就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
鉄鋼業界を象徴する鉄の鎖の写真です。

【鉄鋼業界】就職する企業の選び方-志望動機はどう伝える?

様々な産業の上流に位置する鉄鋼業界。この記事では、どの企業に就職するか選ぶ際の情報収集のコツや見るべきポイントを伝授します。数多ある鉄鋼業界の企業。事前に調べて、納得したうえで入社できるようにしましょう。

2019.06.13

鉄鋼業界を象徴する鉄の鎖の写真です。

【鉄鋼業界 目次】

第3章
第4章
【鉄鋼業界】就職する企業の選び方-志望動機はどう伝える?←Now

第5章

鉄鋼業界の志望動機を書くうえで

日本の「ものづくり」を支える鉄鋼業界。大きな製鉄所を持つ高炉メーカーを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

しかし前回の記事でも説明した通り、鉄鋼業界は高炉メーカー以外にも電炉メーカーや流通や加工を担う様々な企業によって支えられています。
この記事では数ある鉄鋼業界の企業の中から、自分が働く企業を選ぶコツを伝授します。ポイントを押さえて、納得して入社できる企業を選びましょう。

鉄鋼業界の企業を知る、情報収集の極意

鉄鋼業界に限らず、企業を選ぶうえで重要になるのが、企業に関する情報。では、企業の情報を収集するためには、何を参照すれば良いのでしょうか?

‌以下では企業の情報を効率よく集めることができるツールと、その確認方法をお伝えします。

新卒採用ページ

多くの学生が目にする新卒採用ページ。重要視されていない方もいるかもしれませんが、新卒採用ページも使い方次第で多くの貴重な情報を得ることができるのです。以下では注目すべきポイントを紹介していきます。

事業内容・製品紹介

あらゆる産業に影響を与えている鉄鋼業界。鉄を通じて日本の「ものづくり」を支えたいと考えている方も多いのではないでしょうか?しかし、ひとくちに鉄鋼と言っても、多様な製品が流通しています。実際どのようなかたちで使われているのか具体的にイメージするのは簡単ではありません。

新卒採用ページではどのような製品を取り扱っていて、それらがどのように使われているのかという事業内容を大枠で把握することができます。

‌扱っている製品が社会の中で果たしている役割を把握して、どのような形で関わっていきたいか考えることで、志望動機の醸成につながります。新卒採用ページで触れられていない場合は企業のホームページから事業内容や製品一覧を閲覧すると良いでしょう。

‌鉄鋼メーカーの場合
各社の製品を把握⇨自分がその製品を通じて社会に対して何をしたいのか考え、志望動機に盛り込む。

‌鉄鋼商社の場合
商社を経由することで鉄鋼にどのような価値が与えられるのか把握⇨鉄鋼商社で提供したい価値を志望動機に盛り込む。

職種ごとの仕事内容

新卒採用ページでは、職種ごとの仕事内容について説明しています。企業によっては社員のインタビューとともに、より具体的な業務内容について触れています。社内で発生する業務全てを網羅しているわけではありませんが、働くイメージをするうえで参考になるはずです。

‌職種ごとの仕事内容を確認する上でおすすめなのは、詳しく知りたい情報や読んでもわからなかったことを記しておくこと。新卒採用ページでは、簡潔に説明するため、詳細の業務については割愛されていることが多いです。疑問に感じたことを企業説明会やOB・OG訪問の際に質問することで、理解を深めることができるでしょう。

待遇

初任給や福利厚生などの基本的な情報は、新卒採用ページで確認することができます。説明会や面接で聞くとあまり良い印象を抱かれないので、気になる人はインターネットで調べてみてください。

‌ただし、昇給等の込み入った細かい情報は新卒採用ページで公開されていないので、企業の口コミサイト等を確認し、参考にすると良いでしょう。ただし、必ずしも正しい情報とは限らないので、鵜呑みにしないよう注意してください。

IR資料

新卒採用ページ同様、就活において有益な情報と考えられるのがIR資料です。IRとは、株式会社が株主や投資家に対して投資の判断材料になるような情報を公開することを指します。上場している鉄鋼業界の企業は、必ずIRを公開しています。

‌新卒採用ページと比べたときのIR資料の利点は、企業にとって良い情報だけでなく、シビアな情報も記載されている点にあります。新卒採用ページは企業が学生を集めるためのものなので、都合が悪い情報は公開されないことが珍しくありません。

‌一方IR資料は株主の理解を求めるものなので、自社にとって都合が悪い情報も公開し、それに対してどう対処していくかが記されています。新卒採用ページと併せて読むことで、より全体的な企業情報を得ることができるのです。

‌IR資料の例
株主説明会資料、財務諸表、アニュアルレポート、経営計画

今後の方針

IR資料で特に確認すべき項目は、今後の方針。IR資料には、業界・企業の状況を踏まえて今後どのような事業に注力していくのか、今後の方針が示されています。その方針が、自分がその企業で目指していきたいことなのか考えてみましょう。

‌こうすることで、会社がやっていくことと自分が目指すことが全くかみ合わないというミスマッチは防げるはずです。海外展開や事業規模の拡大といった要素を重要している方はぜひ確認してください。

新聞・各種ビジネス誌

鉄鋼業界を理解する際に有効なのが、新聞やビジネス誌を読むこと。新聞・ビジネス誌から客観的な情報をたくさん得ることができるのは各業界に言えることですが、鉄鋼業界は特に有効です。
製造業が盛んな日本においては、多くの業界で鉄が使用されます。ゆえに、鉄の価格変動は各業界にとって重大な関心事。したがって、鉄鋼の販売を担う鉄鋼メーカーの動向は日経新聞をはじめとする様々な媒体に取り上げられています。

‌記事には今後の指針についても触れられている場合も多く、鉄鋼業界の情報についてリアルタイムで追っていきたい方はぜひ確認してみてください。
日経新聞などの新聞各紙は大学のデータベースからアクセスできる場合があります。就活においても大学のインフラを有効に使いましょう。

インターネットで収集できない情報は?

ここまで効率的に情報を集める方法について解説してきました。企業ホームページやIR、場合によっては新聞・ビジネス誌をうまく活用して、企業選択の参考にしてください。

‌しかし、それらの情報源からは得られない情報の中にも企業選びにおいて重要な要素がたくさん存在します。そういった情報を得るうえで非常に有効な手段なのがOB・OG訪問です。

‌OB・OG訪問の利点

実際に鉄鋼業界で働く社会人に話を聞くOB・OG訪問。OB・OG訪問では、企業ホームページやIR資料から得た情報のなかで疑問に思った点や把握できなかった点について踏み込んだ質問をすることができます。回答をもらうことで、その企業で働いている自分の姿を具体的にイメージしやすくなるでしょう。
選考という観点でも、高炉メーカーでは選考にリクルーター面談を組み込んでいる場合が多く、有効な対策になるはずです。

‌また、志望動機を考える上でもOB・OG訪問は参考になります。一般に公開されている情報のみを根拠にしている志望動機は、画一的になってしまい、他の就活生と差別化できません。社会人が仕事に対して感じるやりがいを聞くことで、企業に入ってどのような仕事をしたいか、具体的に伝えることができるはず。そうすれば、企業に対する志望度を評価してもらえるでしょう。

集めた情報を志望動機に反映させる

ここまで、情報収集の方法について述べてきました。これらを志望動機というかたちで表現してみましょう。以下は鉄鋼メーカーの志望動機の例です。しかし、あくまで参考例。自分だったらどのようなエピソードを用いて志望動機を作るのか考えながら読んでみてください。

‌高炉メーカーの志望動機の例

私は貴社の鉄鋼製品を通じて、世界中のあらゆる産業を支えていきたいと考えております。‌‌私は大学で経済学を専攻しており、産業の発展には鉄が必要不可欠であることを学びました。貴社は業界トップの企業として、高級鋼材を中心に世界中で事業を展開しています。私もあらゆる産業の発展に貢献するという使命感を持って、世界中に貴社の製品を届けたいと考えております。

さいごに

ここまで情報収集の方法とその読み方について解説してきました。みなさんの企業選びの一助となれば幸いです。

‌次の記事のテーマは、鉄鋼業界で働く社会人へのOB・OG訪問ですべき質問。上述の通り、企業のホームページや各種ビジネス誌だけでは、企業を理解するのに限界があります。ぜひ、OB・OG訪問を行って鉄鋼業界への理解を深めてください。

【鉄鋼業界】OB・OG訪問で聞いておくべき4つの質問

鉄鋼業界についてさらに理解を深めたい方へ

この記事を読んで、鉄鋼会社に勤める社会人の方にお話を聞きたいと思った方も多いのではないでしょうか?
そんな時におすすめなのが、OB・OG訪問のマッチングサービス、Matcher(マッチャー)です。

Matcherでは、所属大学や学年に関係なく、社会人の方にお話を聞きに行くことができます。内定者の方にもご登録いただいているため、選考対策のサポートにも利用することができます。
鉄鋼業界に勤める社会人に会いに行くために‌‌【‌社会人の所属企業一覧(一部)】
伊藤忠丸紅鉄鋼、メタルワン、日本製鐵、JFEスチール株式会社、伊藤忠商事、三井物産、三菱商事、阪和興業株式会社、中央官庁、他多数

‌カジュアルに、そしてフランクに就活相談にのってもらえるのがマッチャーの魅力。ぜひ以下のボタンからお話を聞きにいってください。
さぁ、社会人に会いに行こう

  • この記事を読んだ人が読んでいる記事

    ピックアップ記事

    就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

    就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

    2019.07.19

    大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

    大学・学年関係なく、
    OB訪問をしたいならMatcher!

    気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
    志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

    ●カテゴリー一覧

    ●Matcher Dictionaryについて