就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
「ポジティブ」と書かれた積み木の写真です

自己PRや長所で「ポジティブ」を伝えるのはアリ?

この記事では、自己PRや長所においてポジティブな性格をアピールして良いのか解説します。選考の突破において、非常に重要な自己PRや長所。ポイントを押さえた自己PRで、選考を突破してください。

2018.06.26

「ポジティブ」と書かれた積み木の写真です

企業に評価される自己PR・長所を考えるために

‌就活の定番とも言うべき自己PRや長所。企業にみなさんの強みを理解してもらう上で選考突破の鍵になる、重要な質問です。毎年多くの就活生が自分の強みを最大限発揮すべく、試行錯誤しています。

‌この記事のテーマは、ポジティブであることを強みとする自己PR・長所について。ポジティブな性格と聞くと、明るく立ち振舞って周囲の人と上手くコミュニケーションをとれるイメージをするでしょう。無難で伝えやすい強みに感じる人も多いかもしれません。

‌しかし結論を言うと、ポジティブな性格を強みとするのは危険ですなぜなら、「ポジティブ」という言葉は非常に抽象的で、的確に自分の強みを表現するのには向かないからです。

‌この記事では、自己PRや長所で伝える強み正しい表現方法を伝えるとともに、ポジティブであることの適切な表現方法について説明します。ぜひポイントを押さえて、企業に評価される自己PR・長所づくりをしてください。
  • 【就活生に捧ぐ】ESや面接に役立つ自己PR例文集
  • 自己PRや長所で伝えるべきこと

    自己PRや長所で伝える強みを考える上で大切なことは、企業が評価する強みはどんなものなのかを熟考することです。多くの就活生は、自分の強みを漠然と考え、なんとなくしっくり来たものを自己PRや長所として伝えがち。そこには企業の立場で強みを判断するという観点はありません。企業の立場になることなく考えられた強みは、企業に評価されない的はずれなものになってしまうでしょう。企業が興味を持つ強みを伝えるためには、そもそも企業がどんな強みを評価するのかを知っておく必要があります。
    ‌では、企業が評価するのはどんな強みなのか。それはずばり、仕事で成果を残すために発揮できる強みです。企業は自社の事業を運営する人を確保し、成果を出すために新たに人を採用します。選考の中では、入社後に事業運営にどれくらい貢献してくれる見込みがあるのかを見極めなければなりません。
    ‌中途採用では、この見込みを以前の業務内容や実績である程度予測することができます。しかし、業務経験がない学生を採用する新卒採用では、このような予測を立てることができません。そこで重要になるのが、今までの経験です。人の強みは、経験にのみ現れるもの。だからこそ企業は「自己PR」や「長所」を聞くことで、みなさんの強みを知ろうとしているのです。
    ‌自己PRや長所では、入社後に活躍するために有効な能力を強みとして伝えられるよう準備してください。

    ‌「ポジティブ」で強みはアピールできる?

    ポジティブを自己PRで伝えている学生の図ここからは本題。強みとしてポジティブであることを伝えるときのポイントについて説明します。冒頭でも述べた通り、自己PRや長所で伝える強みとして「ポジティブ」はあまり適切ではありません。なぜなら、ポジティブな性格は直接的に企業で活躍する強みにならないからです。たしかに、ポジティブな人は仕事に対して前向きに取り組んでくれそうな印象を持ちます。しかし、あくまで「くれそう」です。ポジティブという言葉が抽象的なため、その強みによってどんな成果が生まれるのかをイメージすることができません。

    ‌では、どうしたら強みとしてポジティブであることを訴求できるのか。その方法とはずばり、「ポジティブ」の具体化です。ポジティブであるという性格には、必ずそれを構成している要素があります。例えば、「苦しい状況でも、それを好転させる方法を考え、実行に移せる」といった資質があるからこそ、ポジティブでいられるのかもしれません。このように抽象的な「性格」で終わらせるのではなく、「資質」として具体的に言語化すると、企業でも生かすことができそうな強みとしてアピールできるようになります。

    ‌「ポジティブ」に限らず、自分の性格を強みとして伝えるときは、どこか漠然とした印象を持たれてしまいがち。しかし、性格を再現性のある資質へ落とし込むと、自己PRや長所でもアピールできるような強みになります。どんな性格でも生かすことができるので、ぜひ参考にしてみてください。

    さいごに

    自己PRや長所の考え方は理解できましたでしょうか?
    ‌冒頭でも述べた通り、自己PRや長所は自身の可能性を感じてもらうために極めて重要な資質です。しっかりと準備をして、魅力的な強みをアピールできるようにしておきましょう。

    ‌自分で伝えようとしている強みが本当に企業の興味を引くものなのか分からないこともあるかと思います。そのようなときにおすすめなのがMatcher(マッチャー)
    M‌atcherは、所属大学や学年に関係なく、就活相談ができるサービスです。4200人を超える社会人が、みなさんの就活に関する悩みを解決してくださっています。実際に仕事の現場で活躍している人にアピールする強み、そしてそれを裏付けるエピソードを見てもらうことで、完成度がグッと高まるはず。ぜひ話を聞きに行き、みなさんのエントリーシートや面接に役立ててください!
    社会人に会いに行く(無料)

    この記事を読んだ人が読んでいる記事

    就活を制す自己PRの4つのコツ

    自己PRで就活を制するためにエントリーシート(以下 ES)や 面接において、必ずと言ってよいほど問われる自己PR。就活において最も...

    2018.03.26

    面接当日にできることは?

    面接で自分の力を発揮するためにみなさんは面接の当日、どのようなことを考えて本番までの時間を過ごしていますか?志望度が高い企業であるほど緊張す...

    2017.12.07

    ピックアップ記事

    就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

    就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

    2018.03.23

    大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

    大学・学年関係なく、
    OB訪問をしたいならMatcher!

    気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
    志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

    ●カテゴリー一覧

    ●Matcher Dictionaryについて