就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
ガクチカに頭を悩ませる男性の写真です

【例文つき】周りと差がつく「ガクチカ」の考え方

この記事では、学生時代力を入れたこと(ガクチカ)を考えるうえで重要なポイントと正しい伝え方をご紹介します。ガクチカはあらゆる場面で聞かれる重要な質問。ポイントを押さえて、適切にアピールしましょう。

2018.12.12

ガクチカに頭を悩ませる男性の写真です

魅力的な「ガクチカ」を書くために

‌エントリーシートや面接など、就活の定番質問の代表格とも言うべき「学生時代力を入れたこと」

‌‌就活生に「ガクチカ」と呼ばれて対策が練られるほど、重要視されている質問です。どんなガクチカを伝えれば選考を突破しやすいのか、頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか?

‌しかし、面接官が何を見ているのかさえ伝われば、ガクチカを考えるのはさほど難しくありません。

‌ここでは、周りと差がつくガクチカの考え方と、しっかりと理解してもらえる伝え方を紹介します。みなさんがガクチカを考える上での参考になれば幸いです。

ガクチカを通して人事が見ているポイント

エントリーシートや面接など、選考のあらゆる場面で聞かれるガクチカですが、なぜこれほど頻繁に聞かれるのでしょうか?

‌理由は簡単。ガクチカを通して判断できる要素が、選考の合否を決める上で非常に重要になるからです。では、その判断できる要素とは何なのか。

‌それは、企業に入社した後に活躍が期待できるか否かです。新卒採用は中途採用と異なり、仕事の実績やスキルで能力を測ることができません。そうなると、学生時代の経験、つまりガクチカで能力を判断することになります。

‌つまるところ、ガクチカのゴールは、「エピソードやその伝え方の工夫によって、活躍が期待できそうだと思わせること」と言えるでしょう。

‌ガクチカでは強みが伝わるエピソードを選ぼう

ガクチカで多くの就活生が頭を悩ませるタイミングは、エピソードを選ぶとき。自分が経験してきたことの中で何が一番評価をもらえるのか迷ってしまう人は多いのではないでしょうか?

‌エピソードを選ぶときに意識すべきことは、エピソードから自分の一番伝えたい強みが伝わるかという点です。どんなに華やかなエピソード(例えば海外留学の経験など)でも、みなさんの強みが伝わるものでなければ適切なものとは言えません。

‌逆に、アルバイトや学業と言った誰でも経験するようなエピソードでも強みが伝われば、それは良いエピソードと言えるのです。自分の強みが最も伝わるようなエピソードを選定するようにしてください。
とはいえ、自分の強みが伝わるエピソードがどれなのか、判断ができない人も多いはず。そのようなときにおすすめなのが、OB・OG訪問です。

‌なぜガクチカのエピソードを決めるのにOB・OG訪問が有効なのか。それは、みなさん学生と社会人の視座に違いがあるからです。

‌社会人は実際に現場で日々仕事をしており、業務でどんな資質が必要になるのかを知っています。その経験を踏まえてガクチカの良し悪しを判断してもらえるので、自分で判断するよりも高い精度でエピソードを選ぶことができるのです。

ガクチカのチェックをお願いするときに便利なサービスが、就活相談プラットフォームのMatcher(マッチャー)
Matcherは、所属大学や学年に関係なく、誰でも社会人に就活相談ができるサービスです。
現在就活相談にのってくださっている社会人は10000人。ぜひ会いに行って、最適なガクチカのエピソードを決めてください。
社会人に会いに行く(無料)

ガクチカで強みを100%理解してもらうための伝え方

‌上では、みなさんの強みを伝えるためのエピソードの選び方を説明してきました。次に説明するのは、選んだエピソードの正しい伝え方です。

‌どんなに良いエピソードを選定したとしても、それが的確に伝わらなければ効果が発揮できません。伝え方のポイントを押さえて、強みが十分に伝えられるようにしましょう。

‌(1)冒頭で結論を述べる‌

‌ガクチカにとどまらず、何か物事を伝えるときに大切なのは、結論から先に述べること。結論を伝えないまま具体的な事項を話してしまうと、受け手としては今何の話をされているのか分からなくなってしまいます。

‌ガクチカの場合は「私が学生時代力を入れたことは、〇〇です」のように、具体的なエピソードに入る前に力を入れていたことを伝えるようにしてください。

‌(2)エピソードは「S・T・A・R」で説明する

ガクチカを分かりやすく伝えるフレームワークに、「S・T・A・R」というものがあります。S・T・A・Rは、「状況」、「課題」、「行動」、「結果」を意味する英語の頭文字を取ったもの。

・Situation(詳細な状況)
‌・Task(抱えていた課題)
‌・Action(起こした行動)
‌・Result(そこで得られた結果)


‌ガクチカをこのフレームワークに当てはめて考えることで、エピソードを整理して伝えることができます。

S・T・A・Rに当てはめたガクチカの例(サークル編)

私が学生時代力を入れたことは、学内のテニスサークルでの活動です。
‌テニスの経験者だったこともあり、練習メニューの管理全般を担当していました。(situation)

‌自分の役割の中で特に意識したことは、初心者と経験者が楽しめる形式の練習メニューを組むことです。私が練習メニューの担当になるまで、練習に来るメンバーの少なさが課題になっていました。(Task)

‌この出席率の低さは、練習から得られることの少なさからくるものだ考えた私は、経験者・初心者からヒヤリングを行い、それを元にそれぞれに最適なメニューを考案しました。そして、経験者と初心者が全て一緒に取り組んでいたメニューを一部だけ変更し、別々のメニューに取り組んでもらうパートを設けました。(Action)

‌この結果、練習メニューに対する満足度が上がり、練習への出席率が飛躍的に高まりました。私が卒業した今でもスタンダートな練習メニューとなっています。この経験から、原因を特定し、それを解決するための方法に愚直に取り組む大切さを学びました。(Result)

‌ガクチカは突っ込まれることを前提に作ろう

学生時代頑張ったことに指摘をされている画像ガクチカのエピソード選定と最適な伝え方について説明してきました。しかし、これで満足するのは危険。なぜならガクチカは、これを伝え終わったあとに大量の質問をされることになるからです。

‌・なぜそれをやろうと思ったんですか?
‌・今後、その経験はどのようなことに生きそうですか?
‌・困難を達成する上で、一番効果的だったことは何ですか?


‌これらの質問に的確に答えることができなければ、エピソードに対する印象が希薄になってしまいます。

‌このような質問をされても回答できるよう、ガクチカで言及するエピソードについて詳細に振り返りをしておくと良いでしょう。

‌ガクチカをスカウトをもらおう

MatcherScoutの概要を記した画像‌‌‌ここまで「ガクチカ」の書き方、伝え方についてお伝えしてきました。今回の記事で紹介したポイントを活かしたESを書き終えたあとは、ぜひその「ガクチカ」をMatcher Scoutのプロフィールにコピペしてみましょう。

OB・OG訪問サービスとして約4万人の就活生からご利用頂いているこのMatcher、実はみなさんのプロフィールを記入すると難関企業からスカウトが届く機能もあるのです。

「自分の書いたESが、有名企業にも通用するのかを知りたい」

‌「いちいちESは書くのは面倒だけど、人気企業の選考は受けたい」

‌‌「一般的には公開されていない特別ルートの選考を知りたい」

‌「自分の個性にあった企業に入りたい」

‌上記のような思いを抱えている就活生の方、ぜひMatcher Scoutを活用して、就活を効率的に進めてください。
詳細をみる

この記事を読んだ人が読んでいる記事

就活を制す自己PRの4つのコツ

自己PRで就活を制するためにエントリーシート(以下 ES)や 面接において、必ずと言ってよいほど問われる自己PR。就活において最も...

2018.12.13

面接当日にできることは?

面接で自分の力を発揮するためにみなさんは面接の当日、どのようなことを考えて本番までの時間を過ごしていますか?‌‌志望度が高い...

2018.12.17

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2018.12.13

2020卒のOB訪問の時期はいつからいつまで?

OB訪問の時期はいつ?みなさんはOB訪問をいつから始める予定ですか?就職活動の本選考の前からするべきだとは分かっていても、どの時期にすべきな...

2018.12.17

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて