就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
JRを象徴する新幹線の画像です。

【鉄道業界】JRの事業内容を理解しよう

非常に人気のある、鉄道業界。その中でも強固な地盤を持つJRは特に人気があります。この記事ではJRの事業や仕事について解説します。しっかりと把握してキャリア選択の参考にしてください。

2018.04.04

JRを象徴する新幹線の画像です。

【鉄道業界 目次】

‌第1章
第2章
【鉄道業界】JRの事業内容を理解しよう←Now


第3章
第4章
第5章

JRとは?~私鉄との違い~

前回の記事では鉄道業界について概観を解説しました。
  • 【業界研究】鉄道業界の事業と今後の動向
  • ‌今回は鉄道業界において大きな存在感を発揮するJRグループ各社についてご紹介。そもそもJRとはいったい何なのでしょうか?
    ‌JRとはかつての国鉄が分割民営化されたものです。大きな一つの事業体だった国鉄が地域に密着する形で、経営の合理化が進められていきました。現在ではJR各社で独自の事業が行われています。
    ‌一方、私鉄は民間の資本で事業を展開してきた鉄道会社です。JRよりもさらに事業エリアが限定され、会社ごとに多様な事業を展開
    しています。

    JRの事業と仕事内容

    JRが展開している事業で核となるのは、やはり鉄道事業です。在来線や新幹線は地域経済、日本経済に大きな影響を与えています。しかし、日本の人口減少が進む中で鉄道事業の飛躍的な業績向上は見込めません。そこでJR各社は私鉄のビジネスモデルに倣い積極的に多角化を進めています。
    以下ではJR各社の主だった事業とそこで働く人たちの仕事をご紹介。正しく把握して、JRに対する理解を深めてください。

    鉄道事業

    JR各社の核である鉄道事業。地域ごとに在来線や新幹線を擁します。この事業で、非常に重要になってくるのが安全対策です。経営の最優先課題とも言えるこの安全を、技術系社員や駅員、車掌、運転士といった現業職員などの多くの社員が支えています。日本の鉄道は安全性、またダイヤの確実性で世界的にも高い評価を受けていますが、それらは現場で働く社員によって担われているのです。

    在来線

    多くの会社にとって大きな収益源となるのが在来線です。JR東日本は首都圏に地盤を持ち、山手線など様々な路線が大きな収益を獲得。JR九州は各地に観光列車を走らせ、人気を博すなど各社独自の展開を行っています。その一方で、地方ローカル路線の多くが赤字に陥っており、問題を抱えた路線が多数あるのもまた事実。収益にも地域差が生まれています。

    新幹線

    新幹線は、JRのみが展開している高速鉄道。東京と大阪を結ぶ東海道新幹線を擁するJR東海は鉄道事業による収入の大半を新幹線が占めるなど、新幹線を持っている会社の売上に大きく貢献しています。九州新幹線は開業から5年ほどですが、JR九州の鉄道事業における収入の3分の1を占めるなど大きな収益の柱に成長。JR西日本の北陸新幹線開通によって北陸地方は大きな盛り上がりを見せました。新幹線は大きな利益をもたらすことから、JR各社だけでなく、全国の自治体の期待も非常に高くなっています。
    そして、今後の大きな目玉となるのが2027年に予定されているリニア中央新幹線の開通です。東京-大阪間を約1時間結ぶ新ルートの開通は大きな経済効果を生むことが期待されています。
    こういった事業には技術系の社員のみならず、事務系の社員も関与します。工程の管理や用地買収、また資材調達も文系社員の仕事です。リニアのような国家レベルのプロジェクトは文理を問わず様々な人たちが関わりながら進められています。

    非鉄道事業

    JR各社は大手私鉄に比べて、非鉄道事業が占める割合は大きくありませんでした。しかし人口減少が進む中で、鉄道事業の収益が今後飛躍的に伸びるとは考えにくいのが現状です。ゆえにJR各社も、近年は駅という好立地を生かして積極的に新たな事業を展開しています。

    流通・サービス

    駅に付随する商業施設の展開は流通・サービス事業に該当します。
    弁当や軽食を販売している小型売店のキヨスクは全国に展開されているほか、JR東日本ではニューデイズというコンビニエンスストアが多くの駅に出店され、利便性を高めています。これ以外にも駅ナカと呼ばれる、駅構内に展開する商業スペースを積極的にリニューアルするなど商業施設の収益拡大が進められています。
    また、JR東日本はショッピングセンター事業の海外出店、アジア等の都市鉄道事業者と連携した駅構内の開発など鉄道事業を展開していない地域に向けた商業施設の進出を模索。事業のエリアを駅から市中、さらに海外にまで拡大させつつあります。

    不動産

    非鉄道事業の中で非常に大きな利益をもたらすのが不動産事業です。駅ビルにおけるオフィスフロアの賃貸や商業施設のテナント料が収益となるほか、社宅跡地を再開発し分譲マンションの展開、また賃貸マンションの運営まで行っている会社もあります。
    不動産事業の利点は事業単体での売上のみならず、沿線人口や駅利用者の増加によって鉄道事業との相乗効果も望める点です。
    例えば、JR九州では、駅周辺の再開発を積極的に行い、不動産事業が鉄道事業をしのぐ勢いで成長しています。

    その他

    沿線や駅の価値を高めるための事業は以上の2つだけではありません。より住みよい街にするための事業としてJR東日本は託児所を展開しています。住みやすい街を鉄道会社が主導して作り出していくことで、鉄道事業、不動産事業との相乗効果も狙えます。
    そのほかにも、ICカードを利用した電子マネー事業やクレジットカード事業も展開するなど、人々の生活に密着した事業を幅広く展開。人々の暮らし全般に、鉄道会社は手を広げています。

    さいごに

    ここまで、JR各社の取り組みについて説明してきました。鉄道以外にも展開している多様な事業についても理解が深まったと思います。ぜひ、キャリア選択の参考にしてください。

    ‌次回の記事は私鉄についてご紹介します。JR以上に様々な事業を展開している私鉄各社。事業の内容も会社によって大きく異なります。ぜひ、私鉄の事業を把握して鉄道業界全体への理解につなげてください。

    ‌もっと深く鉄道業界について知るために

    鉄道業界の社会人に話を聞きに行くJRの事業内容を理解して、実際に働かれている社会人の方にお話を聞きたいと思った方も多いのではないでしょうか?
    そんな時におすすめなのが、OB・OG訪問のマッチングサービス、Matcher(マッチャー)。

    ‌Matcherでは、所属大学や学年に関係なく、社会人の方にお話を聞きに行くことができます。キャリアセンターにわざわざ足を運ぶ必要はもうありません。
    鉄道会社のOB・OG訪問にはマッチャー‌‌【‌社会人の所属企業一覧(一部)】
    JR東日本、JR九州、JR北海道、京成電鉄、西武鉄道、近畿日本鉄道、東急電鉄、京急電鉄、他多数

    ‌ご覧のように、JRの鉄道会社だけでなく、大手の鉄道会社の社員の方々がご登録されています。ぜひ色々な会社の話を聞きに行き、みなさんの就活の成功に活かしていきましょう。
    鉄道会社の社会人に会いに行く

    この記事を読んだ人が読んでいる記事

    銀行と信用金庫の違いはどこにあるのか

    はじめにみなさん就活生の中には金融業界を目指している方は多いかと思います。そんなみなさんでも意外と知らないことの一つとして、「銀行」と「信用...

    2017.12.05

    ピックアップ記事

    就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

    就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

    2018.03.23

    大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

    大学・学年関係なく、
    OB訪問をしたいならMatcher!

    気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
    志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

    ●カテゴリー一覧

    ●Matcher Dictionaryについて