就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
素直に芽吹く草の写真です。

【ES】自己PRで「素直さ」をアピールして大丈夫?

多くの企業が学生に求める素直さ。この記事では自己PRや長所として素直さをアピールするときの要点をお教えします。強みである素直さをしっかりと企業側に伝えられるようになりましょう。

2019.03.26

素直に芽吹く草の写真です。

魅力的な自己PR文を書くために

【求める人物像】
‌明るく素直であること


‌企業の求める人物像としてしばしば取り上げられる「素直さ」。実際に採用担当者の人と話していても、とにかく素直な子が欲しいという要望はしばしば聞きます。自己PRや長所で強みをアピールする際には打ってつけの強みと言えるかもしれません。

‌‌しかし、たとえ声を大にして自分が素直だとアピールしても、それを裏付けるものがなければ納得してもらうことはできないでしょう。また、なぜ企業が素直な学生を求めているのか知らなければ良い自己PRや長所をつたえることはできないはずです。

‌‌この記事では、企業が素直さを重要視しているのかを説明するとともに、その効果的な伝え方について説明します。みなさんが自己PRや長所を考える際の参考になれば幸いです。
‌‌
  • ES(エントリーシート)に活きる自己PRの書き方
  • ‌‌企業が素直さを重要視する理由

    ‌自分の強みをアピールするとなったときに、「素直さ」は何か特別なことができる資質ではありません。それにも関わらず、なぜ企業は素直な学生を採用したいと考えているのでしょうか?理由はシンプル。素直な学生は成長のスピードが早いからです。

    ‌中途採用では、新卒採用以上に素直さが求められることはありません。それは、今まで業務経験を積み、求めている仕事ができる前提で採用をするものだからです。一方、新卒採用においてはそうはいけません。全く仕事の経験がない学生のポテンシャルを見立て、活躍するか否かを判断しなければならないのです。

    ‌では、経験がない学生のポテンシャルはどのようにして見極めるのか。それがずばり素直さです。素直な学生は、先輩や上司から教えてもらったことや自分で経験したことから学び、それを自分の血肉とすることができます。

    最初は何もできなくても、ぐんぐんと成長し、仕事を任せられるだけの技量を身につけることができるでしょう。一方で、素直さに欠ける学生は、言われたことを吸収することが難しくなります。それ故成長スピードが鈍化し、なかなか戦力として活躍できないという事態に陥るのです。

    ‌新卒として入社したばかりの頃は必ずしも即戦力として活躍することは求められていません。いち早く業務を理解し、一人前として仕事ができるようになることが望まれています。

    ‌それを測るのに最も有効なのが、素直であるか否かを見極めること。ただやみくもに素直だと言い張るのではなく、自分が他者の教えや自身の経験から学び、成長した経験を伝えるのが良いでしょう。

    ‌自己PRとして「素直さ」はアピールして大丈夫?

    企業が「素直さ」を重要視しているということをこれまで説明してきました。ただ、ESの自己PRとして「素直さ」をアピールするのは不適切です。

    ‌なぜなら、「素直さ」は面接での受け答えを通して自然と伝わるものだから。自分でいくら「素直な性格です」と言い張ろうとも、判断をするのは面接官です。また、本当に素直な性格なのであれば、言わずとも伝わるので、せっかくの自己PR時間を無駄な発言に使っていると言えるでしょう。

    ‌本来自己PRは、みなさんが企業にとって価値のある人間だということをアピールする時間。つまり、利益を上げるための資質があることを示す必要があるのです。この点を考慮したときに「素直さ」は「仕事ができる」というイメージには繋がりにくく、不適切だと言えるでしょう。

    ‌「素直であること」をアピールするのではなく、「素直さを生かして何が出来るのか」に注目した自己PRにすべきです。

    ‌素直さを説得力を持って伝えるための構成とは?

    自己PRの構成を考えている画像ですここからは「素直さ」を伝えるESの書き方をご紹介します。以下の3点を意識して自己PRを作るよう、意識してください。

    ‌①私の強み(長所)は〇〇です。

    ‌自分の強みを伝えるときは、「私の強み(長所)は〇〇です。」というかたちで、結論を最初に持ってくるようにしましょう。

    ‌強みの根拠となるエピソードから話し始めてしまう就活生が多いのですが、話を分かりづらくする要因となります。結論から先に伝えることで、エピソードが何を伝えるためのものなのか理解した状態で話を聞けるので、頭を整理しやすくなります。

    ‌結論を先頭に持ってくることを忘れぬよう、注意してください。

    ‌②素直さを裏付けるエピソード

    自身の強みを冒頭で伝えたら、次はそれを裏付けるエピソードを伝えます。ざっくばらんに話しても伝えたいことがぼやけてしまうので、以下の4点に整理すると良いでしょう。

    ・素直さが発揮された場面
    ‌・指摘や経験から得た学び
    ‌・実際に学びを生かした経験
    ‌・学びを生かした結果


    ‌面接では、自身が伝えたエピソードについて事細かく質問されるので、どんな事を聞かれても対応できるように、経験を振り返っておきましょう。

    ‌入社後に素直さをどう生かすのか

    締めには、入社後に素直さをどう生かすのか言及しましょう。これによって、入社した後についても具体的に考えている学生なのだという印象を与えることができます。

    ‌素直さをアピールする際に限らず、自己PRや長所の流れは基本的に上記のような流れで伝えていくことになります。みなさんが自己PRや長所を伝える際の参考にしてください。

    素直さをアピールする自己PRのES例文

    今まで説明してきたことを踏まえて、素直さをアピールする自己PRの例文を紹介します。

    ‌私の強みは、他者からの指摘を真摯に受け止め、改善に最大限生かすことができることです。(強み)
    ‌学生時代、体育会のバスケットボール部に所属していました。上級生になり、後輩の指導に当たっていた時に、コーチから全く後輩の成長に貢献できていないと叱咤を受けました。そこで、私は後輩の技術を向上させるためにはどうしたら良いのかを考えました。その結果、ルーティンと化していた練習メニューを見直し、後輩の弱点を克服するためのメニューに変更しました。その結果、自分の指導した後輩が飛躍的な成長を見せ、同期の中で最も早くベンチ入りしました。(強みを発揮した経験)
    ‌社会に出たら分からないことばかりでしょうし、その都度ご指摘をいただくこともあるかもしれません。そのようなときは、今までの経験を生かし、自分の課題を克服するためにはどうしたら良いのかしっかりと考え行動に移したいと思っております。(強みの生かし方)


    例文では「素直」というワードを一度も使っていませんが、自分の未熟な部分を受け止め、それを成長の糧とする素直さが伝わるものになっているのではないかと思います。みなさんが素直さをアピールする際の参考になっていれば幸いです。

    Matcherに登録して面接対策をしよう

    Matcherに登録してくれた方全員にガクチカ&自己PR長所&短所志望動機の作成マニュアル3点セットをプレゼントします。大手難関企業内定者のESをもとに、選考突破のノウハウを分かりやすく解説。ES・面接対策を力強くアシストします。

    ‌‌※Matcherご登録後、登録確認メールの添付ファイルにてお送りいたします。

    Matcherとは‌..

    ‌‌
    ‌OB訪問機能とスカウト機能を兼ね備えた就活プラットフォーム。所属大学に関係なくOB訪問を行えるほか、プロフィールを充実させるだけでスカウトをもらうことができます。就活対策にご利用ください。
    Matcherに登録する(無料)

    この記事を読んだ人が読んでいる記事

    ピックアップ記事

    就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

    就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

    2019.07.19

    大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

    大学・学年関係なく、
    OB訪問をしたいならMatcher!

    気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
    志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

    ●カテゴリー一覧

    ●Matcher Dictionaryについて