就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
エピソードが書かれたノートの写真です。

自己PRや長所で伝えるエピソードの選び方

選考の過程で頻繁に聞かれる自己PRや長所。この記事では強みとして伝えるエピソードの選び方を伝授します。選考突破に向けて自己PRや長所は非常に重要です。適切なエピソードを選び、強みを最大限アピールしてください。

2019.02.08

エピソードが書かれたノートの写真です。

興味を持たれる自己PR・長所にするために

‌「自己PRをお願いします。」
‌「あなたの長所を教えてください。」

選考の中で頻繁に聞かれる自己PRや長所。どのようなことをアピールすれば良いのか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
‌とりわけ多くの就活生が悩むのが、自己PRや長所の根拠となるエピソード選定。エピソードの内容や、そこから得られた強みによって、みなさんの評価は大きく変わってきます。この記事では、自己PRや長所を伝えるときのエピソードの選び方について説明します。ぜひ最後まで読んで、みなさんの自己PRや長所を考えるのに役立ててください。

企業が自己PRと長所を問う理由

自己PRや長所で企業に評価されるエピソードを選ぶためには、そもそもどんな強みが評価されるのかを知っていなければなりません。そこで、エピソード選定の具体的なやり方に入る前に、企業の選考フローの中で自己PRや長所がどのような目的で問われるのか説明します。企業がエントリーシートや面接でこれほどまでに強みを聞く理由。それは、みなさんが企業で活躍するポテンシャルをどれくらい持っているのか知りたいと考えているからです。

‌営利組織である以上、企業は利益を生み出さなければなりません。人を採用するのは、事業を推進し、事業運営に貢献する人を確保するため。採用した従業員には、支払う給与以上に利益に貢献することが求められます。選考を通して見られるのは、まさにこの点です。選考では、支払う給与以上に利益に貢献するポテンシャルを持っているのかを見られていると考えて良いでしょう。
‌では、このポテンシャルはどこで測られるのか。中途採用とことなり、新卒採用では前職の経験や実績を元に仕事の能力を測ることができません。そこで重要視されるのが、学生時代に経験したことと、そこから得られた強みです。自己PRや長所を通して今までの経験や強みを知り、そこから活躍するポテンシャルを判断しています。

‌自己PRや長所からみなさんが活躍する見込みを判断している以上、ここで話すエピソードは入社後に活躍しそうだと思わせるものでなければなりません。なんとなく強みが何なのかを考えるのではなく、企業の立場になって魅力を感じてもらえそうなエピソードを選ぶことを意識してください。

‌エピソードは「華やかさ」で選んではいけない

自己PRや長所を選んでいる様子自己PRや長所のエピソードを考えるのに際して、華やかさでエピソードを選んでしまう人が少なくありません。
‌例として、学生時代に飲食店のアルバイトと海外インターンを経験した場合を考えてみましょう。力を入れて取り組んだのがアルバイトだったとしても、海外インターンに行ったことをアピールした方がキャッチーなのではないかと考え、自己PRや長所を伝えるエピソードとして選び取ってしまうのです。
自分の強みが発揮されていないエピソードを選んでしまうと、深く質問をされたときに適切な受け答えができず、どこか薄っぺらい印象を与えてしまいます。‌華やかなエピソードを話してはいけないと言うわけではありませんが、みなさんの強みが出ているエピソードがあるのであれば、そちらを選んだ方が良いでしょう。

‌自己PRや長所で伝えるエピソードを決める3ステップ

ここからは本題の、自己PRや長所のエピソードの選び方を説明します。以下の2つのステップで選ぶことが可能です。

‌①学生時代に経験したことを列挙する

自己PRや長所となると、どこかきっちりとしたエピソードを話さなければならないと思いがちですが、そんなことはありません。格好をつけようとすると、視野が狭まってみなさんの良さが出ている経験が検討されない恐れがあります。まずは、学生時代に経験したことを列挙します。サークル活動やゼミでの活動、アルバイトなど、挙げられるだけ全て挙げてください。

②経験したことを3項目に整理する

経験してきたことを列挙できたら、次はそれらの経験を詳細に振り返ります。振り返る際には、以下の3点を意識して整理するのがおすすめです。

‌・当時持っていた問題意識や目標
‌・問題解決、及び目標達成のためにとったアクション
‌・それによって得られた結果


‌この3つに整理してまとめることで、自己PRや長所をスムーズに伝えることができます。全ての経験でこの3つを満たすことはできないかもしれません。しかし、この3つの要素の内容が濃くなっているものは自己PRや長所を伝えるのには適切なエピソードと言えます。どのような質問をされても答えられるよう、振り返りを徹底しましょう。

強みはエピソードありきで考えよう

自己PRをエピソードから考えている図自己PRや長所を考えようとすると、何もないところから自分の強みを考えてしまいがちです。しかし、このように考えた強みは地に足がついておらず、どうしても薄いものとなってしまうでしょう。
‌自分の強みは今までの経験によってのみ証明することができるもの。自分の経験から強みを言語化し、それを自己PRや長所で伝える強みとしてアピールしてください。

Matcherに登録してES対策をしよう

Matcherに登録してくれた方全員にガクチカ&自己PR長所&短所志望動機の作成マニュアル3点セットをプレゼントします。大手難関企業内定者のESをもとに、選考突破のノウハウを分かりやすく解説。ES・面接対策を力強くアシストします。

‌‌※Matcherご登録後、登録確認メールの添付ファイルにてお送りいたします。

Matcherとは‌..

‌‌OB訪問機能とスカウト機能を兼ね備えた就活プラットフォーム。所属大学に関係なくOB訪問を行えるほか、プロフィールを充実させるだけでスカウトをもらうことができます。就活対策にご利用ください。
Matcherに登録する(無料)

この記事を読んだ人が読んでいる記事

就活を制す自己PRの4つのコツ

自己PRで就活を制するためにエントリーシート(以下 ES)や 面接において、必ずと言ってよいほど問われる自己PR。就活において最も...

2019.02.07

面接当日にできることは?

面接で自分の力を発揮するためにみなさんは面接の当日、どのようなことを考えて本番までの時間を過ごしていますか?‌‌志望度が高い...

2019.02.08

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2019.07.19

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて