ダイレクトリクルーティングで おかしがちな5つの失敗事例

ダイレクトリクルーティングの運用でよくおかしてしまう失敗事例を解説。ダイレクトリクルーティングは、スカウトメールから面談までのコミュニケーションの一貫性が求められる採用手法です。やり方を間違えて、印象を悪くしないよう注意しましょう。

はじめに

ここでは、ダイレクトリクルーティングを運用する際におかしてしまいがちな失敗を5つお伝えします。ダイレクトリクルーティングは、他の採用手法を踏襲すると失敗する危険のある採用手法です。ぜひここで説明する事例を押さえ、同じ轍を踏まないよう意識してください。

【失敗①】誰に対しても送れるスカウト文章になっている

1つ目は、スカウトの文章が誰に対しても送れるものになっているパターンです。 現在新卒採用市場でダイレクトリクルーティングのサービスを提供している事業者は数多あります。学生がもらうスカウトの量は決して少なくありません。 スカウトをたくさんもらう中で、送られてきたスカウトが自分のプロフィールをしっかり読んだ上で送られたものか、適当に送られたものなのかの区別がつくようになっています。 知らない企業からありふれたスカウト文章が送られてきても、学生は興味を持ちません。 ・プロフィールを読んでどこに魅力を感じたのかどんな部分が自社に合っていると思ったのか自社の面談に来ることでどんなメリットがあるのか 上記のような内容を一人ひとりに合わせて送信するようにしましょう。 手間がかかるのは否めません。しかし、一通一通丁寧に送ったほうが高確率で承認され、結果的に効率良く学生と会うことができます。

上の図は、とあるITベンチャー企業のダイレクトリクルーティングの運用事例をグラフにしたものです。 誰にでも同じ文言のスカウトを送ったときの返信率と、学生一人ひとりのプロフィールに合わせて文言を変更したスカウトを送ったときの返信率を比較しています。両者の返信率の違いを見れば、その差は一目瞭然でしょう。 【参考】 返信率をグッと高めるスカウトメールの書き方

【失敗②】学生の連絡に対するレスポンスが遅い

2つ目は、学生の連絡に対するレスポンスが遅いパターンです。 日々の事務作業や学生対応に追われることで、せっかくスカウトを承認してくれた学生への連絡が遅くなってしまう採用担当の方は少なくありません。スカウトが承認されてからしばらく経ってから連絡をしても、返信がなく、結局会えずじまいになってしまう場合が多いです。 ダイレクトリクルーティングを運用する際に意識すべきことは、「学生の興味は長期間持続しない」という事実です。スカウトをひと目見て面白そうと思ってもらえても、時間が空くにつれて興味は薄れ、しばらく経てば面談に行くことが面倒に感じられてしまいます。 学生の自社に対する興味が薄らぐ前に、日程調整をすることを心がけてください。遅くともスカウトが承認されてから24時間以内にはメッセージを送るようにしましょう。 【参考】 ダイレクトリクルーティングの運用担当者に求められる3つの資質

【失敗③】初回面談を「選考」と位置づけてしまう

3つ目のは、初回面談を「選考」として捉えてしまうパターン。ダイレクトリクルーティングで面談する学生に対して、最初から志望動機や学生時代頑張ったこと等選考で聞くようなことを聞くのは禁物。学生の心象を悪くしかねません。 学生の立場で考えると、学生が企業との面談に赴くのは、自分に興味を持ってくれている企業がどんな企業なのか知るためです。 まだ企業の選考を受ける意思が固まっていないのに、選考のように質問攻めにされたらどのように感じるでしょうか?「そっちが話したいと連絡をしてきたから来たのに。。」と、不信感を抱くでしょう。 ダイレクトリクルーティングの初期接触では、「面接」ではなく「面談」をすることをおすすめします。もっと言えば、学生がやりたいことを丁寧にヒヤリングし、企業に興味を持ってもらえるよう説明をすることに集中するのです。初期面談で企業に対する意向を上げることが、ダイレクトリクルーティングを成功させる鍵になります。

【失敗③】実際にあった事例

1.「ぜひざっくばらんにお話したい」とスカウト文面にあったから面談に参加したのに、志望動機を聞かれ、うまく答えられなかったら嫌な顔をされた。 カジュアルな面談のつもりで臨んでいたので、こちらも嫌な気持ちになった。(18卒/男性) 2.「まずは話だけでも」と書いてあり、仕事について興味も湧いたのでスカウトを承認した。実際面談で話していたのだが、最後に「以上で選考を終わります。」と言われて驚いた。選考なら選考だと言ってほしかったし、騙された気分になった(19卒/女性)

【失敗④】スカウト文の内容と面談の内容が異なる

4つ目は、スカウトに書いた文章と、実際の面談の内容が異なるというパターンです。これは【失敗③】にも通じることですが、「カジュアル面談」と書いていたのに「選考」だったり、「特別面談」と書いてあるのに「通常の選考会」だったりすると、学生は企業に対して強い不信感を覚えます。 魅力的な文章を書けばスカウトは承認され、実際に面談や説明会に動員できるでしょう。しかし、企業に足を運んでもらったタイミングで悪い印象を持たれてしまっては、元も子もありません。 学生からの信頼を損ねることがないよう、スカウトの文章で虚偽の情報を記載するのは、絶対に避けてください。 【参考】 返信率をグッと高めるスカウトメールの書き方

【失敗④】実際にあった事例

1.人事部長を名乗る人からぜひ会いたいという旨でスカウトが来た。時間を調整し、「会えるのを心から楽しみにしている」と連絡が来ていたのに、実際に面談に来たのは自分についてあまり把握していない現場の社員の方だった。 楽しみにしていたのは自分だけだったのかと悲しい気持ちになった。(17卒/男性) 2.社長も登壇する、サマーインターンの特別選考会という触れ込みのスカウトが自分に届いた。その社長のことはもとより知っており、話が聞けるならとスカウトを承認した。 しかし、実際選考会に行ってみると社長は来ておらず、かつそのことに対する説明も一切なかった。選考は通過したものの、不快に思いインターンは辞退した。(18卒/男性)

【失敗⑤】面談者に学生の情報を共有していない

最後は、面談の担当者に学生の情報とスタンスを共有していないパターンです。 スカウトを運用するのは採用担当の仕事で、面談をするのは現場の社員という分担をしている企業は少なくないでしょう。採用担当の方が現場の方に適切なかたちで情報伝達をしないと、現場の面談担当者が「面接」と解釈し、質問攻めにしてしまう恐れがあります。面談担当者も「全然やる気のない学生だった」という感想を持つだけでなく、学生当人もそれによって嫌な思いをする恐れがあります。 ・そもそもこちらからスカウトを送っているという事実(前提共有) ・企業について知ってもらい、選考を受けてもらいたいというゴール(目的共有) 上記の2つを必ず伝えるようにしましょう。 【参考】 ダイレクトリクルーティングで学生を惹きつける面談のお作法

ダイレクトリクルーティング成功の鍵は、「コミュニケーションの一貫性」

ダイレクトリクルーティングでおかしがちな失敗を紹介してきました。多くの事例に共通して言えるのは、どの失敗もスカウトに対する期待を裏切ってしまっているということです。 ・「ぜひ会いたい」と熱いメッセージがきたのに、メッセージがこない。 ・「カジュアル面談」という触れ込みできたのに、「選考」だった。 ・興味を持ってくれて送ってきてくれたはずなのに、面談の相手が自分のことをあまり知らない。スカウト文章と実際会ったときの印象の乖離が大きくなればなるほど、学生の企業に対する不信感は強くなります。 スカウト文から面談、そして選考までのコミュニケーションに一貫性を持たせられるよう注意を払うべきでしょう。