就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
前向きな女性の写真です。

自己PRや長所で前向きなところをアピールするのはアリ?

ほとんどの選考で問われる、自己PRや長所。この記事では前向きな性格をアピールするときのポイントをお教えします。注意点をしっかりと押さえ、前向きな性格を適切に伝えましょう。

2018.06.26

前向きな女性の写真です。

はじめに

‌「自己PR」や「自分の長所」は選考の中で最も聞かれる質問。企業が魅力を感じる強みをアピールできるか否かは選考の合否に大きな影響を及ぼします。どのような強みを伝えるべきなのか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

‌この記事のテーマは、自己PRや長所で前向きなことをアピールするときのポイント。前向きな性格は、仕事をする上でポジティブな働きを「しそう」です。しかし、自己PRや長所は「しそう」で終わっては説得力に欠けます。自分の持つ資質が仕事でどのように活かされるのか、具体的に想起してもらえなければならないのです。

‌前向きであることをアピール方法を説明する記事ですが、他の強みを説明するときにも生かすことができます。ぜひ最後まで読んで、自己PRや自分の長所を伝えるときに役立ててください。
  • 【就活生に捧ぐ】ESや面接に役立つ自己PR例文集
  • ‌企業が評価する「強み」とは何か

    自己PRや長所の伝え方に入るまでに、そもそもどのような基準で強みを選ぶべきなのか考えたいと思います。みなさんがアピールする強みを選ぶ判断軸。それは、企業が採用するメリットを感じる強みになっているか否かです。

    ‌企業は人を採用の可否を判断する明確な基準を持っています。その基準とは、入社後に活躍する可能性が高い人材なのかどうか。決して安くないお金をかけて雇う以上、採用した人にはそれに見合った活躍をすることを求めます。選考の中で活躍する可能性を感じることができれば、選考を通過させようと考えてもらえるのです。

    ‌では、活躍する可能性はいかにして判断しているのでしょうか。それがずばり、自己PRや長所から分かる強みです。エントリーシートや面接でみなさんの強みを把握し、それを元に活躍する可能性を判断しています。

    ‌みなさんは、企業の持つ強みの評価基準を意識して自己PRや自分の長所を考えていますでしょうか?ただなんとなくしっくりきた強みを伝えている就活生は少なくありません。前向きなことをアピールするときも、それが企業での活躍イメージに繋がるか考えてみてください。

    ‌前向きであることをアピールする自己PRの例文

    自己PRの例文を紹介している画像です強みを選ぶときの基準を学んできました。ここからは本題。前向きであることを伝えるときのポイントを説明します。まずは、以下の例文を御覧ください。

    ‌私の強みは、失敗から多くを学び、改善のために生かすことができることです。
    学生時代、体育会卓球部に所属していたときのことです。レギュラーのメンバーになった初めての部内試合で、手も足も出ないほどの敗北を喫してしまったことがありました。私はここで諦めることなく、試合に勝てなかった理由とその改善方法を研究しました。そして、練習では課題を感じていた部分を重点的に練習するようにしました。その結果、6ヶ月後の部内試合で前回完敗したメンバーに勝利することができました。
    ‌社会に出て仕事に取り組むようになれば大きな課題に沢山直面することになると思います。今までの経験を活かし、諦めることなく改善すべき課題を克服していきたいと考えています。


    ‌上記の例文を読んで意識してほしいのは、強みを伝えるときの構成です。「結論」、「エピソード」、「強みをどう生かすか」の3つの項目を順序通りに説明すると、聞き手に自分の強みを理解してもらいやすくなります。

    結論(私の強みは〇〇です)

    自己PRや自分の長所を伝えるときは、一番最初に結論である自分の強みを持ってくるようにしましょう。先に自分の強みを伝えることで、後に続くエピソードの理解が深くなります。結論を先にする伝え方は、何か物事を伝えるとき全般に共通しているので、これを機会に意識するようにしましょう。

    ‌強みの根拠となるエピソード‌

    根拠となるエピソードでは、いかにして自分の強みが発揮されたのかを理解してもらうことがゴールになります。

    ‌①自分の強みが発揮された場面(体育会卓球部での活動)
    ‌②持っていた問題意識/達成すべきゴール(部内試合で惨敗)
    ‌③目的達成のために取った行動(勝てなかった理由を分析し、愚直に改善)
    ‌④それによってもたらされた結果(6ヶ月後の試合では勝利)

    ‌上記の4点を丁寧に伝えると、思考のプロセスをストーリー立てて伝えることができるのでおすすめです。また、面接ではここで説明したエピソードについて深く質問されるので、どのような角度から質問されても大丈夫なように準備をしておきましょう。

    ‌強みをどう生かすか

    ‌‌先程も述べた通り、企業が強みを知ろうとするのはみなさんが活躍する可能性を知るため。自分の強みが入社後にどのように生きるのかについても言及するようにしましょう。活躍するイメージを持ってもらうことができ、しっかりと入社後のことを考えている印象を与えることができます。

    ‌前向きなことを伝えるときは、具体的な表現に

    ‌前向きであることを伝える例文を紹介しました。この例文で特徴的なのが、前向きなことをアピールする例文であるにも関わらず、「前向き」という言葉を使っていないこと。この意図は、みなさんが持つ強みを漠然とさせないようにすることにあります。「前向き」という言葉は、漠然とした言葉であるため、それに伴って強みもぼんやりとします。「失敗から多くを学び、改善のために生かすことができる」のように、具体的に表現するので、何ができるのか明確にイメージすることができるのです。ぜひ、自分の強みがどんな表現で説明できるのか今一度考えてみてください。

    ‌さいごに

    前向きであることを自己PRや自分の長所で伝えるときのポイントを説明してきました。みなさんが自分の強みを伝えるときの参考になれば幸いです。

    ‌冒頭でも述べた通り、自己PRや自分の長所として伝える強みは、選考の合否に大きく影響します。行きたい企業の選考を突破できるよう、しっかりと準備をしてください。

    自分で自己PRを考えられたら、Matcher(マッチャー)で添削をお願いするのがおすすめです。
    ‌Matcherは、気になる企業の気になる社会人に就活相談ができるサービス。7000人もの社会人がみなさんの就活に関する悩みを解決してくださっています。

    ‌相談にのってもらえる内容は、ES添削や面接対策など様々。みなさんが考えた長所にもアドバイスをもらうことができます。
    ‌企業の立場からアドバイスをもらうことで、より魅力的な自己PRに仕上げることができるはず。ぜひ話を聞きに行き、みなさんの就活に役立ててください。
    社会人に会いに行く(無料)

    この記事を読んだ人が読んでいる記事

    就活を制す自己PRの4つのコツ

    自己PRで就活を制するためにエントリーシート(以下 ES)や 面接において、必ずと言ってよいほど問われる自己PR。就活において最も...

    2018.03.26

    面接当日にできることは?

    面接で自分の力を発揮するためにみなさんは面接の当日、どのようなことを考えて本番までの時間を過ごしていますか?志望度が高い企業であるほど緊張す...

    2017.12.07

    ピックアップ記事

    就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

    就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

    2018.03.23

    大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

    大学・学年関係なく、
    OB訪問をしたいならMatcher!

    気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
    志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

    ●カテゴリー一覧

    ●Matcher Dictionaryについて