就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
サークルのエピソードをES自己PRに書くときの説明記事です。

【例文あり】ESで評価される自己PRの書き方 (サークル編)

多くの企業で求められるESの提出。この記事ではESの自己PR欄で、サークル活動をアピールする際のポイントを説明します。ぜひ最後まで読んで、自己PRのブラッシュアップに役立ててください。

2018.08.09

サークルのエピソードをES自己PRに書くときの説明記事です。

サークルのエピソードで魅力的な自己PRを書くために

「サークル活動を自己PRに使いたいけど全然ESが書けない・・」
「自己PRにどんな要素を盛り込めば良いのかわからない・・」

ESで自己PRを求められた際に上記のような悩みを抱えている方も多いでしょう。この記事では、「サークル活動」をESの自己PR欄に書きたい方に向けて、書くときのポイントを解説します。ESの例文も紹介しているので、ぜひ自己PRの作成に役立ててください。

ESの自己PRで見られているポイント

みなさんは自己PRを書く際に、なぜ企業が自己PRを求めるのかご存知でしょうか?

企業が自己PRを求める理由。それは、「学生が企業で活躍する資質があるかを確かめるため」です。企業は自社で活躍してくれる社員が欲しいわけで、そのためには活躍できそうなポテンシャルを持つ学生を採用したいと考えています。

そのため、企業側が重要視している資質をまず理解し、その資質に合った自分の側面をアピールすることは選考通過に有効な手段でしょう。

企業は新卒採用ページで「求める人材像」を掲げており、必要とされる資質をチェックすることができます。ぜひESを書く前に確認してください。

自己PRを書く際に知っておきたい注意点

ESの自己PR欄で見られているポイントを説明してきました。ここではESで自己PRを書く際に知っておきたい注意点をお伝えします。

それは、自己PRする資質を具体的に、相手に伝わるような表現にすること。抽象的な言葉で表現してしまうと、自己PRを通してみなさんが伝えたいメッセージが正確に伝わらない可能性があります。

‌「向上心」「粘り強さ」などと抽象的な言葉で表現するのではなく、「相手の感情を読み取り、ニーズに合った行動をすることができます」や「現状に満足せず、より高い成果をだすために努力できること」などと、具体的な表現をしましょう。

サークルのエピソードをESで書く際の注意事項

ESで自己PRを書く際に知ってほしいテクニックを紹介してきました。ここからはサークルでのエピソードをESでアピールする場合の注意事項を説明します。

まず押さえて置かなければならないのは、サークルの経験は他の人と被る可能性が非常に高いということ。スポーツ系のサークルから文化系のサークルまで、似たような組織に属していた学生は何千人といます。企業側は同じような内容のESを何度も見ており、「またその話か」というスタンスであることを覚えておきましょう。

だからこそ、サークル活動の内容そのものをアピールするのではなく、「何を考え、何で悩み、どのような独自の工夫を加えたか」を自己PRに盛り込むべきです。

所属していた組織の中で誰よりも考え抜き、組織に流されず行動をした経験等をアピールすると良いでしょう。

ESの自己PRに必要な要素とは?

ここまで、ESで自己PRを書く際に注意すべきことを説明してきました。ここからは、実際に自己PRを書く際におすすめのフレームワークを紹介します。以下の図をご覧ください。
サークルのエピソードを伝えるための、ES自己PRの流れ
ESで自己PRを書く際には上記の3つを順番に書くと、わかりやすい文章にすることができます。一つ一つの要点を解説を確認してみましょう。

結論(自分の強み)

自己PRの文頭では、結論である自己PRしたい資質、能力をアピールしましょう。その際に気をつけるべきポイントは、具体的な表現にすること。前の章でも述べましたが、ただ「向上心」と表現するのではなく、「現状に満足せず、より高い成果をだすために努力できること」などとイメージがつきやすい表現にするべきです。

強みが発揮された経験

自己PRしたい資質・能力を述べたあとには、みなさんの強みが実際に発揮された経験を書きましょう。その際に、以下のような構成で経験を整理し伝えるとわかりやすいです。

Situation(自分が身をおいていた場面の状況)
‌②Task(当時解決すべきだった問題や、達成すべきだった目標)
‌③Action(②を解決/達成するために自分がとった行動)
‌④Result(③によってもたらされた結果)

これはSTAR法と呼ばれる伝え方で、簡潔に要点を押さえたアピールをすることができるので、ぜひ活用してみてください。また、その経験を伝える際に、どのような思いで取り組んだのかも書くと良いでしょう。

強みの生かし方

ここまででみなさんのアピールしたい能力、およびそれを裏付ける経験を説明することができました。ここで満足してしまいがちですが、自己PRした能力を入社後にどう生かせるかを書くことが大事です。

自己PRした能力がどのような仕事で生かせると考えているかを書き、企業で活躍しているイメージを企業側に浮かばせるようにしましょう。

サークルのエピソードを用いた自己PRの例文

これまでサークル活動を自己PRで魅力的に伝えるESの書き方を紹介してきました。ここでは実際にサークル活動の経験を自己PRに使用した例文を紹介します。

イベントサークルでのエピソードをアピールする自己PR

私は周囲の人が敬遠するような辛い状況でも、諦めず地道に取り組み続け結果を出す点が強みです。(結論)

学園祭の企画運営でこの強みは発揮されました。私が責任者を務めた企画は例年、企画会場前で混雑が発生。観客アンケート結果からこの問題を解決する必要はあることは明確でしたが、運営面の改革は企画演出に直接関係が無く地味であり、手間のかかる作業だったため周囲は乗り気で無い状況に。しかし、やるからには観客に最大限満足してもらえる企画にしたく、運営計画を一から作り直しました。新しい手法の導入やスタッフへの再教育など、骨の折れる作業ばかりでしたが、結果への強い執着心を元に計画を完成させ、史上最高の満足度を達成。(強みが発揮された経験

この「辛い状況でも、結果のために粘り強く取り組み続ける点」は貴社の企画業務に生かせると考えています。正解のわからない生活者のインサイトを徹底的に考え抜き、最善の広告を打ち出すことに、力を発揮できるはずです。(強みの生かし方

ESの自己PR記入を済ませたら

この記事では自己PRでサークル活動を魅力的に伝えるESの書き方を紹介してきました。みなさんの自己PR作成に役立っていれば幸いです。要点を押さえた良いESが書けるよう、今回の記事でお伝えした注意点を生かしてください。

また、ESを書き終えたあとには他の人に添削してもらうことをおすすめします。第三者の意見をもらうことで、自分の自己PRを客観的に見てもらうことができるようになるでしょう。
ESの添削をお願いしたいと思ったときには、ぜひMatcher(マッチャー)を活用してみてください。
ES自己PRのお願いをするならMatcher
Matcherは、企業で活躍する社会人の方が就活生の相談にのってくれるサービス。「就活相談にのるので、〇〇してくれませんか?」という社会人の提示するプランに申請をするだけで、簡単にOB訪問が実現します。
「就活相談にのるので、【20卒実践】ES添削 or 面接壁打ち 手伝います」
「就活相談にのるので、自己分析のお手伝いさせてください!」

【社会人・内定者の所属企業一覧(一部抜粋)】
みずほ銀行、三井住友銀行、三菱商事、三井物産、住友商事、リクルート、マッキンゼー、電通、博報堂、野村證券、住友不動産、資生堂、日産自動車、ソフトバンク、日本テレビ、講談社、日本マイクロソフトなど1500社。
‌【相談した学生の声】
‌・一貫性のある内容で、とても就活の参考になりました。
特に、自己分析のやり方や自己PR、志望動機の書き方など論理的に教えていただき、分かりやすかったです。

‌・お話では総合商社のビジネスや自己PRと志望理由の繋げ方について実体験を元に丁寧に説明して頂きました!あの書いていただいた紙は何回も見返します!!
‌就活に関して漠然と悩んでいる学生も、企業研究で社会人に会いたい学生も、少しの勇気さえあれば社会人にすぐ会いに行くことができます。‌さあ、みなさんも社会人に会って就活の悩みを解決しましょう!

この記事を読んだ人が読んでいる記事

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2018.03.23

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて