就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
笑顔の人形の写真です。

自己PRや長所で「笑顔」をアピールしてはいけない理由

自己PRで笑顔をアピールすることはNG。この記事では、自己PRや長所で笑顔をアピールしてはいけない理由を説明します。面接官の意図を正しく把握して、適切な自己PRができるようになりましょう。

2018.06.26

笑顔の人形の写真です。

自己PRや長所に「笑顔」はNG!?

‌「自己PRをお願いします
‌「あなたの長所を教えてください

就活では、度々自分の強みは何なのか問われます。どんな強みを伝えれば企業に評価されるのかが分からず、悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

今回取り上げるのは、「笑顔」を強みとした自己PRです。自分の強みを笑顔が素敵なことと定義し、エントリーシートや面接でもそのように伝える就活生は多くいます。

‌単刀直入に述べると、自己PRや長所を伝えるときに笑顔を強みとするのはNGです。なぜなら、笑顔が素敵であるという強みよりも優先して伝えるべき強みがあるからです。この記事では、企業が自己PRや長所を通して見ているポイントを説明するとともに、どんな強みをアピールすべきなのか説明します。みなさんが自己PRや長所を考える上での参考になれば幸いです。

  • 【就活生に捧ぐ】ESや面接に役立つ自己PR例文集
  • ‌選考を通して企業が見ている3つのポイント

    企業が自己PRで見ているポイントを紹介している画像ですなぜ自己PRや長所を伝えるときに、笑顔をアピールしてはいけないのか。この問いに答えるためには、選考の中で企業が見ている観点を知らなければなりません。ここでは、3つの観点に分けて、企業がジャッジしているポイントを紹介します。

    ‌①企業に対する熱意

    ‌企業の採用担当者は、1年で採用しなければならない人数を定められ、それを達成すべく採用活動に取り組みます。採用担当者が達成しなければならないのは、「内定を出した人数」ではなく「入社に至った人数」。最も恐れるのは、せっかく出した内定を蹴られ、目標の入社人数を達成できないことです。また入社後にミスマッチに気づき、早期に退職されてしまうことも避けたいと考えています。したがって、選考の中で優秀だと判断されたとしても、企業への興味や熱意が疑われれば、内定を獲得することが難しくなるでしょう。
    ‌企業に対する熱意が見られているポイントとしては、志望動機将来やりたいこと面接での逆質問などがあります。

    ‌②入社後に活躍するポテンシャル

    どんなに企業に入社したいと思ってくれたとしても、それだけで内定を出すわけにはいきません。なぜなら、入社後に企業の利益に貢献できるだけのポテンシャルでなければならないからです。企業で働く以上、給与以上の活躍をすることが求められます。
    ‌中途採用では入社後の活躍を前職の実績である程度推測することができますが、新卒採用はそういうわけにはいきません。新卒採用では、仕事での実績ではなく、今まで経験したことや、経験を通して得た強みから活躍する可能性を推測するのです。企業は、これらを知るために「学生時代頑張ったこと」や「長所」、そして「自己PR」などを質問します。

    ‌③第一印象

    ある調査では、候補者の合否を4分以内に決めている面接官が半分以上いるというデータがあります。面接官にその気がなくても、みなさんが与える第一印象は合否に大きな影響を与えているのです。みなさんが企業に対する熱意や将来活躍するポテンシャルを持っていたとしても、最初の印象が良くなければ評価しようと思ってもらうことが難しくなるでしょう。服装や姿勢、話し方や表情で面接官に与える印象は大きく変わるので、自分の面接での振る舞いに問題がないか、本番に臨む前に確認してください。

    笑顔の良さは自称するものではない

    選考全体の中で企業が見ているポイントを取り上げました。ここではそれを踏まえ、自己PRや長所で笑顔をアピールしてはいけない理由を説明します。
    ‌自己PRや長所に笑顔が向かない理由。それは、笑顔は自分からアピールするものではなく、印象として与えるものだからです。「笑顔が良いこと」と言って、面接の場で笑顔が見られなければ、全く説得力がありません。また、自分から笑顔が良いとアピールせずとも、面接官が勝手に感じ取ってもらうことができます。
    ‌自己PRや長所でアピールすべきなのは、仕事に生きる強み。そして、その根拠となるエピソードです。笑顔をアピールすると、仕事に生きる強みをアピールするチャンスをみすみす逃してしまうことになりかねません。
    ‌自ら伝えずとも伝わる笑顔ではなく、自ら伝えなければ理解してもらえない強みをアピールしましょう。

    ‌自己PRや長所で評価されるために

    就活の選考では、本当に短い時間で自分の良さをアピールしなければなりません。自分の強みを最大限理解してもらうためにはどんな自己PR・長所を伝えるべきなのか。準備の段階でじっくり考えてみてください。

    ‌そうは言っても、企業に評価される強みが何なのかを判断するのは簡単ではないでしょう。そんなときにおすすめなのが、就活相談のプラットフォーム、Matcher(マッチャー)です。
    Matcherは、所属大学や学年に関係なく、会いたい社会人に就活相談ができるサービス。現在あらゆる業界で活躍する4000人以上の社会人が就活生の悩みを解決してくださっています。
    ‌みなさんが考えた自己PRや長所を企業側の視点から添削してもらえるため、選考突破の確率がグッと高まるはず。ぜひ話を聞きに行き、就活の糧にしてください!
    社会人に会いに行く(無料)

    この記事を読んだ人が読んでいる記事

    就活を制す自己PRの4つのコツ

    自己PRで就活を制するためにエントリーシート(以下 ES)や 面接において、必ずと言ってよいほど問われる自己PR。就活において最も...

    2018.03.26

    面接当日にできることは?

    面接で自分の力を発揮するためにみなさんは面接の当日、どのようなことを考えて本番までの時間を過ごしていますか?志望度が高い企業であるほど緊張す...

    2017.12.07

    ピックアップ記事

    就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

    就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

    2018.03.23

    大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

    大学・学年関係なく、
    OB訪問をしたいならMatcher!

    気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
    志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

    ●カテゴリー一覧

    ●Matcher Dictionaryについて