就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
部活のエピソードを象徴する写真です。

【ES例文あり】自己PRで選考を突破する極意(部活編)

就活のあらゆる場面で求められる自己PR。この記事では自己PRで部活のエピソードを話す際のポイントをご紹介します。ポイントを押さえて、部活で得た強みを効果的にPRしてください。

2019.02.08

部活のエピソードを象徴する写真です。

部活の経験で効果的な自己PRをするために

‌エントリーシート(以下ES)や面接で聞かれる質問の代表格、自己PR。自己PRにどのようにエピソードを選び、そこからどんな強みを伝えるべきなのか悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

‌この記事で説明するのは、部活のエピソードを用いた自己PRのポイント。大学生活を部活に捧げてきた人のなかには、自己PRで頑張ってきた部活の話をしたいと感じている人は多いことでしょう。

‌部活から得られた強みをいかに効果的に伝えるか。ぜひ最後まで読んで、みなさんのエントリーシートや面接で実践してください。

‌自己PRに必要となる要素とは?

部活のエピソードで自己PRを考えていく前に、そもそも自己PRで何を伝えなければならないのかを知っておきましょう。

‌自己PRでは、自分の強みをそのまま伝えれば良いと考える人は多いはず。しかし、実際にはそうとは言えません。なぜなら企業は、自己PRを通してみなさんが企業に入社したあとの活躍してくれるか否かを判断しているからです

‌企業が人を採用するのは、企業で働いてもらうことによって利益を拡大するため。みなさんに支払う給与以上に、企業の利益に貢献することを求めています。企業は利益に貢献できる人材なのか否かをどこで判断しているのか。

‌それがまさに自己PRなのです。自己PRから入社後に活躍するイメージを持ってもらうことができなければ、選考を通過することが難しくなると言って良いでしょう。

‌自己PRで大切なのは、企業に入ったときにいかにして活躍するかを訴求できること。たとえ自分が長所だと思っていることでも、貢献できることが伝えられなければその話をするべきではありません。

‌これさえ知っておけば全く効果のない自己PRをすることはなくなるので、必ず意識してください。

自己PRを考えるときに意識すべき3つのポイント

面接で自己PRをしている画像です
ここからは、自己PRを作っていく上で意識すべきポイントについて説明していきます。部活に限らずどんな自己PRにも共通しているので、自分で自己PRを考える際の参考にしてください。

‌1.強み→エピソードの流れを意識する

自己PRは自分の強みとそれを裏付けるエピソードで構成されます。この2つを伝えるときは、必ず自分の強みを一番始めに伝えるようにしましょう

‌先に具体的なエピソードから先に話してしまうと、長ったらしい印象を与えてしまい、何の話をしているのかが分からなくなってしまいがち。

‌先に強みを伝えることによって、その後のエピソードがその強みの根拠となっていることが分かります。自己PRを聞いたときの理解度に大きな差がでるので、ぜひこの順序を守ってください。

‌2.強みはできるだけ具体的な表現に

私は、行動力のある人間です。
‌「私は、自らにとって必要なことを見出し、その達成のために行動できる人間です。

‌上の2つの自己PR。どちらが目を引きますでしょうか?おそらく多くの人が、後者というのではないかと思います。

‌「行動力」といった言葉は聞こえが良く、それ故多くの人が深く考えることなく使ってしまいがち。そこで思考を止めてしまうのではなく、より踏み込んで具体的な表現にすると、自分ならではの強みとして伝えることができます。

‌3.成果を数字で示す

自己PRでエピソードを話すときには、成果を示す部分で数字を使うのがおすすめです。例えば、
‌「試験の偏差値が上がりました
‌「試験の偏差値が10も上がりました

‌どちらも「偏差値が上がった」という内容には変わりませんが、数字を入れて具体的にすることで説得力が増します。

‌今自己PRに用いようと思っている部活のエピソードで、数字を使える部分がないか考えてみてください。

‌部活のエピソードを用いた自己PRのES例

‌最後に、部活のエピソードを用いた自己PRのES例文を紹介します。みなさんの自己PRを考えるうえでの参考にしてください。

私は、目標を達成するために必要なことを整理し、それを周りに発信できる人間です。(強み)

‌体育会野球部に所属し、上位リーグに昇格するため、日々練習に励んでおりました。しかし、一つ一つの練習に目的意識を持たず、日々のルーティンをこなすだけとなっていました。これでは上位のリーグに昇格することができないと感じた私は、競合となる同じリーグのチームを分析し、どこを強化するべきなのか考えました。そして監督とチームメンバーに練習メニューの改善を提言し、その提言を反映した練習メニューを組み込みました。その結果、チームの課題が克服され、結果として20年ぶりにチームを上位リーグへ昇格することができました。(強みを発揮した経験)

‌ビジネスの現場では、常に高い目標に向かって仕事をしなければなりません。部活で培った自分の強みを生かし、目標を達成するためにはどうするべきなのか日々考えながら励んでいきたいと考えています。(強みの生かし方)

Matcherに登録してES対策をしよう

Matcherに登録してくれた方全員にガクチカ&自己PR長所&短所志望動機の作成マニュアル3点セットをプレゼントします。大手難関企業内定者のESをもとに、選考突破のノウハウを分かりやすく解説。ES・面接対策を力強くアシストします。

‌‌※Matcherご登録後、登録確認メールの添付ファイルにてお送りいたします。

Matcherとは‌..

‌‌OB訪問機能とスカウト機能を兼ね備えた就活プラットフォーム。所属大学に関係なくOB訪問を行えるほか、プロフィールを充実させるだけでスカウトをもらうことができます。就活対策にご利用ください。
Matcherに登録する(無料)

この記事を読んだ人が読んでいる記事

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2019.02.08

2020卒のOB訪問の時期はいつからいつまで?

OB訪問の時期はいつ?みなさんはOB訪問をいつから始める予定ですか?就職活動の本選考の前からするべきだとは分かっていても、どの時期にすべきな...

2019.02.12

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて