就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
証券会社の業界構造を説明している記事

証券業界とは?-お金と証券の違いを理解しよう

金融業界の中でも、多くの人気企業を擁する証券業界。この記事では、証券業界とは何なのか、お金と証券との違い等の基本的な部分からお伝えします。国内の代表的な証券会社のランキングも掲載。ぜひ読んで、証券業界への理解を深める一助としてください。

2019.02.08

証券会社の業界構造を説明している記事

【証券業界 目次】

第1章
証券業界とは?-お金と証券の違いを理解しよう←Now


‌第2章
第3章
第4章
第5章

証券業界について理解するために

‌多くの就活生が関心を寄せる金融業界。この記事のテーマは、金融業界の中でも人気企業の多い証券会社についてです。みなさんは「証券会社」と聞いたときに、どのような仕事をイメージしますでしょうか?

‌証券業界を目指している人は多いものの、そもそも証券について、ひいては証券業界について理解できている人は多くありません。この記事では、そもそも証券業界とは何なのか、お金と証券を比較しながら説明します。

‌証券業界を志望するのであれば、知っておかなければならない知識ばかり。ぜひ最後まで読んで、証券業界への理解を深めてください。

そもそも「証券」とは?

‌そもそも「証券」とは何のことなのでしょうか?

証券は一般的には有価証券のことを指します。簡単に言えば、紙幣ではないけれども、基本的には紙幣と同等の価値を持つものことという捉え方で問題ないでしょう。例えば、国債・社債(国や株式会社の借金のこと)や株式、投資信託のことを言います。この中でも証券会社がメインで扱うのは株式になりますので、この記事では「証券=株式」と理解して読み進めてください。

株式投資と銀行預金の違いは?

上では、証券は「紙幣と同等の価値を持つもの」と説明しました。それでは、証券とお金、もっと言えば「株式投資」と「銀行預金」にはどのような違いがあるのでしょうか?

‌ここでは、所持金10000円の2人がいることを想定して、株式投資する場合と、銀行預金する場合を見比べてみましょう。
株式投資と銀行預金の違い


‌‌①株式投資の場合

‌所持金の10000円を使ってA社の株式を100株購入しました。これを株式投資と言います。購入当時は1株100円。株を購入してから1年が経ち株を売却したと仮定しましょう。

‌証券の最大の特徴は、証券そのものの価値が変動するということ。今回の例で言えば、1株100円で買った株の値段が1年後に120円になる場合もありますし、1株80円になる場合もあるのです。

先ほど、証券とは「紙幣ではないけれども、基本的には紙幣と同等の価値をもつもののこと」と定義しました。たしかにお金と同様に、それだけで価値のあるものですが、上記のように価値が変わるものだということを押さえておきましょう。

‌②銀行預金の場合

‌こちらは、所持金の10000円をそのまま銀行の口座に入金しました。これを銀行預金と言います。家の中のタンスや貯金箱にいれておく「タンス預金」と違って利子がつきますが、利子率は年0,001%程度(2018年3月15日現在)ですので、利子で多く収入を得るということは現実的ではありません。

‌証券のの場合は数日・数時間という単位で価値が変動しますが、銀行預金の場合は、基本的には価値が一定です。

株式投資した方が良いか、はたまた銀行預金した方が良いかは一概には言えません。ただ所持金を増やしたいと考える人にとっては、株式投資を行うことで実現できる可能性が発生することを押さえておきましょう。証券会社で働く場合は、株式投資をすることで資産を増やすことができるという立場を取ることになるはずです。

証券投資は国の経済発展にとっても重要なこと

いきなりですが、みなさんは、「お金とは国家の血液である」という言葉を聞いたことがありますか?

‌この言葉を読み解くと、証券会社の社会的な意義がわかってきます。

理科の授業で習いますが、人間は生きていく上で血液循環が必要不可欠です。血液は心臓という力強いポンプがあるおかげで循環していきます。これは国家にとっても同じこと。お金という血液を循環させていかなければ、国家は衰退していきます。そのお金を循環させる役割を担っているのが金融機関、その中でも特に証券会社になるでしょう。

まずは以下の図をご覧ください。
日本の証券業界が抱える構造的な問題出典:日本銀行調査統計局「資金循環の日米欧比較」をもとに作成

‌この図はアメリカとヨーロッパ、日本において個人資産がどのように使われているのかの割合を表したもの。アメリカは証券に52%も割かれているのに対し、日本はわずか17%。血液の流れが良いアメリカと流れが悪い日本という構図がわかるでしょう。

ドロドロな血液とサラサラな血液。本当にこの血液の差は経済的にみて影響があるのでしょうか?ここで全世界の時価総額ランキング(会社の価値を金額で評価した指標のこと)をチェックしてみましょう。
世界の時価総額ランキング記載されている、1~6位の企業はどれもアメリカ発の企業。加えて設立間もない企業であるということもわかります。一方、日本は歴史のあるトヨタ自動車が38位にランクイン。

‌もちろん技術者の質、技術革新が生まれやすい風土など様々な要因は考えられます。ただ資産を保有している人が、お金を欲しているベンチャー企業に投資していく風潮があることも事実。アメリカの企業が加速度的に発展していくことに、証券会社は貢献しているわけです。

‌そのため、証券会社に入社して、証券投資の必要性を国民に訴えることで、‌国家の経済発展に寄与するというやりがいは他の業界には変えられないところがあるでしょう。

‌証券業界の業界構造

個人においても、国家的な規模においても証券投資が必要な理由を理解していただけたと思います。それでは次に、証券業界の業界構造について理解を深めていきましょう。証券会社が活躍するフィールドは大きく分けて以下の2つ。

‌①株式を発行する際の発行市場
‌②すでに発行されている株式の取引を行う流通市場

‌両方の市場における証券会社の立ち位置を図で確認していきましょう。
証券会社の業界構造株式会社は資金調達(ビジネスを行なっていく中でお金が必要になり、その資金を獲得すること)をしたいと考えたときに、株式を発行し投資家の方に買ってもらことでお金に変えようとします。もちろん、「成長しそうな会社の株(先ほどの例で言えば、1株120円になりそうな株)を買いたい」というニーズはありますので、この取引は成立。証券会社はこの取引の間に入り、売り買いのサポートをすることで、主に手数料で収益をあげていきます。


証券会社の業界構造続いて、流通市場です。先ほどの「株式会社」が「証券取引所」に変わっていることに注意してください。流通市場とは、すでに株式が発行され、現在は流通している市場ということです。投資家の収益は、こういった株の売買によるもの。安い時に株を買って高い時に売れば収益を得られるでしょう。証券会社は、投資家と証券取引所の間に入り、株式売買の委託業務を行なっていき手数料を稼いでいきます。

‌発行市場、流通市場とも、株式発行や株式売買のサポートをすることで収益を得ていることが多々。もちろんこのほかにM&A(企業の買収・合併を行うこと)業務等もありますが、その部分は インベストメント・バンキング、リサーチ部門の仕事内容の記事で解説します。‌

証券業界の大手5社ランキング

証券業界の構造が理解できたところで、国内の代表的な証券会社をお伝えします。

‌国内5大大手と言われる証券会社。各企業の特徴を簡単に見ていきましょう。

‌野村證券

国内5大大手の中で、圧倒的首位と言えば、野村證券。営業収益で言えば、他の4社に1兆円近い差を開いています。特に「営業の野村」と言われることがあり、その営業力の強さで他を圧倒していると言われます。また独立証券というカテゴリーに属していて、財閥や連携している銀行などの影響を受けづらいことも特徴です。

‌大和証券

国内2位の大和証券。1位の野村證券とは、営業収益で差が開いてはいるものの、‌以下3社と比べて約1千億円近い差を開いています。こちらも独立系証券に位置付けています。特に大和証券は2009年に三井住友フィナンシャルグループとの合弁契約(複数の企業が共同で事業をすること)を解消したため、独立の色を強めていくことになるでしょう。

‌SMBC日興証券

名前の通り、三井住友フィナンシャルグループの子会社である、 SMBC日興証券。独立系証券会社に対して銀行系証券会社と言われ、銀行との連結が強固。野村、大和とあわせて日本3大証券会社とも言われています。

‌みずほ証券

‌「One Mizuho」でおなじみのみずほフィナンシャルグループに属しているのがみずほ証券。そもそもOne Mizuhoとは銀行を中心として証券や信託銀行、シンクタンクなどが一体となって総力を発揮していくシステムのことです。グループ内の連結力の強さで独立系の証券会社と差別化を図っています。

‌三菱UFJモルガン・スタンレー証券

外資系の証券会社であるモルガン・スタンレー証券と、日本最大手の銀行である三菱東京UFJ銀行(新 三菱UFJ銀行)が合弁をして作ったのが三菱UFJモルガン・スタンレー証券。2010年に正式に合併が行われたため、日は浅いですが、外資系企業と日系企業が混ざり合うことで新たな強みを生み出しそうです。

Matcherに登録して就活対策をしよう

Matcherに登録してくれた方全員にガクチカ&自己PR長所&短所志望動機の作成マニュアル3点セットをプレゼントします。大手難関企業内定者のESをもとに、選考突破のノウハウを分かりやすく解説。ES・面接対策を力強くアシストします。

‌‌※Matcherご登録後、登録確認メールの添付ファイルにてお送りいたします。

Matcherとは‌..

‌‌OB訪問機能とスカウト機能を兼ね備えた就活プラットフォーム。所属大学に関係なくOB訪問を行えるほか、プロフィールを充実させるだけでスカウトをもらうことができます。就活対策にご利用ください。

【社会人の所属企業例(一部)】
ゴールドマンサックス証券、野村証券、大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、みずほ銀行、三井住友銀行、日本生命、マッキンゼー、リクルート、電通、博報堂、日産自動車、日本テレビなど3500Matcherに登録する(無料)

この記事を読んだ人が読んでいる記事

銀行と信用金庫の違いはどこにあるのか

銀行と信用金庫の違いは?就活生の中から根強い人気を誇る金融業界。みなさんは「銀行」と「信用金庫」の違いを正しく認識しているでしょうか?

2019.02.08

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2019.07.19

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて