【例文あり】面接で使える!特技の答え方と一覧20選

2024/06/10
面接でよくある質問
面接対策
就活で伝える趣味特技
目次
1.
特技を聞かれたときの回答例文‌
2.
特技がない人必見!面接で使える特技一覧
3.
面接に自信がない人におすすめの対策法とは
4.
就活で求められる”面白い特技’’とは?
5.
人と特技が被っても差別化できる方法3選
6.
特技の内容は面接官の評価対象ではない
7.
面接官が特技を聞く意図3選
8.
‌Matcherに登録して面接対策をしよう
面接でよく聞かれる自分の特技。
‌以下のような悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

「特技として誇っていいものなのか分からない」
「そもそも特技と言えるようなものがない」

しかし、あまり深刻に考える必要はありません。
‌面接官の意図をくみ取ることができれば、適切な回答ができるようになるからです。
‌この記事では面接官が特技を聞く意図、及びそれを踏まえた回答方法を伝授していきます。
‌しっかりとポイントを押さえて面接に備えましょう。

特技を聞かれたときの回答例文‌

握手している様子
実際に面接で特技を聞かれたときの答え方を見てみましょう。

例文を参考にしながら、自分のエピソードを交えて言いかえることをおすすめします。

ESでも使える特技の例文については、以下の記事をご覧ください。

特技の例文①スポーツ

私の特技はサッカーです。

私は中高の6年間、サッカー部に所属していました。
サッカーの華やかなイメージから入部を決めたのですが、初心者だったため技術的な面でチームメイトよりも大きく劣っていました。

試合に出られない日々が続く中、私が行ったことは個人でできる基礎的な自主練習の継続です。
試合の中でも密な連携をとるために、声を出して積極的にチームメートとコミュニケーションをとりました。
その結果、メンバーに抜擢され高校最後の大会ではチーム内得点王に輝くことができました。
サッカーで学んだ継続して努力することの重要性を、御社の業務で活かしていきたいと思います。

‌特技の例文②料理

私の特技は料理です。
忙しい両親を少しでも楽にしたいと思い、幼いころから台所に立って料理の手伝いをしていました。
レシピを自分なりにアレンジして、相手の好みに合わせた食材を使うことが得意です。
また、冷蔵庫の中身や賞味期限を考えて買い出しを行い、余すことなく食材を使い切るようにしているため、計画性には自信があります。
料理を通して、自分の努力によって相手に感謝される喜びを日々感じています。

特技の例文③早起き

‌私の特技は早起きです。
予定に関わらず、今まで寝坊によって遅刻したことはありません。
起きたらまずその日の予定を整理し、散歩や読書をすることが習慣になっています。
社会人になってもこの習慣を継続し、毎日の勉強時間を確保したいです。

特技がない人必見!面接で使える特技一覧

‌ここでは、面接で使える特技一覧を4つの要素に分けてご紹介します。
「特にスポーツもやってないし、大した特技がない」
そう考えている人は必見です。

どんなに小さな特技でも、身につけるために自分なりに考え、努力した点があったはず。
ポイントを整理して面接官に伝えることができれば、評価を下げられることはありません。
特技が見つからない人は、自分に4つの要素が当てはまるかどうか考えつつ、参考にしてみてください。
面接で答えられる特技面接で使える特技

面接に自信がない人におすすめの対策法とは

特技に限らず、志望動機や長所短所など、自分がいま用意している回答が面接で答えるのにベストなのか不安な方も多いのではないでしょうか。

そのような「面接に自信がない」「はじめてで面接の雰囲気が想像できていない」という方におすすめしたいのが、就活経験者である社会人や内定者に無料で就活相談ができるOB・OG訪問サービスのMatcher(マッチャー)です。

‌所属大学や学年に関係なく、気軽にOB訪問をできるMatcherを使えば、面接対策をお願いすることができます。‌

‌OBOG訪問をすることで、実際に社会人として働いている方々に直接面接対策をすることができます!
また、Matcherは所属大学や地域関係なく、気になる経歴や業界、企業に所属する社会人や内定者に無料で就活についての相談が気軽にできるサービスです。
OBOG訪問Matcherの画像

Matcher(マッチャ―)とは

Matcherとは、所属大学や住んでいる地域に関係なくOB・OG訪問ができるアプリです。

就職活動において、「近くに頼れる先輩がいない」「OB・OGの人にメールや電話をする勇気がない」「キャリアセンターに行くのが面倒だ」などの悩みはありませんか?

そういった人は、ぜひMatcherを活用してみてください。
OBOG訪問Matcherの画像
Matcherをおすすめする5つの理由
・大手企業からベンチャー企業の社会人3.5万人が登録している!
・出身大学関係なく、OB・OG訪問できる!
・住んでいる地域に関係なく、オンラインでOB・OG訪問できる!
・ワンクリックで簡単にOB・OG訪問依頼できる!!
・あなたにマッチ度が高い企業のみから特別選考スカウトが届く!!

以下のボタンから登録して、内定獲得への一歩を踏み出しましょう!
MatcherでOB訪問できる相手を探してみる(無料)

就活で求められる”面白い特技’’とは?


就活で求められている「面白い特技」とは「自分らしさを表現する特技」です。

「面白い特技」について具体的にどういうことなのか、そして注意点について紹介していきます。

「◯◯の学生」と印象付けさせられる

面白い特技、つまり自分らしさを表現する特技を話せると「◯◯の学生」と覚えてもらえる可能性が高まります。

例えば特技が「語学」で5ヶ国語喋れることとします。

面接で実際に喋り、なぜ5ヶ国語も喋れるのか、どういう背景で育ったのか、どのような過程で留学したのかなど面白いエピソードもあるので印象に残りやすいでしょう。

もし次の面接に進むことができたら「5ヶ国語喋れる学生」というように企業に覚えてもらえる可能性も高まります。

無理に面白さを狙うと逆効果になる可能性も

「面白い特技」は、「笑える特技」ではありません。
面接官の印象に残ろうと無理にお笑い的な特技をアピールすると、かえって「不真面目」「適当」などの印象を残してしまう可能性も十分にあります。

そのため、「面白さ」を狙うのではなく、自分なりのエピソードを絡めた特技を伝えるようにしましょう。

これはNG!逆効果になる特技一覧

面接で使える特技と違って、アピールが逆効果につながる特技もあります。
自分の特技を面接で伝えても問題ないか、ここで確認してみましょう。
面接で答えない方がいい特技の例逆効果になる特技一覧

ポジティブなイメージがつかない特技

‌「クレームに耐えることが得意です」
「徹夜で作業をすることができます」
一見すると仕事に活かせる特技に見えますが、面接官はストレスを前提に仕事に取り組む姿勢を求めているとは限りません。

「どんな相手でも意見を聞いて、柔軟に対応することが得意です」
「長時間集中して作業をすることができます」
上記のように言い換えることで、面接官にプラスの印象を与えることができます。

犯罪や危険な香りがする特技

‌・ギャンブル
・一気飲み
・政治、宗教的な活動

上記のように、かたよった考え方や違法性がありそうなことは、面接官にとってマイナスイメージになる可能性があります。
実際に特技とすることは自由ですが、信頼できる人物像をアピールしたい場合は避けるべきでしょう。

例外として、競馬やアルコールのように特技と仕事が一致する場合は、アピールしても問題ありません。
その場合、「匂いだけでお酒の品種を当てること」といったように、相手が不審に思わない特技を選びましょう。
嘘の特技
‌「始めたきっかけは何ですか」
「どんな大会に出場しましたか」

このように、特技について面接官が深掘りしてくる可能性があります。
これらの質問に答えられず嘘が見抜かれたら、面接官の信用を一気に失うことになりかねません。

誠実さをアピールするためにも、本当のことを伝えるようにしましょう。

人と特技が被っても差別化できる方法3選

他の就活生特技が被ってしまうことは仕方がないことです。

特技が被ってしまっても面接で差別化できる方法を紹介するので一緒にみていきましょう。

▼自分の特技を他者と差別化する方法
・具体例や数値を入れる
・特技になったきっかけを入れる
・話し方に工夫を入れる

具体例や数値を入れる

ただ単純に「◯◯が特技です」だと独自性が少ないため、具体例や数値を入れてみましょう。

「料理」であれば「1時間に◯品作ることができる」など面接官も料理が得意であることを簡単に理解することができます。

具体例や数値を入れることを意識しましょう。

特技になったきっかけを入れる

特技の内容を伝えると共になぜどのようにその特技を習得したのかなど背景を伝えることも独自性に繋がります。

自分の価値観やどのような人なのかをアピールできるいいチャンスなのでおすすめです。

仮に他人と特技が被ったとしても、この独自性をアピールすることで他人とは異なるエピソードになるので意識して入れてみましょう。

話し方に工夫を入れる

特技の内容だけではなく表現の仕方に工夫を入れてみると魅力的に見せることができます。

話し方に抑揚をつけたり、ポイントの点でジェスチャーで強調したりするとプラスになります。

特技の内容だけではなく、表現の仕方に工夫を加えるようにしましょう。

特技の内容は面接官の評価対象ではない

特技を聞かれて悩む最大の理由は、特技のどのような点が評価されるかわからないからではないでしょうか?
‌自分の特技がどう受け止められるのか分からないため、不安になってしまうのです。

しかし、ご安心を。
‌特技の内容自体は、面接における評価対象ではありません。
‌面接官が見極めたいのは、みなさんが会社に入ったあとに貢献してくれるかどうか。
‌特技の内容だけで貢献できるかどうかを判断するとは考えにくいです。
‌「この学生にはこんな特技があるのか、よし採用!」
‌「こんなことが特技なのか、不採用だな。」
‌上記のような判断はされないと言ってよいでしょう。
‌特技の内容が一般的なモラルからかけ離れていたり、あまりにも社会性がなかったりした場合には評価を落とす要因になりますが、特技の内容それ自体は問題にならないと考えてください。

面接官が特技を聞く意図3選

人が見つめる画像
前述したように、特技の内容そのものは面接の合否に直結しません。
‌では、面接官はどのようなポイントを見ているのでしょうか?
‌順を追って確認していきましょう。

面接官の意図①説明能力

特技というのは当然ながら自分が得意にしていることです。
‌人によっては、面接官に伝えたいことがたくさんあるでしょう。
‌しかし、感情が先走るあまり、まとまりのない話をしてはマイナス評価になりかねません。

‌社会に出れば相手に分かりやすく物事を説明する能力が求められる場面がたくさんあります。
‌その説明能力があるかを面接官に判断されていると考えてください。

分かりやすく説明する上で心掛けてほしいのは、以下の3つのポイントです。

❶私の特技は〇〇です。(結論)
❷特技に対する取り組み方(実際に取り組んでいること、努力したことなど)
‌❸特技に対する取り組みを通して得られたこと

最も重要なのは先に結論を述べること
‌そうすることで、それに続く説明を頭の中で整理しやすくなります。
‌結論から先に述べるという方法は特技に限らず、面接全般でとても有効な手段です。
‌一生懸命話しても、説明が下手では面接官に理解してもらえません。
‌話す順序を意識して、わかりやすい説明を心がけましょう。

面接官の意図②特技から見て取れる資質

面接官は前述の ❷特技に対する取り組み方、❸特技に対する取り組みを通して得られたこと、などからその人が会社に入ってから活躍できる資質があるかを判断します。

‌例えば特技が「サッカー」だとします。
‌技術の向上のためにどのような考えから、どういった目標を持って努力したのか。
‌それ以外にもチームメートとどのようにコミュニケーションをとっていたのか。
計画性や継続力、あるいは協調性など、特技を通してあらゆる場面で求められそうな力を得られたならば、積極的にアピールしましょう。
‌会社に入ってからも活躍できる資質があると判断してもらえるかもしれません。
‌「自分の特技は仕事に関係ない」
「活躍できる資質と特技が結びつかない」
そんな場合でも、特技を通して面接官に自分の性格や人柄を伝えることはとても効果的です。
新卒採用に関する調査結果として、選考時に学生の人柄や性格を「とても重視する」と答えた企業は8割もあります。
貴重なアピールの場として考え、自分の特技を通してどんな人柄だと感じられるかを意識しましょう。

面接官の意図③単なるアイスブレイク

先ほども述べたように特技はその人にとって得意なこと。
‌話したいことがたくさんある就活生は多いです。
‌ですから、面接官は学生が話しやすそうな話題を冒頭に振ることがあります。
‌面接官もガチガチに緊張した学生と話したいわけではありません。
‌緊張をほぐすことによってその学生の普段の姿を引き出そうとしている可能性があります。
‌その場合でも上記の①と②のポイントを押さえて分かりやすく説明すれば問題ありません。

Matcherに登録して面接対策をしよう

  • OBOG訪問サービスMatcherの紹介画像‌面接で伝えたい特技が決まったら、話す内容が相手に伝わりやすいかどうか検討する必要があります。
    OB訪問は社会人や内定者の目線から客観的な意見をもらうことができるため、面接対策にも有効です。
    気軽にOB訪問をしたい方は「Matcher」を活用してみてはいかがでしょうか。

    Matcherとは‌..

    ‌‌OB訪問機能とスカウト機能を兼ね備えた就活プラットフォーム。
    所属大学に関係なくOB訪問を行えるほか、プロフィールを充実させるだけでスカウトをもらうことができます。
    OBOG訪問サービスMatcherの紹介画像‌▼Matcherをおすすめする5つの理由
    ・大手企業からベンチャー企業の社会人3.5万人が登録している!
    ・出身大学関係なく、OB・OG訪問できる!
    ・住んでいる地域に関係なく、オンラインでOB・OG訪問できる!
    ・ワンクリックで簡単にOB・OG訪問依頼できる!!
    ・あなたにマッチ度が高い企業のみから特別選考スカウトが届く!!

    ‌ぜひ就活対策にご利用ください!
    Matcherに登録する(無料)

  • 記事一覧