就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
自己PRで計画性をアピールしている図です。

自己PRや長所で「計画性」をアピールするときのポイント

様々な選考過程で問われる、自己PRや長所。この記事では計画性をアピールするうえでの注意点を解説します。ポイントをしっかりと把握して、計画性があることを魅力的にアピールしてください。

2018.06.26

自己PRで計画性をアピールしている図です。

計画性があることを魅力的に伝えるために

‌自己PRや長所など、就活では自分の強みをあらゆる場面で聞かれます。みなさんは、自分の強みを納得のいくかたちで伝えられていますでしょうか?毎年沢山の就活生が自分の強みの伝え方に頭を悩ませています。自己PRや長所で伝える強みは、選考の突破を左右する非常に大切なもの。強みを企業に最適なかたちで伝え、興味を持ってもらいたいところです。

‌この記事のテーマは、「計画性」をアピールした自己PRや長所のポイント。目標を達成するために計画を立て、着実に実行していくことは仕事の現場でも大いに役立つことでしょう。ただし、同じ強みをアピールするのでも、伝え方によって与える印象が大きく変わります。ぜひポイントを押さえて、計画性があることを魅力的に伝えるための参考にしてください。
  • 【就活生に捧ぐ】ESや面接に役立つ自己PR例文集
  • ‌企業が強みを評価するたった一つの基準

    計画性があることをアピールする自己PR・長所について考える前に、そもそも企業が評価する強みとはどんなものなのか説明します。企業が強みを評価するか否かの基準はたった1つしかありません。それはずばり、入社後に生きる強みであるか否かです。

    ‌就活生の自己PRでしばしば見られるのが、以下のような自己PR。

    ‌「私の長所はポジティブなところです。」
    ‌「私は、よく笑顔が素敵だと言われます。」

    ‌確かに、ポジティブであることも笑顔が素敵なのも良い印象を受けますし、これらを伝えたからといって否定をされることもないでしょう。しかし、ポジティブで笑顔が素敵なことが、必ずしも入社後に活躍できる理由にはならないでしょう

    ‌企業は営利組織である以上、利益を上げなければなりません。そこで働く従業員は、もらう給与以上に利益に貢献をすることが求められます。なぜなら、企業の利益に貢献できない人材は採用するメリットがないからです。非常に酷な話だと感じる人もいるかもしれませんが、選考の現場では、企業の利益に貢献できる人材なのかを見極めています。そのような中で企業で活躍するイメージにつながらないような強みを伝えても、選考を突破することは難しいでしょう。

    ‌‌自己PRや長所で強みを伝えるときは以下の2点をクリアしているか確認し、企業で活躍するための強みになっていることを確かめてください。

    ‌①自分が伝えようとしている強みは仕事においてどんなときに発揮できるか
    ‌②発揮できた場合、どんな成果に結びつくか

    ‌計画性をアピールするときの的確な伝え方

    計画性を自己PRで伝えている学生の様子自己PRや長所で伝える強みは、入社後に仕事で発揮できるものである必要があると説明しました。それでは、この記事のテーマである「計画性」はこれに該当していると言えるのでしょうか?

    ‌結論から言うと、計画性は自己PRや長所でもアピールできる強みです。冒頭でも述べた通り、行き当たりばったりで仕事をしていては、目標を達成できないことが大いにあります。目標から逆算してそこに到達するための計画を設計。そして、その計画に従って仕事に取り組む力は、仕事の現場で大いに役立つでしょう。

    ‌計画性を強みとしてアピールするときは、以下のような流れで伝えるのが良いでしょう。

    ‌①「私の強みは、〇〇です。」

    自己PRや長所に限らず物事を伝えるときは、結論から伝えると簡潔にまとまります。具体的な話から入ると冗長な印象を与え、結果的に何が伝えたいのか分かりづらくなってしまいます。自己PRや長所の場合、最も伝えたいのは自分の強みです。従って、冒頭に「私の強みは〇〇です。」と、結論を持ってきてください。

    ‌②強みが発揮できたエピソード

    ‌強みに説得力を持たせるためには、それを裏付けるエピソードも伝える必要があります。ただ何も整理せずざっくばらんに話してしまうと、強みがどのようなかたちで発揮されたのかがぼんやりとしてしまうので、注意が必要。計画性を強みとして伝えるのであれば、以下の項目に整理して伝えるのがおすすめです。

    ‌・計画性を発揮した場面
    ‌・計画を立てた動機
    ‌・計画を立てたことでもたらされた結果

    ‌③計画性をどう生かすのか

    何度も説明しているように、自己PRや長所で強みを把握する理由は、企業で活躍する資質を持っているか確かめるため。計画性があることとその根拠となるエピソードを伝えたら、締めとして計画性をどう活かしていけるのかを伝えられると良いでしょう。

    計画性をアピールする自己PRの例

    今まで説明したことを踏まえて、計画性があることを伝える自己PRを紹介します。みなさんが自己PR・長所を伝えるときの参考になれば幸いです。

    ‌私の強みは、ゴールから逆算し、すべきことを明確にできることです。
    ‌私は学生時代、体育会サッカー部に所属し、日々練習に励んでいました。私が担当しているポジションにはライバルが多く、なかなかスターティングメンバーとして試合に出場することができずにいました。フィジカルの弱さが原因だと考えた私は、全国大会でレギュラーになることをゴールとして、それに間に合うようフィジカルを強化する練習メニューを組み立てました。その結果、目標としていた全国大会でスターティングメンバーとして試合に出場できるようになりました。
    ‌社会に出て仕事をするようになれば、限られた時間の中で成果を出すことを求められることが多々あると思います。そのようなときは、部活動の経験を生かして、すべきことを明確にし、愚直に取り組んでいけたらと考えています。

    ‌この例文では、「計画性がある」を「ゴールから逆算し、すべきことを明確にできる」と表現しました。このように抽象的な言葉を自分ならではの言葉に言語化できると、他の就活生の強みと差別化を測ることができます。自分の強みを具体的な資質・能力として表現したらどうなるのか一度考えてみると良いでしょう。

    ‌さいごに

    計画性が長所の学生の画像自己PR・長所の考え方は理解できましたでしょうか?企業が求めていることを理解し、それをもとに伝えることを考えるのは、就活のあらゆる場面で生かすことができます。ぜひ読んだことをみなさんの就活の糧にしてください!

    Matcher-OB/OG訪問の新しい形

    Ogp imgMatcher(マッチャー)は、社会人の「就活相談にのるので、◯◯してくれませんか?」というお願いを叶えることで、大学の先輩以外の人にも気軽にOB/OG訪問ができるソーシャルマッチングサービスです。大企業・ベンチャー問わず、たくさんのOB/OGが絶賛登録中!従来のOB訪問とは異なり、形式ばった電話や、メールでのアポイントメントは必要ありません。気になる企業の気になる人に、ワンクリックでOB訪問の申し込みができ、その後はサイト内のチャットでスムーズにやり取りすることができます。

    ぜひMatcherを使って、学生である"今"しかできない、社会人との出会い方をしませんか?

    この記事を読んだ人が読んでいる記事

    就活を制す自己PRの4つのコツ

    自己PRで就活を制するためにエントリーシート(以下 ES)や 面接において、必ずと言ってよいほど問われる自己PR。就活において最も...

    2018.03.26

    面接当日にできることは?

    面接で自分の力を発揮するためにみなさんは面接の当日、どのようなことを考えて本番までの時間を過ごしていますか?志望度が高い企業であるほど緊張す...

    2017.12.07

    ピックアップ記事

    就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

    就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

    2018.03.23

    大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

    大学・学年関係なく、
    OB訪問をしたいならMatcher!

    気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
    志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

    ●カテゴリー一覧

    ●Matcher Dictionaryについて