ダイレクトリクルーティングのメリットとデメリットを理解しよう

ダイレクトリクルーティングのメリットとデメリットを解説。ダイレクトリクルーティングは、自社にフィットする学生にアプローチができる一方、非常に運用に負担がかかる採用手法です。ぜひ特徴を理解し、自社に合った運用方法を考えてください。

はじめに

自社で求める学生に直接アプローチをかける、ダイレクトリクルーティング。ここでは、ダイレクトリクルーティングのメリットとデメリットをお伝えします。 ダイレクトリクルーティングは、どんな場合でも効果を発揮する万能薬ではありません。運用方法を誤ると効果が出ないばかりか、人事の負担が劇的に増えてしまいます。 ダイレクトリクルーティングのメリットとデメリットを理解することで、自社で取り組むべきか否か判断できるようになるでしょう。実際にダイレクトリクルーティングに取り組む際にも、自社に合った活用方法を考えられるようになるはずです。

ダイレクトリクルーティングの3つのメリット

まずはダイレクトリクルーティングのメリットから。 ダイレクトリクルーティングを運用するメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

①会社にフィットする可能性の高い学生に積極的にアプローチができる

ダイレクトリクルーティングの最大の特徴。それは、会いたい学生に企業から直接アプローチできることです。 いわゆる新卒ナビ媒体では、自社にエントリーする学生をコントロールすることができません。それ故たくさんのエントリーが集まったとしても、自社にフィットする学生がいなければ、選抜する工数だけがかかってしまいます。 新卒人材紹介を利用した場合は、自社に合った学生に絞って接点をつくることができるものの、学生と会えるか否かは人材紹介会社の紹介量に依存します。言い換えれば、人材紹介会社が自社にフィットする学生を紹介してくれない限り、学生と会うことができない、「待ち」の採用手法なのです。 ・フィットする学生に絞ってアプローチできない、新卒ナビ媒体「待ち」の姿勢にならざるを得ない、新卒人材紹介 新卒ナビ媒体と新卒人材紹介の課題の両方をクリアしているのがダイレクトリクルーティングです。 以下の図は、各採用手法の特徴をプロットしたものです。

②学生との信頼関係を築きやすい

2つ目のメリットは、学生との信頼関係を築きやすいことです。 ダイレクトリクルーティングにおける学生との初期接点は、個別面談が一般的。 企業説明会にそのまま流す場合もありますが、学生への強い魅力付けが必要になるダイレクトリクルーティングでは、個別面談でじっくり話した方がうまくいきます。 ダイレクトリクルーティングの面談は、まさしく「営業」そのもの。学生のキャリアに対する考え方や仕事に求めることを聞いた上で、自社で提供できる環境や、実現できるキャリアパスを伝え魅力付けをします。 (ダイレクトリクルーティングにおける面談のやり方を知りたい方はこちらをご確認ください) 学生と丁寧なコミュニケーションをとり、ときにはキャリアの相談にのるなかで、学生の自社に対する志望度が高まります。学生が複数社から内定をとったときでも、信頼関係が構築できていれば選んでもらえる可能性が高まるのです。

③採用のノウハウが蓄積される

最後のメリットは、採用のノウハウが蓄積されることです。 有効求人倍率がバブル期に匹敵する数値まで高まっている現在。自社で求める人材を獲得するためには、学生に企業を好きになってもらい、他社との熾烈な競争に勝てるだけの強みを持つ必要があります。 人材紹介会社に任せっきりになってしまうと、自社に採用に関するノウハウがたまらず、そこが頼れなくなってしまったときにジリ貧になってしまうリスクがあるのです。 ダイレクトリクルーティングでは、学生の自社に対する興味を喚起をするところから、内定承諾をしてもらうところまで一貫して取り組むことになります。 「自社の採用上の競合優位性をつくれること」や「適切に学生に自社の魅力を伝えられること」など、採用するのに必要な能力は挙げていけばキリがありません。 どのような魅力を訴求すると、学生は魅力に感じてくれるのか どのようにコミュニケーションを取れば学生は心を開いてくれるのか 内定後どのようなフォローをすれば、承諾してくれるのか(etc… これらに対するノウハウは一朝一夕で見つかるものではなく、地道にチューニングする中で徐々に見えてくるもの。ダイレクトリクルーティングでは採用活動を自社で完結させるため、これらのノウハウが自社にたまります。その結果として、自社の採用の地力を高めることができるでしょう。

ダイレクトリクルーティングの2つのデメリット

ここからは、ダイレクトリクルーティングのデメリットをお伝えします。デメリットとしては、以下の2つが挙げられます。

①ダイレクトリクルーティング運用に膨大な工数がかかる

ダイレクトリクルーティングのデメリットは、なんと言っても運用にかかる膨大な工数です。 ・データベースから自社にフィットする学生を検索一人ひとりに合わせたスカウト文章を作成し、送信返信をくれた学生と個別で日程調整 新卒ナビサイトでかける必要のなかった事務作業が発生します。ダイレクトリクルーティング工数算出表から1人採用するのにかかる事務作業の時間を算出する表をダウンロードできますので、ぜひ試してみてください。 現状採用にかけられる人的リソースで運用できそうもないと判断された場合は、別途ダイレクトリクルーティングの運営チームを組成したり、自社で取り組む必要のない雑務はアウトソースした方が円滑に運用できるでしょう。

②他の採用手法よりも学生の意向を上げる難易度が高い

2つ目のデメリットは学生の意向を上げる難易度が高いところ。 新卒ナビ媒体や新卒紹介経由で会う学生は、既に一定自社に興味を持っている状態です。そのため、企業について既に知っている場合が多く、特段苦労することはないでしょう。 しかしダイレクトリクルーティングで学生と接触する場合はそうはいきません。最初から自社に興味を持っていることはあまりなく、学生に合わせて自社の魅力を訴求し、興味を喚起する必要があります。 上述した通り、学生の興味を喚起するコミュニケーションを会得するのには試行錯誤を要し、それができるようになるまでは苦労をするかもしれません。

メリットとデメリットを理解し、ダイレクトリクルーティングを効果的に運用しよう

ダイレクトリクルーティングのメリットとデメリットをお伝えしてきました。 冒頭でも述べた通り、ダイレクトリクルーティングに取り組めば、新卒採用の課題が全て解決できるということはありません。自社の採用課題を把握し、その課題をダイレクトリクルーティングで解決できるかを考えて導入を検討するようにしましょう。