就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
履歴書の長所として負けず嫌いであることを伝える方法を説明する記事です。

【例文あり】履歴書で「負けず嫌い」を伝える長所の書き方

履歴書に書く長所として、「負けず嫌い」を伝えるときのポイントを説明します。履歴書の長所では、わかりやすく自分の強みを書くことが重要。ぜひポイントを押さえ、採用担当者から評価される長所を書いてください。

2018.08.02

履歴書の長所として負けず嫌いであることを伝える方法を説明する記事です。

履歴書で「負けず嫌い」はどう伝える?

就活の選考の中でしばしば求められる履歴書の提出。エントリーシートほど書く機会がなく、どのように書けば書類選考を通過できるか悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

‌この記事のテーマは、履歴書に書く長所。自己分析をして自身の長所を把握できたとしても、企業の方に的確に伝えることができなければ、書類選考を通過するのは難しいでしょう。

この記事では、履歴書の長所の書き方、とりわけ「負けず嫌い」であることを伝える方法を、例文をもとに説明します。

‌「負けず嫌い」という資質は、伝え方を間違えると長所として捉えてもらえないので、注意が必要です。ぜひ、最後まで読んでみなさんの履歴書作成に役立ててください。

履歴書を書く上で意識すべき2つのこと

履歴書の長所の書き方を説明する前に、履歴書全体を通して意識すべきことを紹介します。履歴書を書くときは、下記の2点に気を配るようにしましょう。

①とにかく文字を丁寧に書くこと

1つは、履歴書に書く文字を丁寧に書くこと。「文字が綺麗に書けるか否か」という問題ではなく、丁寧に読みやすい字を書くことが大切です。

‌企業の採用担当者は、新卒採用にあたって数千枚の履歴書を読むことも珍しくありません。そのような中、字が汚く読みづらい履歴書があったら、どのような感想を持つでしょうか?みなさんの履歴書を読み込むことなく不採用の判断をしてもおかしくはないでしょう

‌「たかが文字」と思うかもしれませんが、採用担当者に自分が書いた履歴書を読み切ってもらうために意識してください。

②簡潔な表現を意識すること

履歴書は、合否を判断するための最低限の情報を短時間で把握するために提出を求められるもの。したがって、簡潔かつ読みやすい文章を書くことが大切です。

自分の魅力をたくさん伝えようと冗長な文章を書いてしまう人が少なくないですが、残念ながら逆効果になる恐れがあります。

‌履歴書では、自分の本当に伝えたいことをコンパクトにまとめることを心がけてください。

履歴書の長所で伝えるべきは、「いかに会社で活躍できるか」

履歴書を書く上で押さえるべきポイントをお伝えしました。繰り返しになりますが、履歴書はコンパクトでわかりやすい文章を丁寧に書くことが大切です。履歴書の内容以前のことなので、徹底するようにしましょう。

‌それでは、ここからが本題です。企業の採用担当者に評価される長所を書くためにはどのようなことに気をつけるべきなのでしょうか?
‌これを理解するためには、企業が長所から何を判断しているのかを知っておく必要があります。

‌企業が長所から判断していること。それはずばり、「自社で活躍することができる資質があるか」です。企業が新卒採用をする目的は、事業に貢献できる人に入社してもらうことで、自社利益を増加させること。みなさんが長所を書く際には、自身が活躍できるということを的確に伝えなければならないのです。

「負けず嫌い」を直接伝えるのはNG?

長所で伝えなければならないのは、選考を受ける企業で自分が活躍できるというメッセージ。では「負けず嫌い」であることを伝えるときには、何を意識すれば良いのでしょうか?

‌履歴書でしばしば見受けられるのが、ストレートに「私の長所は負けず嫌いなことです」と書いてしまうパターン。

‌しかし企業の採用担当者は「負けず嫌いだ」と言われても、みなさん自社でどのように活躍するかをイメージすることができません。

企業に対して伝えなければならないことは、負けず嫌いな性格により、どのような強みが発揮されるのか。言い換えれば、負けたくないという強い思いによって、結果にこだわって正しいアクションを取れるということを伝えなければならないのです。過去の経験からどのような強みが発揮されたのかを自分の言葉で表現し、それを履歴書に書くようにしてください。

長所を伝える基本フォーマットを押さえよう

ここからは、長所の書き方についての3つのステップをお伝えします。負けず嫌いにとどまらず、あらゆる長所を伝えるときに活用できるので、ぜひ確認してみてください。

‌履歴書の長所は、下記のような流れで書くことをおすすめします。

①自分が伝えたい長所
②長所の根拠となるエピソード
③その企業での活かし方

‌順を追って見ていきましょう。

①自分が伝えたい長所

履歴書の長所を書くときに、最も最初に書かなければいけないのはみなさんの長所、つまり結論です。

‌上述したように、履歴書の長所は、文章を理解しやすいか否かが肝要。冒頭で結論を伝えることで、採用担当者は履歴書を読みやすくなり、後の根拠となるエピソードも深く理解できるようになります。

‌②長所の根拠となるエピソード

ただ「私は〇〇が強みです」と述べても説得力がありません。冒頭で強みを書いたら、次にそれをどのような場面で活かしてきたのかを伝えましょう。

長々とエピソードを書いても読みにくくなるだけので、「取り組んでいた課題」「実際に起こしたアクション」「アクションによって得られた結果」の3つの要素を意識して、端的に伝えるようにしてください。

③長所の活かし方

最後に伝えるべきことは、その強みを企業にどのように活かすことができるかです。
エピソードを元にみなさんがその業界や企業で活躍する資質の適正があるかを伝えましょう。
しかし、そのためには求める人物像や、業務内容をしっかり理解していないといけません。新卒採用ページはもちろん、余裕があればOB・OG訪問で実際の業務内容について調べると良いでしょう。

履歴書で「負けず嫌い」を伝える長所の例文

今まで説明してきたことを踏まえて、実際に負けず嫌いであることを伝える長所の例文を見ていきましょう。

‌先程も説明したように、負けず嫌いという資質によって、どんな強みを発揮したのかを伝える必要があります。ここではその強みを、「困難な状況に直面しても、諦めずにすべきことを考え続けられること」とします。

私の長所は、困難な状況に直面しても、諦めずにすべきことを考え続けられることです。(結論)

‌私は学生時代、体育会野球部に所属していました。大切な試合での敗戦のショックから計画性のない練習をしてしまい、全治3ヶ月の怪我を負っていまいました。

なんとかして早く回復し、チームに貢献したいと考えた私は、リハビリメニューと怪我状態、献立表を日誌にし監督に毎日提出。そして、チームに対してできる限りのことをしようと、仲間の成績分析と身体状況のヒアリングから練習メニューを提案しました。

自分にできることに実直に取り組み続けた結果、監督とチームメイトから信頼を勝ち得て、4年時に主将に抜擢。春のリーグ戦を優勝することができました。(エピソード)

野球部で培った経験を生かし、組織で結果を出すために自分ができることを探し、実直にそれに取り組んでいきたいと考えております。(生かし方)

さいごに

この記事では、履歴書の書き方と負けず嫌いの長所の伝え方について解説してきました。みなさんの履歴書作成の参考になれば幸いです。

‌上述した通り、この記事で説明した長所の書き方は、どのような強みを伝える場合でも活用することができます。ぜひみなさんが企業に評価される長所を書くのに役立ててください。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2018.03.23

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて