就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
自己PRがないことで悩む人の写真です。

自己PRがないと悩んだときにおすすめの解決策とは?

就活のあらゆる場面で求められる自己PR。この記事では自己PRで使える、自分の強みの見つけ方を解説します。自分では気づけていない強みを自覚し、魅力的な自己PRができるようになりましょう。

2018.11.20

自己PRがないことで悩む人の写真です。

自己PRは、ないのではなく見つからないだけ!

就活の定番質問、自己PR。これといった強みが見つけられずに困っている人は多いのでは無いでしょうか?多くの人は、就活が始まるまで、自分の強みに向き合いません。それ故、急に自分をアピールしろと言われても、回答に苦慮してしまいます。
この記事では、自己PRがないと悩んでいる人に向けて、強みを見つける方法を説明します。自己PRで悩む人は、大抵の場合、本当に強みがないわけではありません。

‌ここで説明する強みの見つけ方は、自己PRにとどまらず、就活で聞かれる「学生時代頑張ったこと」や「長所」を考えるのにも役立ちます。ぜひ最後まで読んで、みなさんの就活に役立ててください。

自己PRで伝えるべき強みはどんなもの?

自己PRに悩む学生の画像自己PRで話せる強みの見つけ方に入る前に、そもそも自己PRではどんな強みをアピールするべきなのかを知っておきましょう。これがズレてしまうと、せっかく考えた自己PRが評価されません。

‌自己PRを通して企業が知ろうとしていること。それは、企業で活躍するポテンシャルがどれくらいみなさんにあるのかです。中途採用と異なり、新卒採用では前職の実績や職務経験を確認することができません。確認できるのは今まで経験してきたことと考え方だけ。自己PRは、過去の経験から強みを把握し、将来の活躍を予測できる最善の方法と言えるでしょう。

‌企業が自己PRを通して活躍を予測するということは、当然自己PRから入社後の活躍を期待してもらえるようにアピールすることが求められているということです。選考の中でよく聞かれる自己PRとして、「私はまわりの人を笑顔にできる人間です。」といったものがあります。活躍を期待できるかという観点から考えるとあまり理にかなった自己PRではないことが分かるはずです。

‌みなさんが伝えようとしている自己PRは問題ないでしょうか?強みから活躍するイメージを持ってもらえそうか、今一度確認してみても良いかもしれません。

自己PRは「エピソード」から抽出しよう

ここからは本題の自己PRがないときに試したい、自分の強みの見つけ方を紹介します。上では、自己PRでは「活躍が期待できる強み」を伝えるように述べました。

‌このように言われると余計ハードル高く感じられてしまうかもしれませんが、実際はそこまで難しい作業ではありません。以下の3つのステップに従って、自分の強みを見つけてみましょう。

‌①モチベーショングラフで今までのエピソードを可視化する

今みなさんが持っている強みは、過去の経験から培われたもの。自分の強みを見つけるために、まずは過去に経験してきたことを洗い出してみましょう。そんなときに便利なのが、「モチベーショングラフ」です。

‌モチベーショングラフとは、時間を横軸に、モチベーションの起伏を縦軸にとったグラフのこと。できるだけ細かく制作することで、いつ何をしていたときにどんなモチベーションだったのかを可視化することができます。これによって、自己PRでどんなエピソードを用いるべきかを考える材料になるのです。

②印象的な経験から行動や工夫を思い起こす

モチベーショングラフを制作すると、自分のモチベーションが他よりも高まっている時期が見つかるでしょう。この時期は好きなことに熱中していたり、何か物事に打ち込んでいた経験をしていることが少なくありません。

‌趣味でも部活でも何でも良いのですが、一生懸命何かに取り組んでいるときは、往々にして主体的に行動や工夫をしています。これらの行動や工夫をできるだけ細かく思い起こし、列挙してみましょう。このときに行動や工夫にどんな意図があったのかも一緒に思い返しておくと、後のステップがやりやすくなります。

‌③行動や工夫から分かる強みを言語化する

意図と共に行動や工夫を列挙したら、そこで培われた強みを言語化していきます。「強み」というと途端に難しく感じてしまうかもしれませんが、大げさなものでなくても全く構いません。

‌自己PRがないと悩んでいた女子大生の例を紹介しましょう。その人は、インターン経験も留学経験もなく、自己PRで話すようなことがないと悩んでいました。

‌しかし話を聞いてみると、趣味で食べ歩きをしており、運営しているインスタグラムに多くのフォロワーがいることが判明。写真取り方やつけるコメントに並々ならぬこだわりがあり、どうしたら見ている人がそのお店に生きたくなるのかを徹底的に研究していました。

‌彼女は自分に強みなどないと話していましたが、相手の心を動かすためにどうすれば良いのか考え、検証していました。高いレベルで行う仮説検証とそのスピードはどのような仕事にも生きてくることでしょう。

‌自己PRというと、留学やインターン、部活動など、どこか真面目で貴重なエピソードを伝えなければならないという固定観念を持っている人が少なくありません。しかし、これは誤解です。たとえ留学の経験をしていたとしても、そこから強みを感じ取ってもらえなければ良い自己PRにはなりません。逆に、たとえ趣味でも仕事に生きる強みが出ていれば、良い自己PRになり得るのです。

‌ぜひ本当に自分の強みを伝えられるエピソードが何なのかを考え、自己PRに生かしてください。

「ガクチカ&自己PRの書き方ガイド」を使って自己PRを書いてみよう

学生時代頑張ったこと、自己PRを書くならMatcher‌学生時代頑張ったこと・自己PRのポイントを掴めたでしょうか?

要点を掴めた後は、「ガクチカ&自己PRの書き方ガイド」を使って実際にガクチカと自己PRの内容を詰めましょう。Matcherの「ガクチカ&自己PRの書き方ガイド」とは、ESや面接で必ず聞かれる「学生時代頑張ったこと」と「自己PR」に焦点を当てたシートです。

‌「自分のガクチカや自己PRに自信が持てない」「書き方がそもそも分からない」という悩み方を抱える方にこそ、このシートを使っていただきたい。「ガクチカ&自己PRの書き方ガイド」を使って、高い質のESを書き上げてください。

「ガクチカ&自己PRの書き方ガイド」の3つの魅力

「ガクチカ&自己PRの書き方ガイド」を使うべき理由は以下の3点です。

(1)「ガクチカ」と「自己PR」を書くために最適な自己分析フレームワーク掲載
‌(2)企業に評価される経験を徹底解説
‌(3)穴埋めをしていくだけでESの骨組みが完成


‌ESの内容に不安を抱えている方は、ぜひこの「ガクチカ&自己PRの書き方ガイド」を利用して、選考通過するESを完成させていください。‌
ダウンロード(無料)

この記事を読んだ人が読んでいる記事

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2018.12.10

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて