就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
広告業界を表す写真です。

【業界研究】広告業界の現状・課題と今後の動向

就活生から根強い人気を誇る広告業界。この記事では、広告業界志望者が知っておくべき、業界の構造と今後の動向についてお伝えします。ぜひ広告の業界研究に役立ててください。

2018.10.29

広告業界を表す写真です。

【広告業界 目次】

‌第1章
‌【業界研究】広告業界の現状・課題と今後の動向←Now

‌第2章

‌第3章

‌第4章

第5章

‌‌広告業界への理解を深めるために

‌クリエイティブでスタイリッシュなイメージが先行しがちな広告業界。みなさんは広告業界に対してどのようなイメージを持っていますでしょうか?電通や博報堂といった人気企業を擁しており、目指している人も少なくはないでしょう。

‌しかし、広告業界の仕組みをしっかりと理解している人は、それほど多くありません。この記事では、広告業界の仕組みと今後注目すべき動向について説明します。広告業界を目指すのであれば、知っておかなければならないことばかり。ぜひ読んで、業界研究に役立ててください。

‌広告業界の構造-価値の流れを理解しよう

広告業界の仕組みを理解するためには、広告業界にどんな会社が関わっているのかを理解しなければなりません。まずは、以下の図をご覧ください。
広告業界の相関図‌上の図は、広告主が広告出稿を検討し始めてから、メディアで私たちに発信されるところまでを示した図です。以下では、各企業でどのようなことがなされているのか、それぞれ説明していきます。

‌①広告主↔広告代理店間

広告主が一口に「広告を出稿する」と言っても、実現するためには、実にたくさんのことを検討必要があります。

‌・どのメディアに広告を出稿すべきか
‌・それぞれのメディアにどれくらいの予算を割くべきか
‌・どのようなデザイン・キャッチコピーにすれば、見る人が魅力を感じるか

‌上記の仕事はごく一部。広告を出稿して成果を出すためには、想定顧客に対する深い理解と、魅力付けをするための高度なスキルが必要になります。この役割を担うのが広告代理店です。広告代理店は、広告主の目的を理解し、それに合わせたプランニングをします。媒体の選定からCMの企画まで、広告の戦略を策定します。広告代理店が広告主から受ける報酬は、以下の2つの項目があることを押さえておきましょう。

1.メディアに広告を出稿するための料金
‌2.広告の企画・制作にかかる料金

‌②広告代理店↔広告制作会社/SP会社間

広告の戦略を考え、プロジェクトを進める広告代理店。しかし、必ずしも広告の制作やキャンペーンの実施を全て自社で行うとは限りません。自社で制作する代わりに、広告制作会社SP会社に依頼することがあるのです。

‌広告制作会社は、広告代理店が企画した広告のアイデアをかたちにする会社。KDDIの「三太郎」のCMをつくっているAOI Proや、住友生命の「1 UPシリーズ」をつくっている東北新社が代表的な企業です。

‌SP(セールスプロモーション)‌会社は、商品の販売促進を手がける会社です。広告と連携したイベントを企画したり、店舗に設置するPOPを制作したりしています。

‌広告制作会社やSP会社の仕事は、広告代理店から発注されることが多いです。広告代理店の案件の広告を制作したり、イベントを企画・実行したりすることで、広告代理店から報酬を得ます。ただし、場合によっては広告主から直接依頼をされることがあることも覚えておきましょう。

‌③広告代理店↔メディア媒体間

テレビや雑誌、新聞、ラジオ。これらメディア媒体の主な収益源は、広告主が出稿する広告です。テレビはCMの枠を買ってもら得なければ面白い番組を作ることはできませんし、雑誌は広告枠を買ってもらえなければ読者が読みたくなる企画を組むことはできません。
広告枠を買ってくれる企業を1社1社見つけることは非常に時間と労力がかかるもの。そこで活躍するのが、広告代理店です。広告代理店が、メディアに代わって企業に広告枠を販売します。広告代理店が「代理店」と言われる所以です。

‌メディア媒体は広告代理店に広告枠を販売してもらうことで収益を上げ、広告代理店は販売手数料としてメディア媒体から報酬を得ます。

‌以上が広告業界を取り巻く「価値の交換」です。以下に広告業界のお金の流れをまとめましたので、復習がてら御覧ください。
広告業界の現状-お金の流れを構造的に示した図です。

広告業界の現状と動向-台頭するインターネット広告

‌広告業界の構造が理解できたところで、広告業界の現状と今後注目すべき動向についてお伝えします。
広告業界の現状の市場の成長率出典:2016年 日本の広告費 - ナレッジ&データ (参照日:2018年1月14日)

‌‌上の図は、媒体別広告費の伸び率を示したもの。グラフから顕著に分かるのは、インターネット広告費の飛躍的な伸び率です
広告は多くの人が集まるところに掲載されるもの。モバイル端末の普及やインターネット環境の整備によって、人々がインターネットと接する時間は年々増えてきています。
広告媒体となり得るメディアの接触時間の割合出典:博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査」(参照日:2018年1月14日)

‌上記の図は、メディア総接触時間の構成比。つまり、人が接触する全てのメディア媒体にそれぞれどれくらいの比率で接触しているのかを示したものです。携帯電話/スマートフォンは、一番右のオレンジの項目。年々比率が増えていることがお分かりいただけるでしょう。
‌人々がスマートフォンに接する時間が長くなれば、自然と企業がインターネット上に広告を出稿するという流れができます。近年は、インターネット広告専門に取り扱っている企業が多く設立されています。代表的な企業としては、サイバーエージェントやセプテーニ、オプトなどが挙げられます。

‌広告業界への理解を深めるために

広告業界の構造と注目すべき動向について説明してきました。しかし、これで理解した気になってはいけません。広告代理店や広告制作会社、SP会社。それぞれの企業の中にどのような仕事があり、どのような役割を担っているのかを知らなければ、企業を選ぶことができないからです。
‌ぜひ、この記事で学んだことを踏まえて、より深い業界研究・企業研究に役立ててください。

‌次の記事では、電通や博報堂をはじめとする、広告代理店の仕事内容について説明します。
‌広告代理店について深く知りたい方は、ぜひ読んでみてください。
  • 広告代理店とは?-就活生が知っておくべき仕事内容
  • 広告業界の理解をもっと深めたい方へ

    広告業界で働く社会人に会いに行く広告業界の業界構造を理解し、より深く知りたいと思った方におすすめしたいのが、Matcher(マッチャー)です。

    OB・OG訪問のマッチングサービスである、Matcherでは、所属大学や学年に関係なく、社会人の方にお話を聞きに行くことができます。キャリアセンターに足を運ぶ必要はもうないでしょう。
    広告業界についてより理解を深めたい方へ‌‌【‌社会人の所属企業一覧(一部)】
    電通、博報堂、サイバーエージェント、アサツーディ・ケイ(ADK)マッキャンエリクソン、JR東日本企画(jeki)、電通デジタル、Google、他多数

    ぜひ話を聞きに行き、みなさんの就活の成功に活かしてください。
    今すぐ社会人に会いに行く

    この記事を読んだ人が読んでいる記事

    銀行と信用金庫の違いはどこにあるのか

    はじめにみなさん就活生の中には金融業界を目指している方は多いかと思います。そんなみなさんでも意外と知らないことの一つとして、「銀行」と「信用...

    2017.12.05

    ピックアップ記事

    就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

    就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

    2018.03.23

    大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

    大学・学年関係なく、
    OB訪問をしたいならMatcher!

    気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
    志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

    ●カテゴリー一覧

    ●Matcher Dictionaryについて