就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
思いやりがある男性の写真です。

自己PRや長所で「思いやり」を伝えるときの注意点

就活の定番質問、自己PRや長所。この記事では、強みとして思いやりをアピールするときのポイントをお教えします。自己PRや長所は選考突破に向けて非常に重要です。印象に残るように、しっかりと思いやりをアピールしましょう。

2018.06.26

思いやりがある男性の写真です。

自己PRや長所に「思いやり」はアリ?

エントリーシートや面接など、就活のあらゆる場面で求められるみなさんの強み。自己PRや長所でどんな強みをアピールすべきなのか悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

‌この記事のテーマは、「思いやり」を強みとした自己PR・長所の是非です。他者を気遣い思いやることは、仕事に留まらず、生きていくうえで大切です。そして、自分の性格として伝えるのにも悪いところがなく、伝えやすい強みと言えます。

‌しかし、企業の選考は、善人だからと言って突破できるわけではありません。良い人なんだろうなと思ってもらえたとしても、他の優秀な学生に埋没してしまったら、選考を突破することは難しいでしょう。

この記事では、企業に評価される自己PRのポイントとともに、思いやりを正しい方法でアピールするポイントを説明します。自己PRは長所は、みなさんが選考を突破できるか否かを左右する、極めて大切なもの。ぜひポイントを押さえて、企業の興味を引く自己PR・長所を考えてください。
  • 【就活生に捧ぐ】ESや面接に役立つ自己PR例文集
  • 企業が自己PRや強みを通して見極めていること

    企業の興味を引く自己PR・長所を考えるためには、これらを通して企業が知ろうとしていることを把握しておかなければなりません。端的に述べると、企業が自己PRや長所を通して知ろうとしていることは、入社後に活躍するポテンシャルです。みなさん学生を採用するときは中途採用とことなり、仕事の実績や職務経験から入社後の活躍を推測することができません。知ることができるのは、今まで経験したことのみになります。そこで重視されるのが、自己PRや長所など、強みを直接的に問う質問です。みなさんは自分の強みに説得力を持たせるため、今まで経験したことを根拠として、強みを伝えることになります。企業はみなさんに伝えられる経験と、そこで培われた強みを見極めて、将来企業で活躍する見込みを推測しているのです。

    ‌この事実を知っていると、自己PRや長所で達成しなければならないゴールが明確になります。つまり自己PRや長所では、企業に活躍してくれそうだと思わせる強みを訴求する必要があるということです。ただなんとなく強みを考えるのではなく、どんな強みであれば企業が評価されるのか考えたうえで、自己PRや長所を考えると良いでしょう。

    思いやりは活躍するイメージに直結するのか

    人事が学生の長所を評価している図
    ここからはこの記事のテーマである、「思いやり」をアピールする自己PR・長所について説明します。

    ‌先程も述べたように、自己PRや長所で達成すべきゴールは、入社後に活躍する見込みがあると判断してもらうこと。思いやりがあることをアピールしたときに、活躍することを期待してもらえるか考えてみましょう。おそらく、必ずしも活躍するイメージに直結しないのではないでしょうか?思いやりがあることは性格です。それゆえに良い人という印象を与えることができたとしても、仕事で能力を発揮しそうという印象は与えられないでしょう。

    ‌自己PRや長所で思いやりをアピールするためには、ただの性格で終わらせるのではなく、そこから能力や資質に落とし込む必要があります。

    私は思いやりのある人間です。
    私は相手の言動から意図を汲み取り、適切なアクションがとれる人間です。

    どちらも思いやりがあることを伝えている自己PRですが、おそらく後者の方が興味を喚起できる強みになっているのではないかと思います。「思いやり」は抽象的な言葉。抽象的な言葉はどこか漠然とした印象を与えてしまいます。一方、「相手の言動から意図を汲みとり、適切なアクションがとれる」というのは具体的に強みが言語化されています。強みを言語化すると、そこに再現性が生まれ、仕事でも生かしてくれそうだと言う印象を与えることができるのです。

    ‌「‌思いやり」という漠然とした性格から再現性のある能力を抽出して、説得力のある自己PR・長所を考えてください。

    ‌思いやりを伝える自己PR・長所の流れ

    具体的な能力として思いやりがあることを伝える重要性を学んだところで、自己PRや長所を伝えるときの流れについて説明します。同じ強みとエピソードでも伝え方によって印象が大きく変わるので、ぜひ意識してみてください。

    ‌①一番始めに強みを持ってくる

    自己PRでも長所でも、結論部の強みは一番最初に伝えください。強みの根拠となる自分のエピソードから伝え始めてしまう人がいますが、冗長な印象を与えかねません。最初に強みを伝えることで、後に話すエピソードが何の説明をしているのか理解してもらいやすくなります。結論を先に伝えることは、自己PRや長所に限らず有効なので、この際に覚えておくと良いでしょう。

    ②強みの根拠となるエピソードを話す

    自分の強みに説得力を持たせるために、根拠となるエピソードを伝えます。エピソードを整理せずに伝えると、ごちゃごちゃとした印象になり、かえって強みが分からなくなるので、注意が必要です。

    ‌・強みが発揮された場面
    ‌・その時に持っていた課題意識や目指していたゴール
    ‌・課題解決やゴール達成のためのアクション
    ‌・アクションによってもたらされた結果


    上記のような観点で整理すると内容が伝わりやすくなるので、ぜひ試してみてください。

    ‌③社会に出てからも強みを生かせること

    何度も述べている通り、自己PRや長所では、入社後に活躍する見込みがあることをアピールしなければなりません。強みとそれを裏付けるエピソードを伝えたら、締めとして今後も自分の強みを生かしていくことを伝えると良いでしょう。

    ‌さいごに

    思いやりを長所に選んでいる図自己PRや長所の考え方は理解できましたでしょうか?冒頭でも述べた通り、「思いやり」といった無難な強みを選んで、良さを伝えることができないのは勿体無いことです。自分が社会に出たときに発揮できる強みは何なのかをじっくりと考え、選考で伝えるようにしてください。

    ‌しかし、そうは言っても社会で活躍するための強みが何なのか判断するのは簡単なことではないと思います。そんなときにおすすめなのが、就活相談プラットフォームのMatcher(マッチャー)です。
    ‌Matcherは、所属大学や学年に関係なく、社会人に就活相談をお願いすることができるサービスです。みなさんの強み探しから、それを裏付けるエピソードの選定まで相談することができるので、みなさんの自己PRや長所のレベルを高めることができます。ぜひ相談に行って、みなさんの就活の糧にしてください。
    社会人に会いに行く(無料)

    この記事を読んだ人が読んでいる記事

    就活を制す自己PRの4つのコツ

    自己PRで就活を制するためにエントリーシート(以下 ES)や 面接において、必ずと言ってよいほど問われる自己PR。就活において最も...

    2018.03.26

    面接当日にできることは?

    面接で自分の力を発揮するためにみなさんは面接の当日、どのようなことを考えて本番までの時間を過ごしていますか?志望度が高い企業であるほど緊張す...

    2017.12.07

    ピックアップ記事

    就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

    就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

    2018.03.23

    大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

    大学・学年関係なく、
    OB訪問をしたいならMatcher!

    気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
    志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

    ●カテゴリー一覧

    ●Matcher Dictionaryについて