就活に役立つ情報が集まるメディア

Menu1
Matcherdictionary logoset
ESの志望動機が書けない方に向けて書き方をまとめた記事のイメージ図

【例文あり】ESの自己PRで向上心をアピールするのは大丈夫?

就活のあらゆる場面で問われる自己PR。この記事では、自己PRで向上心をアピールするときのポイントを説明します。向上心は伝え方によっては低い評価を受けかねないため注意が必要。ポイントを押さえて、適切にアピールしてください。

2019.01.09

ESの志望動機が書けない方に向けて書き方をまとめた記事のイメージ図

自己PRで「向上心」は評価されない?

‌就活の選考で毎度求められる自己PR。みなさんは自己PRとしてどのような強みを伝えていますか?

‌この記事では、「向上心」を強みとして伝えるときのポイントを説明します。向上心があることは、何をする上でも持っておくべき重要なもの。就活でアピールするのには最適である強みであるようにも見えるでしょう。

‌しかし、大切であるが故に、「自己PR」として機能しない恐れも。ぜひ最後まで読んで、自己PRの考え方を身につけてもらえれば幸いです。

ESで自己PRを求められる理由とは?

多くの企業のエントリーシート(以下ES)で記入が求められる「自己PR」。これだけ多くの企業で自己PRが聞かれるのには理由があります。

‌企業が自己PRを聞く理由。それはずばり、入社後に活躍してくれるか否かを判断する指標になるからです。ここで言う「活躍」とは、企業の利益に貢献すること。企業が支払う給与以上に利益に貢献することが期待できて初めて、その人を採用しようということになります。

‌‌中途採用と異なり、新卒採用は仕事での実績を評価して採用することはできません。評価できるのは、今まで培ってきたことと、そのきっかけとなった経験だけ。自己PRは、「培ってきたこと」と「経験」を知るためにされる質問なのです。自己PRで大切なのは、この2つを伝えることで、企業の利益に貢献できることを示すこととなります。
‌‌

‌「向上心」はあって当たり前?

ここからは、「向上心」をESの自己PR欄に書く時のポイントを説明していきます。

‌結論からいうと、直接的に向上心をアピールする自己PRはNGです。なぜなら、向上心は働く上で絶対に持っていなければならない必要最低限の条件だから

‌大学を卒業して企業に入社したばかりのころは、分からないことばかり。早く自立して仕事ができるようにならなければなりません。そのような中で向上心を持たず、いつまでたっても成長しないような人は、企業にとって利益どころか大きな負担になります。

‌向上心を持っていることはもはや当たり前のことであり、それを自己PRとして伝えてもあまり意味がないのです。繰り返しになりますが、「私は、向上心がある人間です。」という単純な自己PRは控えるようにしましょう。

「向上心」を自己PRをとして伝えるためには

向上心があることを伝えようとしていた人にとって、 上での結論で酷なものに感じられるかもしれません。ただ、「向上心があります」と言うことが悪いのであって、言い方を変えれば良い自己PRにもなります。

ではどうすれば良い自己PRを作ることができるのか。それは、「向上するためにどのような努力ができるのか」を書くことです。向上心があるのは当然ですが、それを行動に起こすときこそが大変なもの。

‌そのため、「決めた目標に対して諦めること無く取り組み続けられる」といった文章のように、向上するための行動を書くと良いでしょう。

「向上するための努力」を軸にした自己PRのES例文

自己PRの例文を紹介している画像ですここまで「向上心」を自己PRとして伝える際に意識したいポイントを紹介しました。実際に今までのポイントを生かした自己PRのES例文を紹介します。みなさんの自己PR作成に役立ててください。

私は、目的達成の障害になっている要因を突き止め、その解消のために愚直に行動できる人間です。(強み)

‌学生時代に、所属していた体育会野球部の活動でこの強みを発揮しました。当時は、出来る限りの練習をしているにも関わらず、戦績が芳しくないという課題がありました。他の部員が「とにかく練習するのみ」というスタンスで練習に取り組む中、私は対戦するチームの強みや弱みの分析が足りていな事が原因だと仮定し、他チームの試合映像を自ら録画しに行き、各選手の打席を分析。結果、敵チームの特徴を数値で判断することに成功しました。このデータを基に試合での戦略を立案し、選手からコーチに転向することでチームに貢献した結果、リーグ優勝を果たすことを達成しました。(強みを発揮した経験)

このように「問題解決のため他の人よりも愚直に行動できる力」で、貴社のコンサルティング営業に生かせると考えています。顧客の課題を多角的に分析し、より本質をついた提案ができるよう日々考えけられると自負しているからです。(強みの生かし方)

‌上の例文は、成果を向上させる能力を、「目的達成の障害になっている要因を突き止め、その解消のために愚直に行動できること」と定義しました。このように、具体的な能力として強みを言語化できると、面接官が持つ印象がクリアになり、良い評価をもらいやすくなります。ぜひ向上させるための能力をみなさんなりの表現で言語化し、説得力のある自己PRを考えてください。
‌‌

「自己PR」を書き終えたら

MatcherScoutの概要を記した画像‌‌‌この記事では「自己PR」の書き方についてお伝えしてきました。今回の記事で紹介したポイントを活かした文章を書き終えたあとは、ぜひその「自己PR」の下書きをMatcher Scoutのプロフィールにコピペしてみましょう。

‌‌OB・OG訪問サービスとして約4万人の就活生からご利用頂いているこのMatcher、実はみなさんのプロフィールを記入すると難関企業からスカウトが届く機能もあるのです。

「自分の書いた自己PRの文章が、有名企業にも通用するのかを知りたい」

‌「いちいちESは書くのは面倒だけど、人気企業の選考は受けたい」

‌‌「一般的には公開されていない特別ルートの選考を知りたい」

‌「自分の個性にあった企業に入りたい」

‌上記のような思いを抱えている就活生の方、ぜひMatcher Scoutを活用して、就活を効率的に進めてください。
詳細をみる

Matcher-OB/OG訪問の新しい形

Ogp imgMatcher(マッチャー)は、社会人の「就活相談にのるので、◯◯してくれませんか?」というお願いを叶えることで、大学の先輩以外の人にも気軽にOB/OG訪問ができるソーシャルマッチングサービスです。大企業・ベンチャー問わず、たくさんのOB/OGが絶賛登録中!従来のOB訪問とは異なり、形式ばった電話や、メールでのアポイントメントは必要ありません。気になる企業の気になる人に、ワンクリックでOB訪問の申し込みができ、その後はサイト内のチャットでスムーズにやり取りすることができます。

ぜひMatcherを使って、学生である"今"しかできない、社会人との出会い方をしませんか?

この記事を読んだ人が読んでいる記事

ピックアップ記事

就活を劇的に効率化する企業研究のやり方

就活の過程で企業研究を絶対にすべき理由就職活動で絶対に欠かすことができない企業研究。みなさんはなぜ、企業研究が必要か考えたことはありますか?...

2019.01.09

2020卒のOB訪問の時期はいつからいつまで?

OB訪問の時期はいつ?みなさんはOB訪問をいつから始める予定ですか?就職活動の本選考の前からするべきだとは分かっていても、どの時期にすべきな...

2019.01.10

大学・学年関係なく、OB訪問をしたいならMatcher!

大学・学年関係なく、
OB訪問をしたいならMatcher!

気になる企業の気になる人に気軽に会いにいくことができる新しいOB訪問のマッチングサービス!
志望企業が決まっている人もまだ何も決まっていない人も実際に社会人の方に会いに行こう!

●カテゴリー一覧

●Matcher Dictionaryについて