就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
アパレル店の陳列棚の写真です。

【例文あり】アパレル業界の志望動機で押さえるべき要点

ESや面接など、就活においてほとんどの企業に問われる志望動機。この記事ではアパレル業界の志望動機の要点をお教えします。印象に残る志望動機で、ESや面接を突破してください。

2019.02.08

アパレル店の陳列棚の写真です。

説得力のある志望動機を考えるために

「弊社を志望した理由を教えてください。」

‌就活では、頻繁に企業から志望動機を聞かれることになります。沢山の志望動機を考えなければならず疲弊している人は多いのではないでしょうか?志望動機は、選考を突破できるか否かに大きな影響を与える重要なもの。説得力のある志望動機を伝えたいところです。

‌この記事のテーマは、アパレル業界の志望動機で押さえるべき要点。しかし、ここで説明する志望動機の考え方は、アパレル業界に留まらず、あらゆる業界の志望動機を作るのに役立ちます。ぜひ最後まで読んで、みなさんの志望動機作りに生かしてください。

‌志望動機は、やりたいことの軸から作る

アパレル業界の志望動機を考えている図冒頭でも述べた通り、エントリーシートや面接など、志望動機が聞かれる場面は多々あります。企業の志望動機を一つ一つ丁寧になど考えてなどいられないと思っている人もいるかもしれません。

‌たしかに、1つ1つの企業の志望動機を0から作るのは骨の折れる「作業」になってしまいます。結果として企業説明をまとめただけのような志望動機になり、熱意を感じられるものにはならないでしょう。

‌‌では、どうすれば安定的に説得力のある志望動機を作ることができるのか。ずばり、志望動機を作る前にやりたいことの軸をつくっておくことで実現できます。やりたいことの軸とは、自分がやりがいを持って仕事に打ち込める対象・方向性のことです。例えば、アパレル業界を志望しているみなさんには、以下のような軸が当てはまるかもしれません。

‌「直接人と関わり、価値を提供できる仕事
‌「人の自己実現に貢献できる仕事

‌このように、自分のやりたい仕事の軸を言語化することは、志望動機を考える上で以下の2つようなメリットがあります。

志望動機の「使い回し」ができる

1つは、志望動機の使い回しが可能になることです。「使い回し」と表現すると悪いイメージを持たれるかもしれませんが、至って健全なことです。

‌志望動機のゴールは、「自分のやりたい仕事は、〇〇で、それが実現できる業界は△△業界です。その中でも御社は☓☓なので、入社したいと考えました。」という型に落とし込むこと。この型に落とし込んで志望動機を作成できれば、自然と説得力が出てきます。

‌やりたいことの軸が定まっていれば、この型に当てはめるのは難しくありません。なぜなら軸が定まった時点で、やりたい仕事(〇〇の部分)とそれが実現できる業界(△△の部分)は決まるから。あとは、企業に合わせて☓☓の部分を変えていけば良いのです。自分のやりたいことに沿った企業の志望動機は、数が多くなったとしても苦労せずに作れるようになるはずです。

志望動機に説得力が生まれる

‌志望動機をやりたいことの軸から作るべきもう1つの理由。それは、志望動機に説得力が出ることです。軸から志望動機を作ると、自分のやりたいことがその企業で実現できることを伝えることになります。こうすることで、その志望動機に説得力が生まれ、選考を突破しやすくなるはずです。

‌企業の採用担当者が志望動機を聞く目的の1つに、熱意がなく、内定を出しても辞退する可能性の高い学生を見極めるというものがあります。志望動機に説得力があれば、熱意を疑われることはないでしょう。

‌志望動機を作る前にやりたいことの軸を明確にするのは、一見回りくどいように感じられるかもしれません。しかし、長期的に見たときには、そちらの方が効率よく志望動機が作れるようになっているはずです。以下の記事を参考に、自分の軸を考えてみてください。

‌アパレル業界の志望動機の例文

志望動機の例文を表している画像です今まで説明してきたことを踏まえ、アパレル業界の志望動機の例を紹介します。

‌私が御社を志望した理由は、服での力人の自己実現に貢献したいからです。

‌私は大学時代からファッションが好きになり自分が気に入った服を着たときには、自信を持って振る舞えることに気づきました。服には、人の気持ちを明るくしたり、勇気づけたりする力があります。この喜びを多くの人知って欲しいと考えるようになり、アパレル業界を志望するに至りました。

‌その中でも御社は、「現場第一主義」を徹底しており、お店でのお客様とのコミュニケーションを最も大切にしています。お客様がなりたい像をコミュニケーションの中から理解し、最適な提案をすることを大切にしたいと考え、御社を志望させていただきました。


‌自分のやりたい仕事とそう考えるようになった経緯。そして、それを実現するのに最も適しているのがその企業であること。やりたいことの軸を定めていれば、この流れをきれいに作ることができます。これは、アパレル業界に限らず、どんな業界でも効果テキメン。みなさんが志望動機を考えるときに参考になれば幸いです。

‌アパレル業界の志望動機の完成度を高めるために

アパレル業界の志望動機の考え方について説明してきました。みなさんが実際に志望動機を作るときの参考になれば幸いです。自分の軸を定めて志望動機を作ることは、選考突破に繋がるのはもちろん、入社後に満足感を持って働くためにも大切です。

‌アパレル業界の志望動機が作れたら、実際に現場で働く社会人にアドバイスをもらいましょう。そのようなときに便利なのが、就活相談プラットフォームのMatcher(マッチャー)。
Matcherは、気になる業界の気になる社会人に就活相談ができるサービスです。4400人を超える社会人が面接対策やES添削など、就活生の悩みを解決しています。アパレル業界の社会人も多数登録してくださっています!

社会人の所属企業一覧(一部)
‌オンワード樫山、BEAMS、TOKYO BASE、三陽商会、adidas japan、ファーストリテイリングなど

‌企業の立場からチェックしてもらうことで、志望動機の説得力がグッと高まるはずです。
‌社会人の話を聞き、将来を考えることができるのは学生である今だけ。ぜひ話を聞きに行き、みなさんの就活に役立ててください。
社会人に会いに行く(無料)

この記事を読んだ人が読んでいる記事

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2019.02.08

2020卒のOB訪問の時期はいつからいつまで?

OB訪問の時期はいつ?みなさんはOB訪問をいつから始める予定ですか?就職活動の本選考の前からするべきだとは分かっていても、どの時期にすべきな...

2019.02.12

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて