Result(③によってもたらされた結果)

長所を入社後どのように生かせるか

ESで企業側に長所を伝えたあとは、その長所がどのように仕事で役立つかを書きましょう。みなさんが入社後に企業で活躍しているイメージを持ってもらうことができます。

長所として「継続力」をアピールするときのポイント

ESで長所を書く上で必要なポイントを理解して頂けたでしょうか?今回のテーマとして扱っている継続力をアピールするESだけでなく、他のESにも役立つ知識ですので、しっかりと押さえておいてください。

さて、ここからはESで長所「継続力」を伝える際に知っておきたい注意点を説明します。

‌「継続力」をアピールするときに注意してほしいこと。それは、「継続力」とそのまま書くのではなく、具体的な表現を心がけることです。

具体例を挙げれば、「継続力があること」と書くのではなく、「周囲の心が折れそうになるような地道な仕事でも、粘り強く取り組み続けられる点」などと相手の頭の中でイメージしやすいような書き方を意識してください。

理由は、「継続力」だけ書いてしまうと、企業側とみなさんの伝えたいイメージがずれてしまう可能性があるから。みなさんの本当の強みをしっかりと相手に伝えられるよう、具体的な言葉で表現をするよう心がけましょう。

長所「継続力」を伝えるES例文

ここまで、長所として「継続力」を書くときのポイントをお伝えしてきました。

‌以下では今まで説明してきたことを踏まえて「継続力」を長所としてアピールするESの例文を紹介します。みなさんのES作成に役立ててください。

‌サークル活動のエピソードで「継続力」をアピールする例文

私は周囲の心が折れそうになる地道な仕事でも、目標達成のために粘り強く取り組み続けられる点が強みです。(強み

大学の企画で責任者を務めた経験でこの強みを発揮されました。私が担当した企画は例年企画の運営面満足度が低い水準でした。理由は企画会場への誘導を行うスタッフの働きぶりが悪いことにあると判明。その原因はスタッフの知識不足でした。そこで私はスタッフ全員との面談を計画。200名もいるスタッフ全員と日程を調整し、全員分の個別資料を用意しました。並行して様々な仕事があり多忙な状況でしたが、絶対に企画を成功させたいという思いから計画を遂行。その結果、スタッフ全体の動きに迷いが無くなり、運営面満足度も前年度比3割向上させることができました。(強みが発揮された経験

この強みは貴社のビール営業で生きると自負しております。お客様のお店に何度も粘り強く通うことで、競合に負けず販売権を獲得できるはずです。(長所を入社後どのように生かせるか

Matcherの「長所&短所の書き方ガイド」を使って長所を書いてみよう

長所&短所の書き方ガイドならMatcher(マッチャー))‌長所を書くときのポイントを理解できたでしょうか?この記事で紹介したポイントを生かして、より良い長所を書き上げてください。‌

‌ただ、色々と解説を読んだところで「実際にESを書くのは難しい」という方は多いはず。そんな方はぜひ、「長所&短所の書き方ガイド」を使いましょう。Matcherの「長所&短所の書き方ガイド」とは、ESや面接で必ず聞かれる「長所」と「短所」に焦点を当てたシートです。

‌「短所で何を言えば良いのかわからない」「自分の長所が見つからない」という方におすすめのこのシート。ぜひ活用して納得感のある「長所」と「短所」をアピールできるようになりましょう。

「長所&短所の書き方ガイド」の魅力とは?

‌Matcherの「長所&短所の書き方ガイド」を使うべき理由は以下の3点です。

(1)Matcher独自のフレームワークで、効率的に自己分析ができる
‌(2)企業からマイナス評価をつけられない適切な短所がわかる
‌(3)穴埋め形式のワークシートで効率的にESを完成させられる

まだ長所および短所の内容が固まっていないという方、ぜひこの「長所&短所の書き方ガイド」を活用してES対策を行いましょう。「長所&短所の書き方ガイド」を手に入れる(無料)

この記事を読んだ人が読んでいる記事

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2018.03.23

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて