就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
現代印刷黎明期に活躍した、タイプライターの画像です。

【面接対策】「凸版印刷」面接の攻略法|大日本印刷との違いを比較

印刷業界を志望する人の中で、人気のある大日本印刷(DNP)と凸版印刷。どちらも大手の企業で、企業研究の仕方や志望動機を迷っている学生の皆さんは多いのではないでしょうか。本記事では、2社を比較しながら、企業研究や面接対策に役立つ内容を紹介します。

2022.12.27

現代印刷黎明期に活躍した、タイプライターの画像です。

【印刷業界 目次】

第1章
第2章
第3章
‌【印刷業界】就職する企業の選び方-志望動機はどう伝える?

‌第4章


印刷業界の2大巨頭とも言える大日本印刷(dnp)と凸版印刷。

この記事では、2社に関する情報の集め方や志望動機への作り方に至るまで分かりやすく解説します。
しっかりと情報収集を行い、適切な志望動機を作れるようになりましょう。

また、しっかりと企業研究をして、面接に向けて面接対策に臨みましょう。

‌はじめに

印刷業界と聞いてどのような事業を思い浮かべるでしょうか。
‌もちろん印刷事業が本業なのですが、近年は事業を多角的に展開。様々な分野に進出しています。

‌そのような業界の多角化において中心的な役割を担っているのが大日本印刷(以下DNP)凸版印刷です。
‌印刷業界では25,000を超える事業所が存在しますが、シェアの約80%は上述の大手2社によって占められています。
この記事では業界において非常に重要な位置を占める2社を中心に、企業を選ぶうえでの情報収集、そして志望動機への結び付け方について考えていきます。しっかりと読んで、選考突破に活かしてください。‌

【最新版】大日本印刷(DNP)と凸版印刷の基本情報を比較

多くの学生が目にすることになる新卒採用ページ。
‌これをしっかりと読み込むことによって、数多くの有益な情報を手に入れることができます。以下では着目すべき項目を挙げました。DNPと凸版印刷の違いをそれぞれ見ていきましょう。

‌①求める人材について


企業メッセージは抽象的であるがゆえに軽視されがちですが、実は非常に有益な情報を提供してくれるものです。
‌企業からのメッセージは社長や人事からのメッセージ、あるいは求める人材像というかたちで表れています。
‌DNPと凸版印刷の企業メッセージを比較してみましょう。

求める人材(DNP)

DNPが求めているのは、“高い志を持ってビジョンを描き、「未来のあたりまえ」を体現できる人”。(中略)「どんな未来にしたいか」というビジョンを描き、あらゆるパートナーとともに「あたりまえ」に変えていける、そんな新しい仲間を、私たちは待っています。
出典:DNP|新卒採用サイト

①求める人材(凸版印刷)

想いや夢は、大事にしてほしい。(中略)君たちも、僕らも、可能性を絞るにはまだまだ早い。
これらのメッセージは、印刷業界が置かれている状況を踏まえることで趣旨を理解できます。
印刷会社の多角化の背景は、本業である印刷の需要減少です。
‌印刷会社は生き残りをかけて技術やノウハウを活かし、様々な事業を展開しました。
‌結果的に、印刷とは一見関係のないような事業が収益の柱として育っています。DNP、凸版はいずれも明治以来の伝統を誇る名門企業ですが、時代の流れとともに変化をしながらここまで存続してきました。
‌これからも印刷事業の縮小が見込まれる中で、新たな挑戦が求められ続けます
‌こういった背景を企業のメッセージと照らし合わせると、印刷業界が新たな挑戦をいとわない人材を求めていると考えることができるでしょう。
またこれらの情報を、自己PRで伝えるエピソードの選定といった就活の実践的側面にも活かすことができます。
‌就職後に活躍するイメージを面接官が持てるようになかたちで、新たな挑戦をした経験を伝えていきましょう。

②面白い事業内容

事業内容は新卒採用ページに簡単にまとまっていますが、企業のホームページを直接閲覧した方がよいでしょう。上述の通り、印刷業界の事業は多岐にわたります。自分が知らない事業を知るためにも自分が携わりたい事業以外も細かくチェックするのがおすすめです。学生のみなさんの多くは事業・製品の多様性に驚くことになるでしょう。展開しているメディアなども直接見てみると企業選択や志望動機の参考になるはずです。

‌今回はホームページ上で公開されている事業の中からいくつか面白い製品・サービスをピックアップしてみました。

②事業内容:‌‌DNPデジタルホワイトボード(DNP)

‌DNPが提供しているのが、DNPデジタルホワイトボードです。これは、PC画面をプロジェクターで壁面やスクリーンに投影してDNPデジタルペンセットと組み合わせれば、電子ボードとして使えるという製品です。WordやExcelのファイルに手書きの記入を行うことが可能な次世代型のホワイトボードです。

‌②事業内容:Shufoo!(凸版印刷)

‌‌凸版印刷が展開しているメディアがShufoo!です。これは日本初の電子オリコミサービスで、新聞を取っていない家庭でもアプリやウェブ上で小売店のチラシを受け取ることができます。
‌以上のように、一見印刷とは関係のないような製品やサービスの提供を行っているのが、2社の特徴。事業内容をしっかりと読んでキャリア選択の参考にしてみてください。‌‌

業務内容

仕事内容については、新卒採用ページの社員インタビューが参考になります。事業内容が多岐にわたる分、様々な業務が想定されます。全ての業務が記されているわけではないのであくまで参考程度ですが、具体的な仕事内容をイメージしやすくなるはずです。
‌事務系では営業や企画。また、人事や総務といったスタッフ系の仕事まで掲載。
‌技術系についても従事している事業ごとに社員の方の話が載っているので、ぜひ確認しましょう。‌

待遇

DNPと凸版印刷のいずれもホームページ上に初任給や福利厚生が掲載されています。説明会等でこれらを質問するのはマナー違反。気になる方はホームページ上であらかじめ確認しましょう。

IRから企業・事業を知ろう

IRは上場企業が公開を義務付けられている諸情報を指します。その企業が目指している方向性を知る客観的なデータと言えるでしょう。DNPも凸版も上場企業なのでホームページ上でIR情報を公開しています。
‌以下にはIRの中でも参考になるものをいくつか挙げてみました。
‌ぜひチェックしてみてください。

‌中期経営計画

‌‌DNP、凸版いずれも中長期的な経営計画を発表しています。
このような経営計画にはその企業が今後力を入れていく事業が示されています。
特に印刷業界は他業界と比べても多角化が著しい業界のため、大いに参考になるはずです。

DNP、凸版印刷が目指す企業の在り方を比較していきましょう。

中期経営企画:「長期を見据え、社会や人々に欠かせない価値を提供していきます。」(DNP)

この計画では、2つの基本方針を掲げて、多様な施策を行っています。1つ目の「P&Iイノベーション」による価値創造」では、「IoT・次世代通信」「データ流通」「モビリティ」「環境」の関連事業が挙げられています。

‌2つ目の「成長を支える経営基盤の強化」の基本方針では、行動指針に掲げている「対話と協働」を推進した「人への投資」に注力していくことを掲げています。

詳しくはホームページの企業情報をご覧ください。

中期経営計画:“Digital & Sustainable Transformation”‌(凸版印刷)


「Digital & Sustainable Transformation ー「DX」と「SX」によってワールドワイドで社会課題を解決するリーディングカンパニーにー」という中長期計画を掲げています。

ホームページには今後注力していく事業分野が細かく示されています。

その中でDX事業においては、保有するデジタル技術と高度なオペレーションノウハウを掛け合わせ ハイブリッドなDXサービスを提供することを掲げています。

そのほかにも様々な分野への進出を図っていることが分かります。

ぜひ、ご自身の目で確認してみてください。

【完成版】志望動機を作成例を紹介

‌ここまで、ウェブ上の情報についてその収集方法と‌分析のやり方について述べてきました。これを基に志望動機の型を作っていきたいと思います。しかし、これはあくまで型。集めた情報と個人のエピソードや経験、考えを組み合わせて、説得力のある志望動機を作り上げましょう。以下、参考例になります。

‌印刷会社(事務系)の志望動機例‌

‌「私は貴社で情報コミュニケーション事業に携わり、人々の生活をより良いものにしていきたいと考えております。貴社は印刷事業にとどまらず、生活の向上にむけたチャレンジングな事業を展開されてきました。特にICTを駆使した事業で、法人から個人まで様々なニーズに応えてきたとお見受けしています。私個人としても、海外留学先で貴社が提供する電子書籍を活用させていただいておりました。海外にいながら、日本の書籍を自由に読むことができ、非常に重宝いたしました。このような魅力的な事業の原動力となっているのは、社会全体や人々の生活全般をよりよくしたいという貴社の使命感とチャレンジ精神だと考えております。
‌私もICTなどを扱う情報コミュニケーション事業を通じて時代の要求に応じた新たな挑戦を行っていきたいと考え、貴社を志望させていただきました。」

‌ウェブで集めきれない情報‌は「OB・OG訪問」で

‌ここまで、ウェブ上で集められる有益な情報について解説してきました。しかしながら、それでも集まりきらない重要な情報は多数存在します。現に日本の印刷会社の多くが上場していません。上場していない企業のIR情報は公開がされていないことがほとんどです。
‌そういった情報は実際に働く社員から聞くしかありません。
‌そのようなときに有益なのが、OB・OG訪問です。
‌OB・OG訪問で具体的な興味関心に基づく質問をすることで企業をよく知ることができます。こうすることで、事前にミスマッチを防ぐことができるのです。

‌また、ウェブ上で集まらないような情報を基にした具体的な志望動機は他の就活生との差別化が図れ、熱意が伝わりやすくなります。
‌次回の記事ではOB・OG訪問を有効なものにするための質問方法などについてまとめました。しっかりと読んで有意義なOB・OG訪問にしてください。

‌【印刷業界】効果的なOB・OG訪問の極意

‌もっと深く印刷業界について知りたい方へ

‌‌印刷業界の2大巨頭について知り、実際に働かれている社会人の方にお話を聞きたいと思った方も多いのではないでしょうか?
そんな時におすすめなのが、OB・OG訪問のマッチングサービス、Matcher(マッチャー)。

‌Matcherでは、所属大学や学年に関係なく、印刷業界で働く社会人に会いに行くことができます。カジュアルな形でOB・OG訪問できるため、細かい仕事内容や、やりがいについて質問することも可能です。

出版業界のOB・OG訪問にはマッチャー【‌社会人の所属企業一覧(一部)】
大日本印刷株式会社、凸版印刷株式会社、日経印刷株式会社、竹田印刷、他多数

‌ご覧の通り、大日本印刷(dnp)と凸版印刷の社会人の方が登録してくださっていますし、他の印刷会社の方もいらっしゃいます。

実際に志望している企業の社員さんに面接対策や自己分析など幅広い就活相談を行うことができるのもいいですね。

印刷業界で働く社会人の方に会う機会は滅多にないと思いますので、ぜひこのチャンスを活かして積極的にお話を聞いてみてください。
印刷業界の社会人に会いに行く







この記事を読んだ人が読んでいる記事

ピックアップ記事

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて