就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
人見知りな男性の写真です。

【就活】短所で「人見知り」を伝えるときのポイント

ESや面接でしばしば問われる自分の短所。この記事では、短所として人見知りな性格を伝えるときのポイントをお教えします。人見知りな性格を適切に伝えて、選考を突破しましょう。

2019.02.07

人見知りな男性の写真です。

「人見知り」を伝えるときのポイントとは?

就活で度々聞かれる自分の短所。自己PRや長所と異なり、自分の弱みを見せなければならない質問です。どんな短所ならマイナスポイントを低く抑えられるのか、思い悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

‌しかし、マイナスポイントを押さえようとするがあまり、あからさまにごまかしても逆効果です。短所は企業が見ているポイントを踏まえて考える必要があります。

‌この記事のテーマは、短所として「人見知り」を伝えるときのポイント。コミュニケーション能力を疑われてしまうのではないかと心配する人も多いかもしれませんが、伝え方に気をつければ好印象を与えるものになり得ます。ぜひ最後まで読んで、みなさんが短所を考える際に役立ててください。

‌企業が短所を聞く2つの意図

面接官が学生の短所を聞いている画像です短所を伝えるときのポイントを説明する前に、前提としてなぜ企業がみなさんの短所を聞くのか考えたいと思います。企業がみなさんの短所を聞く意図は、以下の2つです。

①自己理解の深さを判断すること

人間誰しも長所があれば短所もあります。就活ではとにかく短所がバレないようにしようとしがちですが、必ずしも短所があることが問題にはなりません。重要なのは、短所についてどれだけ深く考えられているか。例えば人見知りな性格な場合、以下のような項目について分析できているか否かです。

‌①どんなときに人見知りをしてしまうのか
‌②人見知りな性格によって起こってしまう問題は何か
‌③人見知りをしてしまう根本の原因は何か


なぜ自分の短所を深く理解すべきなのか疑問に感じる人がいるかもしれません。理由は簡単。自分の短所を自覚していなければ、その短所を克服することはできないからです。短所を理解し、解決に向けてアクションを起こして初めて克服することができます。

‌自分の課題を見つけて改善に向けて行動できるということは、成長するポテンシャルが高いことと同義。企業は短所を聞くことで、みなさんのポテンシャルを見ていると考えて良いでしょう。

‌‌②業務内容に不向きな性質がないか確かめること

短所があることは必ずしも問題にはならないと述べました。しかし、それが仕事に致命的なハンデになる場合は別です

‌例えば、お店で接客をする販売職での募集で、「人と話すのが嫌い」という短所を伝えれば、選考を突破することは難しいでしょう。みなさんの短所が業務をする上で大きな弱点になってしまう場合は、大きなマイナス評価になってしまいます

‌みなさんが短所を伝えるときは、選考を受ける企業の業務を把握し、致命的な欠点になるものになっていないか確かめておくことをおすすめします。

‌短所では「思考のプロセス」を伝えることを意識しよう

企業がみなさんの短所を聞く理由を説明したところで、どのような流れで短所を伝えるべきなのか説明します。これでなければならないというものはありませんが、以下の流れで伝えるとうまくまとまります。

‌①自分の短所(結論)

まず最初に伝えるのは、自分の短所、つまり結論です。「私の短所は人見知りをしてしまうことです。」といったかたちで、自分の短所を端的に伝えるようにしましょう。

‌先に結論を伝えることで、後で伝えるエピソードが理解しやすくなります。結論を先に持ってくることは、短所に限らず、物事を伝えるとき全般に言えること。面接での受け答えの際にも意識しましょう。

‌②短所にまつわる具体的なエピソード

‌短所を伝えた後は、その短所に関するエピソードを伝えます。ここが短所を伝える上で最も大切な部分です。考えなしに具体例を伝えるのではなく、自分の短所についてどれだけ深く考えているのかをアピールできるよう工夫してください。

‌・どんな場面で短所が出たか
‌・その短所によって起こった問題は何か
‌・その経験から得られたことは何か

‌上記のような項目を意識して整理して伝えると良いでしょう。しっかりと短所を分析できていることをアピールできれば、上で述べた"成長するポテンシャル"があると判断してもらえるはずです。

‌‌③短所を改善するためのアクション

具体的なエピソードを伝えたら、短所を改善するために取っているアクションについても言及するようにしましょう。このアクションが短所改善に有効であればあるほど、企業はみなさんの自己理解能力を評価してくれるはずです。

‌短所で「人見知り」を伝える例文

短所の例文を表現しています今まで説明してきたポイントを踏まえ、短所で「人見知り」を伝える例文を紹介します。みなさんが短所を伝えるときの参考になれば幸いです。

私の短所は目上の人に人見知りをしてしまうことです。
‌学生時代、ITのベンチャー企業で長期のインターンをしていました。入社して暫くの間、社員の方にどう思わるのか不安で、分からないことがあってもなかなか声をかけることができませんでした。その結果、無駄に時間を使ってしまい、ご迷惑をかけてしまったことがありました。この経験から、仕事としてお金をいただいている以上、自分が人見知りであろうがなかろうが成果を上げなければならないのだと気づきました。現在では、自分で調べて分からないことは、社員の方に積極的に質問しています。そのコミュニケーションを通して信頼関係を構築でき、結果的に仕事で成果を上げられるようになったと感じています。

Matcherに登録してES対策をしよう

Matcherに登録してくれた方全員にガクチカ&自己PR長所&短所志望動機の作成マニュアル3点セットをプレゼントします。大手難関企業内定者のESをもとに、選考突破のノウハウを分かりやすく解説。ES・面接対策を力強くアシストします。

‌‌※Matcherご登録後、登録確認メールの添付ファイルにてお送りいたします。

Matcherとは‌..

‌‌OB訪問機能とスカウト機能を兼ね備えた就活プラットフォーム。所属大学に関係なくOB訪問を行えるほか、プロフィールを充実させるだけでスカウトをもらうことができます。就活対策にご利用ください。
Matcherに登録する(無料)

この記事を読んだ人が読んでいる記事

就活を制す自己PRの4つのコツ

自己PRで就活を制するためにエントリーシート(以下 ES)や 面接において、必ずと言ってよいほど問われる自己PR。就活において最も...

2019.02.07

面接当日にできることは?

面接で自分の力を発揮するためにみなさんは面接の当日、どのようなことを考えて本番までの時間を過ごしていますか?‌‌志望度が高い...

2019.02.08

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2019.07.19

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて