就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
就活で話す長所がないことで悩む人のイラストです。

【就活】長所がないと考えている人に試して欲しいこと

就活で頻繁に問われる自分の長所。この記事では説得力のある長所の見つけ方を伝授します。長所がないと感じている人も、魅力的な自分の長所を見つけて選考に生かしてください。

2018.12.07

就活で話す長所がないことで悩む人のイラストです。

就活で伝える長所がないと考えている方へ

‌「あなたの長所を教えてください
就活の選考の中で一度は聞かれるこの質問。毎年多くの就活生が自分の長所を見出すことができずに悩んでいます。みなさんの中にも考えている長所に納得していない人がいるのではないでしょうか?自分の長所について普段から考えている人は多くありません。就活で急に聞かれても答えるのは簡単ではないでしょう。自分が納得できる長所を見つけ、伝えるためには、適切なアプローチをとることが必要不可欠です。
この記事では、自分でも納得感を持って伝えることができる自分の長所の見つけ方を説明します。ここで説明する長所の見つけ方は、「自己PR」や「学生時代頑張ったこと」を考えることにも役立つもの。ぜひ最後まで読んで、みなさんの就活の糧としてください。

企業に評価される長所とは?

就活で伝える長所の見つけ方に入る前に、そもそもなぜ企業が長所を聞くのかを説明したいと思います。企業がみなさんの長所を聞く理由。それは、入社後にみなさんがどれくらい活躍しそうなのか判断したいからです。新卒採用は、中途採用と異なり、今までの仕事の成果で活躍を予測することができません。判断できるのは、今まで経験したことと、そこから得られた長所だけ。だからこそ企業はエントリーシートや面接で長所を聞き、その長所を持つようになった経験についてたくさんの質問をし、みなさんの資質や能力を測ろうとしているのです。
‌企業が長所を聞く目的が入社後の活躍するポテンシャルを把握することである以上、長所は入社後に活躍するために生かせるものでなければなりません

‌「私の長所は穏やかなところです。」
‌「私の長所は、笑顔が素敵なところです。」

‌就活の選考の場では、上記のような長所をしばしば聞きます。確かに、「穏やか」や「笑顔」といった言葉からは、どこか接しやすく良い印象を持ってもらえそうな気がします。が、企業で力を発揮し、成果を出せることを想起できるものではありません。結果として選考突破の決め手となるような強みを感じてもらうことができず、うまくいかないといった事態が起こってしまいまいます。

‌長所を考えるときは、「それを企業に伝えたときに活躍しそうだと思ってもらえるか」という軸で検討してみてください。

長所は「エピソード」から見つけ出そう‌

長所を考える学生の図
企業に活躍してくれそうだと思ってもらえる長所。このように言われると、長所を見つけることのハードルが非常に高く感じられるかもしれません。しかし考え方さえ身に着けてしまえば、自分の長所を見つけることはそれほど難しいことではありません。ここでは、自分の強みの見つけ方を3つのステップに分けて説明します。

①学生生活の中で取り組んで来たことを書き出す

長所は、何かに取り組んでいるときに初めて長所として現れるもの。‌自分の長所は何か思いつくのを待っているだけでは、良い長所は出てきません。まずは、自分が学生生活で取り組んできたことを列挙してみましょう。海外留学やリーダー経験といった何かすごいことをしている必要はありません。アルバイトやサークルなど、誰でも経験するようなことでも全く問題ないので、思いつくものは全て書き出してみてください。

‌②取り組んできたことの深掘りを行う

取り組んできたことを書き出せたら、次は当時の状況を詳細に振り返ります。

‌・なぜそれに取り組んだのか
‌・どんなことを意識して取り組んでいたか
‌・当時感じていた課題は何か
・課題に対して何かアクションは起こしたか
‌・アクションの結果はどうだったか


‌上記のような切り口で当時のエピソードを深掘ってください。

③思考や行動を「長所」として言語化する

①と②を行うと、今までに取り組んできたことと、課題意識に対して起こしたアクション、そして得られた結果が全て可視化された状態になります。アクションを起こし、それに対して結果が出るということは、そこに自分の強みが生かされたということに他なりません。列挙した中で、最も入社後に生きそうな強みを選び、それを長所として伝えるようにしましょう!

‌長所を選ぶ基準を「エピソード」にしてはいけない

多くの就活生が起こしてしまうミスに、長所を「エピソード基準」選んでしまうというものがあります。
‌例えば、海外インターンの経験と日本でのアルバイトの2つの経験をしてきた就活生。本当はアルバイトを一生懸命頑張って、たくさんの強みが発揮されているにも関わらず、エピソードの華やかさから、海外インターンを題材にした長所を選んでしまうような事態です。
‌華やかな経験をしてきたことをアピールしたいという気持ちも分かりますが、大切なのはあくまで長所。華やかさにとらわれず、最も自分の強みが出ているエピソードを選ぶようにしてください。

Matcherでスカウトをもらおう!

‌‌長所を発見するための自己分析は、実際に書いて整理しながら進めていくことが大切です。

‌‌そこでおすすめしたいのがMatcher(マッチャ―)です。
所属大学に関係なく利用できるOB・OG訪問サービスとして、約5万人が利用しています。

‌実はこのMatcher、プロフィールを記入するだけで、コロプラ・DMMなどの難関企業からスカウトが届きます

Matcherのスカウト機能を使うメリットは以下の2点。

(1)あなたの個性にマッチした企業が見つかる

(2)企業側に響く経験・自己PRがわかる

届いたスカウトでは、プロフィールのどこが評価されたのかを知ることができるので、みなさんの自信に繋がるはず。

‌学生生活で得たこと、力を入れたこと、長所など自己分析の成果をプロフィールにどんどん記入しましょう。‌余すことなくあなたの魅力を企業にアピールしてください。
スカウトをもらう(無料)

この記事を読んだ人が読んでいる記事

就活を制す自己PRの4つのコツ

自己PRで就活を制するためにエントリーシート(以下 ES)や 面接において、必ずと言ってよいほど問われる自己PR。就活において最も...

2018.12.13

面接当日にできることは?

面接で自分の力を発揮するためにみなさんは面接の当日、どのようなことを考えて本番までの時間を過ごしていますか?志望度が高い企業であるほど緊張す...

2017.12.07

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2018.12.13

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて