就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
出版社の刊行する雑誌の写真です。

【業界研究】出版社の仕事内容を知ろう

学生から非常に高い人気を誇る出版社。この記事では様々な種類がある出版社について分かりやすく説明します。出版社への理解を深めて、選考を有利に進めましょう。

2018.04.04

出版社の刊行する雑誌の写真です。

【出版業界 目次】

第1章
第2章
‌【業界研究】出版社の仕事内容を知ろう←Now

第3章
第4章
第5章
‌第6章
第7章

はじめに

学生から高い人気を集める出版業界。前回記事ではその概観について触れました。
  • 【業界研究】就活生が知っておくべき出版業界の構造
  • ‌今回は出版業界のなかでも特に人気のある、出版社についてご紹介します。
    ‌漫画や小説などの本に全く親しまなかった人はほとんどいないのではないでしょうか。このように私たちの生活に密着している本を発行しているのが出版社です。しかしながら、一口に出版社といっても、扱う分野によって会社の特徴も大きく異なります。正しく把握して出版社への理解を深めましょう。

    出版業界の構造‌

    出版社は出版業界の川上に位置する会社です。出版社で発行された、書籍や雑誌は出版取次を介して書店に届き、さらにそこから読者の手元にわたります。 

    出版社は何をしている?~出版社の事業~

    出版社は書籍や雑誌を発行し、その販売を行う会社です。異なる分野ごとに強みを持つ出版社が多数存在し、事業内容も多岐にわたります。就活という観点で見ても、学生からの人気は高いといえるでしょう。
    しかし、紙媒体の発行物の売上規模は年々縮小。インターネットの飛躍的な発達によって、活字離れが進んだということも原因の一つと考えられています。そのような中で出版各社は紙媒体だけではなく、インターネットとの連動性を高めたり、テレビや映画、アニメなどそのほかのメディアとも横断的に連携するなど様々な施策を実施しています。業界の再編も進み、新たな事業が展開されていくかもしれません。

    出版社の中にはどんな仕事が?~出版社の社員~

    出版社の中では様々な職種の人たちが働いています。イメージしやすいのは編集者や校正者と呼ばれる人たち。編集者は本の制作から発行までを管理します。校正者は誤字や脱字、また表現の面で問題がないかをチェックして発行物の品質を保つのが仕事です。
    また、発行物を制作するだけでなく、流通ルートに乗せる仕事も存在します。
    営業が代表的な例ですが、より売れる本を作るために市場調査をマーケティングの仕事など、同じ出版社社員でも仕事内容は大きく異なります。
    ‌また扱う分野が異なる会社同士だと、同じ編集者でも仕事内容がガラリと変わることがあります。

    業務が別物?~出版社の種類~

    会社によって大きく異なる出版社の事業。今回は扱っている分野ごとに出版社を分けて、事業内容を解説します。

    総合出版

    総合出版社はジャンルを問わず、書籍から雑誌まで幅広く発行している会社です。近年の紙媒体の不振に伴い、インターネットとの連動性が高いコンテンツを提供したり、アニメ、映画といったほかのメディアとの横断的な連携も図られています。
    ‌出版業界における大手企業の多くが総合出版社で、特に上位三社(小学館、集英社、講談社)は学生から高い人気を誇り、選考の倍率も非常に高くなっています。

    総合出版社の企業例

    小学館、集英社、講談社、カドカワ、岩波書店

    教育系

    学習参考書などを主に扱うのが教育系の出版社です。学校で使われる教科書を発行する教科書出版会社も存在します。学習塾や予備校が出版分野に進出して、受験参考書を取り扱う場合もあります。

    教育系出版社の企業例

    ベネッセHD、学研HD、旺文社、文渓堂、山川出版社

    ‌文芸系

    文芸雑誌やファッション誌のほか、週刊誌などを発行しているのが文芸系の出版社です。たびたび世間を賑わす『週刊文春』や『週刊新潮は文芸系の出版社から発行されている雑誌です。主な収益源は文芸系の雑誌ではなく、週刊誌などの雑誌や文庫本となっています。

    文芸系出版社の企業例

    文藝春秋、新潮社、宝島社

    情報系

    求人情報やIT情報、映画、舞台のチケット情報を扱う情報誌などを発行するのが情報系の出版社です。これらの企業は紙媒体にとどまらず、ウェブ上でのサービス展開に非常に力を入れていることが多くなっています。代表的なものとしてはリクルートの『ゼクシィ』や『タウンワーク』などが挙げられます。

    情報系出版社の企業例

    リクルートHD、インプレスHD、ぴあ

    ‌経済系

    企業や業界の動向など、経済に関する情報を発信するのが経済系の出版社です。経済系の雑誌のほか、ハウツー本や自己啓発本といった実用的なビジネス書籍も多数扱っています。ドラッカーの『マネジメント』などはそれを扱った『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』がヒットするなど、ビジネス書の枠を超えて、幅広い支持を集めました。

    経済系出版社の企業例

    日経BP、ダイヤモンド社、東洋経済新報社

    地図系

    地図や地図帳、旅行ガイドブックを扱うのが地図系の出版社です。紙媒体だけではなく、地図データベースの提供や宿泊予約サイトの運営など多岐にわたる事業を行っており、大きな収益源となっています。紙媒体の発行物としては昭文社の『まっぷる』が著名です。

    地図系出版社の企業例

    ゼンリン、昭文社

    児童系

    子どもむけの絵本や児童書を扱うのが児童系の出版社です。人気のあるキャラクターを使って、映画、アニメなどほかのメディアに進出している会社も存在します。長年愛されている絵本としては福音館書店の『ぐりとぐら』シリーズなどがあり、児童書としてはポプラ社の『かいけつゾロリ』シリーズの人気は高く、アニメ化や映画化がされています。

    児童系出版社の企業例

    福音館書店、ポプラ社

    今注目すべき「電子書籍」とは?

    近年、存在感を非常に高めているのが電子書籍です。
    電子書籍はスマートフォンや専用端末に配信されたコンテンツを読むことができるサービス。書籍の置く場所をとらなかったり、印刷のコストがかかっていない分、価格が抑えられるといったメリットがあります。全世界的に市場は徐々に拡大しており、電子書籍事業に積極的に乗り出している出版社が多数あるなど、今後の動向が注目されています。

    さいごに

    いかがだったでしょうか?一口に出版社と言っても分野ごとに強みを持ち、様々な種類が存在します。今後、出版社を目指すうえで、ぜひ参考にしてみてください。

    ‌次回記事は、本の流通を支える出版取次についてご紹介。本の商社と呼ばれ、本が読者の手元に至る過程で非常に重要な役割を果たしています。意外と知られていない出版取次の仕事。出版業界志望者は必読です。

    ‌もっと深く出版業界について知ろう

    もっと深く出版業界について知ろう‌出版業界の社会人に話を聞くのにおすすめなのが、OB・OG訪問のマッチングサービス、Matcher(マッチャー)

    ‌Matcherでは、所属大学や学年に関係なく、出版業界で働く社会人に会いに行くことができます。カジュアルな形でOB・OG訪問できるため、仕事内容についてわかりづらい部分を聞くことも可能です。
    出版業界のOB・OG訪問にはマッチャー
    【‌社会人の所属企業一覧(一部)】
    集英社、光文社、扶桑社、講談社、小学館、文藝春秋、株式会社KADOKAWA、キノブックス、他多数

    ‌フランクに社会人が相談にのってくれるのは大学生の特権。ぜひ話を聞きに行き、みなさんの将来を考えるきっかけにしてください。
    出版社の社会人に会いに行く

    この記事を読んだ人が読んでいる記事

    銀行と信用金庫の違いはどこにあるのか

    はじめにみなさん就活生の中には金融業界を目指している方は多いかと思います。そんなみなさんでも意外と知らないことの一つとして、「銀行」と「信用...

    2017.12.05

    ピックアップ記事

    就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

    就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

    2018.03.23

    大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

    大学・学年関係なく、
    OB訪問をしたいならMatcher!

    気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
    志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

    ●カテゴリー一覧

    ●Matcher Dictionaryについて