就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
WEBデザイナーが作ったワイヤーフレームの写真です。

就活生が知っておくべきWEBデザイナーの仕事内容

WEBサイトのデザインを担うWEBデザイナー。この記事ではWEBデザイナーの仕事内容と、求められる能力を解説します。WEB業界に興味のある方はぜひ進路選択の参考にしてみてください。

2017.12.07

WEBデザイナーが作ったワイヤーフレームの写真です。

WEBデザイナーはデザインを作るだけではない!

WEBデザイナーは、その名の通り、WEBサイトのデザインを作る仕事です。しかし、ただ単に綺麗なサイトを作れば良いというわけではありません。サイトを訪れる人にどのように感じてもらえるかなど、様々なことを考えながら仕事をしています。

この記事では、WEBデザイナーの仕事内容と、求められる能力を説明します。WEB業界を目指している人は知っておくべき知識なので、ぜひ読んで理解を深めてください!

WEBデザインの仕事内容

まずは、WEBデザイナーが担当するであろう仕事を紹介します。大きく分けてUIデザイン、UXデザイン、広告のクリエイティブの作成の3つです。

UIデザイン

1つ目は、UIデザインです。UIは、"User Interface"の略で、サイトの見た目のことを指します。みなさんがイメージするWEBデザイナーの仕事に最も近しい仕事でしょう。デザインを作るだけの場合もありますが、大体の場合、サイトのコーディングも行います。デザインの知識だけでなく、HTMLやCSSといった、サイトのデザインを作るプログラミング言語を用います。

UXデザイン

2つ目は、UXデザインです。UXは"User experience"の略で、サイトのユーザーの体験全体を意味します。ユーザーの体験をデザインするというのに明確なイメージを持てない人が多いと思いますが、簡単に言うと、サイトの設計を工夫することで、ユーザーがサイトを利用しやすいようなデザインに仕上げることです。UIデザインとUXデザインは別々のものとして捉えられるのではなく、UIも含めたユーザー体験の向上を目指します。

広告のクリエイティブの作成

3つ目は、広告のクリエイティブの作成です。インターネット上に自社のWEBサイトの広告を出すときに、その広告のデザインを作らなければなりません。広告を見る人に何を訴求したいのか考え、それを元に広告のデザインを作っていきます。

WEBデザイナーに求められる能力とは?

webデザイナーの仕事を説明していますさて、WEBデザイナーの仕事内容を紹介してきましたが、WEBデザイナーに求められる能力は主に2つです。1つは、デザインスキルです。デザインを作るツールへの理解や、それを使いこなす力は必要不可欠です。また、先ほど述べたようにWEBサイトの見た目を作るためのプログラミング言語も求められいます。

もう1つはユーザー視点でデザインを考える能力です。サイトを見た時にどういった印象を受けるかや、どのような設計にすれば快適にサイトを使ってもらえるかなど徹底的に考えられなければなりません。しっかりとユーザーの目線に立ち、サイトの制作に努めることで、WEBデザイナーとしての役割を果すことができます!

さいごに

WEBデザイナーの仕事内容は理解できましたでしょうか?
もしWEBデザインの仕事に興味を持った方がいたら、基礎から学んでみるのも良いかもしれませんね!

この記事を読んだ人が読んでいる記事

銀行と信用金庫の違いはどこにあるのか

銀行と信用金庫の違いは?就活生の中から根強い人気を誇る金融業界。みなさんは「銀行」と「信用金庫」の違いを正しく認識しているでしょうか?

2019.01.17

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2019.01.09

2020卒のOB訪問の時期はいつからいつまで?

OB訪問の時期はいつ?みなさんはOB訪問をいつから始める予定ですか?就職活動の本選考の前からするべきだとは分かっていても、どの時期にすべきな...

2019.01.10

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて